background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日本正名運動①

『 日本正名運動① 』

東郷秀憲
国益研究会『中野』
代表

 在日台湾同郷会(会長林建良氏)という組織がある。その組織で、以前から台湾正名運動という活動をされている。私は、日本にこそ正名運動が必要だと常日頃から考えていた。私が変えなければならないと考えているものを大きく分類すると①歴史事件名称②組織名称③祝日名称である。

今回は、まず①の歴史的事件名称について提案したい。最も優先したいのは、現在一般に太平洋戦争と呼ばれているものを大東亜戦争に訂正したい。多くの心ある有識者がかつて提案してきたが未だ一般化されるどころか、さらに言葉の風化が進行している。昨年、話題になった新しい歴史教科書をつくる会が編纂した『新しい歴史教科書』によると「日本政府はこの戦争を大東亜戦争と命名した(戦後、アメリカ側がこの名称を禁止したので太平洋戦争という用語が一般的になった)。」とある。正論である。昭和16年12月10日に大本営政府連絡会議が発表した正式名称はあくまで大東亜戦争なのである。しかしながら、この名称を知っている国民はどのくらいいるのだろうか。占領下にGHQの言論統制により太平洋戦争という名称を押し付けられ一般的名称となって既に50年以上の月日が流れた。当時、大本営発表の臨時ニュースをリアルタイムで聞いた国民は今や少数派となった。私は、歴史事件名称は当時使用された名称を使用するのが原則だと思う。言葉の風化は、その国の歩み、即ち歴史の真実を風化させることになりかねない。正しい歴史を継承するには、国家として大いなる知恵と努力が必要である。正しい歴史の継承なくして国家に愛国心など到底育たないだろう。愛国心なき国民の集合体である国家は独立国としての基盤が失われることになる。

 次に、日華事変という名称を考えてみたい。当時、支那大陸は内戦状態にあり統一国家は存在しなかった。まして、現在の中華人民共和国は建国されていない。日本軍は中華民国のみを対象に戦闘をした訳ではない。支那大陸に存在する中華民国、共産党八路軍、馬賊、地方軍閥等、あらゆる抗日勢力と戦闘をしたわけで、それらを総称して支那で事変が起こったから支那事変なのである。支那派遣軍が戦闘を開始したから当然支那事変で何ら問題はない。昭和12年7月11日政府は今次事件を「北支事変」と命名し、戦線が中支にも拡大されたので昭和12年9月2日閣議で北支事変を「支那事変」と改称した。国家ではなく地域を対象とした名称なのであり、あくまで、支那で起こった事変なのだ。交戦国のいずれもが、宣戦布告したわけではないから、日支戦争とは言えない。それが、いつの間にかすりかわっている。現代の尺度から全てを語るなら日清戦争についても第一次日中戦争というのかと問いたい。

 名称などどうでも良いではないかという人達がいる。言葉を大切にしない国家は滅ぶ運命にあると私は思うのだ。問題は、歴史を歪曲する勢力の意図である。太平洋戦争と大東亜戦争では明らかに意味が変わってくる。アメリカ側は、アジア地域におけるアメリカの勢力拡大戦争が本質であるのに、それを誤魔化す為に真珠湾攻撃に代表される日本が太平洋のアメリカ領土に武力行為を発動したということに刷り変えることを意図して、太平洋戦争としたのである。大東亜戦争という名称には、欧米列強の植民地状態から東アジアを開放するという意図が込められている。実際、大東亜戦争以前と以後では世界地図は大きく変化した。アジア地域では、独立国家は日本とシャム(現在のタイ)しかなかった。実際の戦線は、ユーラシア大陸内陸部やビルマ(現在のミャンマー)、インドにまで拡大したのに関わらず、太平洋戦争というのでは明らかに的はずれに感じる。

 歴史は常に勝者が自ら都合の良いように書いてきた。勝者の意図である占領政策は継続され、この国の国益は大きく後退している。この問題については、先にも述べたとおり多くの有識者が触れてきたが改善される方向にない。東京裁判史観の打破といっても一般国民には分かりづらい。大衆運動の誘発には何よりわかりやすさが不可欠である。目的を達成するためのスローガンがいるのではないか?沖縄で少女が米兵にレイプされたときに、沖縄県民は立ちあがった。基地返還運動は以前から存在したが、あの時ほどの盛り上がりを見せなかった。「自らの住む母なる沖縄で侵略者たる米兵により少女の血がながされた。」その米兵は、地位協定によって逃げ失せるかもしれない。という現実がこれまでの燻っていたものに火を付けた。そこには、明らかに、スローガンが存在した。これまでの日本外交に存在しなかった現在の強気な対北朝鮮外交を支えているのは国民世論の圧倒的支持である。そろそろ、国民も眠りから覚めてきた感がある。今こそ国民大衆運動が必要であり同志が結束してスローガン「日本正名運動」をたて、活動を開始しようではないか。



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。