background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人物探訪:李登輝総統の志

_/
_/_/       人物探訪:李登輝総統の志
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/     1.世界でも第一級の文明
_/_/     2.私は二十二歳まで日本人だった
_/_/     3.初めての台湾出身の総統
_/_/     4.夜、安心して眠れる国にしたい
_/_/     5.中国史上かつてなかった豊かさと自由
_/_/     6.中国文化の新しい中心地をめざす
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.世界でも第一級の文明■

 人口わずか2180万人の小国が、900億ドル(一人当たり約
50万円)と世界第2位の外貨準備高を保ち、その1/5、400
万人もの国民が株式投資をする。台湾経済はまさに現代の奇蹟であ
る。司馬遼太郎は言う。

 たしかに、台湾人のもつ学問・芸術についての才能は、きわ
だっている。
 一方、よき家庭をつくる能力や一族を大切にするという文化
をもっている。そういう漢民族固有の能力においては、いまは
中国大陸のひとたちを越えているかもしれない。
 また、日本時代には50年間法治社会を経たという点で、大
陸からきた人達や大陸にいるひとびとよりも近代的経験に富み、
さらには個人や家族のレベルを越えてよき社会をつくろうとす
る良識があるなど、世界でも第一級の文明が台湾でうまれつつ
あるのではないか。[1,p314]

 大げさな物言いをしない司馬遼太郎にしては、「世界でも第一級
の文明」という表現は尋常ではない。そして言う。

 運よく台湾は、世界でももっとも教養の高く、かつ名利の欲
の薄い元首を持つことができた。

 この元首が、李登輝総統である。

■2.私は二十二歳まで日本人だった■

 李登輝さんとは、むろん初対面であった。
 会う前から懐かしさをおぼえていたのは、ひとつには、この
人も私も、旧日本陸軍の予備役士官学校教育の第11期生だっ
たことである。

 「会う前からの懐かしさ」を抱きつつ、司馬遼太郎は李登輝総統
との対面に臨んだ。そんな司馬に、総統は見事な日本語で語る。

 シバさん、私は二十二歳まで日本人だったのですよ。
自分は、とこの人は言う。初等教育以来、先生たちから日本
人はいかにすばらしい心を持っているか---おそらく公に奉ず
る精神についてに相違ない---という教育をうけつづけたんで
す。むろん大人になってから日本へゆくと、日本にもいろいろ
な人がいるということを知りましたが。
しかし、二十二歳まで受けた教育は、まだのどもとまで--と
右手を上にあげて---詰まっているんです、といった。
 たしかに、そう言われてみると、李登輝さんは日本人の理想
像にちかい人かとも思えてくる。[1,p82]

 司馬遼太郎と話しているうちに、親しみを覚えたのか、旧制台北
高校の学生ことばになった。また数ヶ月後に台湾に来て、今度は東
海岸の山地を歩く、というと、

「じゃ、ぼくが案内する」
冗談じゃない、と思った。
「李登輝さん、あなたは大統領なのだから」[1,p88]

 しかし、3ヶ月後に、約束通り李総統は東海岸を旅行中の司馬を
訪れた。妻、嫁、孫を連れ、家族旅行の途上という形をとり、気を
使わせないような配慮までして。[1,p370]

■3.初めての台湾出身の総統■

 旧制台北高校で、李登輝は塩見という日本人の先生から、中国史
を学ぶ。この授業で、近代中国の受難を知り、その解決の最大の鍵
は農業問題にあると考える。その後、京都帝国大学で農業経済学を
学び、終戦とともに台湾大学に戻って同じ学問を続けた。さらにコ
ーネル大学に留学して、農業経済学博士を授与され、台湾大学教授
となる。

 '71年に国民党に入党し、台湾農政のためにつくす。その後、'78
年、台北市長、'84年、中華民国副総統。そして蒋経国総統(蒋介
石の息子)の死後、はじめての台湾出身の総統になる。'96年3月
には、中国5千年の歴史で初めての民主選挙で、総統に再選された。

■4.夜、安心して眠れる国にしたい■

 李総統が政治家を志したのは、「かつてわれわれ70代の人間は
夜にろくろく寝たことがなかった。子孫をそういう目に遭わせたく
ない」という気持ちだった。

 日本の敗戦後、蒋介石の国民党は、陳儀という大将を台湾省行政
官として派遣してきた。中国の軍閥の常として、陳儀の部下は占拠
地で略奪・暴行・強姦・殺人をほしいままにし、陳儀自身は紙幣を
どんどん刷って私腹を肥やした。

 日本時代にはかつてなかった無法社会に怒った台湾人は、1947年
2月28日に全島をおおう大暴動を起こし、国民政府軍は、日本時
代に高等教育を受けた人間を片っ端から、連行・銃殺した。最新の
調査では、約1万9千人が殺害されたと判明している。[2,p197]

 蒋介石が中国共産党に敗れ、台湾に移ってからも、'87年まで戒
厳令が敷かれ、恐怖政治が続いた。たとえば、米カーネギー・メロ
ン大学助教授陳文成は、国民党政権の批判者で、在米台湾人のオピ
ニオン・リーダーであった。陳は'81年の一時帰国中、警備総司令
部に呼び出されたまま帰宅せず、翌朝、台湾大学構内で死体となっ
て発見された。米下院外交委員会はこれを蒋政権の人権侵害として
非難した。[3,p199]

■5.中国史上かつてなかった豊かさと自由■

 李登輝は総統になってから、民主化を急ピッチで進める。帰国を
禁じられた台湾人ブラックリストの解除、思想犯罪・陰謀罪の撤廃、
強権と弾圧の代名詞だった警備総司令部の廃止、さらに戦後ずっと
タブーであった2・28事件の慰霊碑落成式に出席し、総統として
公式に遺族と犠牲者に謝罪した。その仕上げとして、蒋介石が大陸
から連れてきた国会の終身議員を退職させ、96年3月に初の民主的
な選挙を実施して、総統に再選された。

 この選挙の最中に中国は台湾海峡で軍事訓練を行い、ミサイル発
射までして、威嚇した。しかしこれは逆効果で、かえって台湾人の
結束を固め、李登輝の得票率を押し上げることとなった。[2,p40]

 台湾の豊かで、民主的な社会について、李登輝は語る。

 民生の建設について言えば、現在、台湾の一人あたり国民所
得は一万ドルを超え、外貨保有高は1000億ドルになんなんとし
ており、世界の先進国の仲間入りをはたそうとしています。今
日の台湾のような繁栄した社会、活気にあふれた人民があまね
く高度な生活水準にある状態の社会は中国史上かつてなかった
現象です。

 民権の実現という点から言えば、ここ十数年来、世界30数
カ国は権威主義体制から民主主義体制への変革を行ってきまし
たが、台湾のように平和的な形でそれを成し遂げた国は一つも
ありませんでした。今日の台湾は、名実ともに主権在民が実施
され、国民はさまざまな自由権と参政権を持って、自由な意思
を存分に発揮しています。また人権は十分に尊重されており、
これは中国の歴史にはなかったことであります。[4,p15]

■6.中国文化の新しい中心地をめざす■

 李登輝総統の国家ビジョンは明快、かつ壮大である。「経営大台
湾、建設新中原」と言う。経営大台湾とは、上記のような「かつて
中国史上なかった」豊かな、そして自由と人権の保証された国家建
設をさらに進めることである。

 しかし、これは台湾のためだけではない。このような国家建設に
成功しつつある自分たちの「台湾経験」は、大陸中国全体にとって
意味があると総統は考える。

「台湾経験」が全中国に広まってゆけば、...大陸の人々が自
由社会の素晴らしさを知って、中央の統制から離れて経済的自
立を果たしていく。そのことが将来、共産党による独裁政権政
治を解消していく方向に繋がっていく、とおもうんですよ。[
4,p42]

 自由と民主主義で繁栄する台湾は、中華文明再生の新しい中心地、
すなわち「中原」となると総統は信ずる。これが「建設中原」であ
る。

 台湾の刺激と競争がなければ、中国の歴史ないし中華文明の
発展は、必ずや「定於一尊」(中央一極の意)に帰し、加速的
な変遷転化の契機に欠けるでしょう。中国の将来および中華文
化の発展のために、私たちは当然この台湾という土地を保護す
る責任があり、台湾がとこしえに中華文化を保ち、中国歴史に
発展の方向に主導的役割を発揮させる責任があります。

 これほど明確に自国の使命とアイデンティティを語れる政治家が
現代の日本にいるであろうか。「日本人の理想像にちかい人かとも
思えてくる」と司馬遼太郎に言われたら、現代の我々の理想はそれ
ほど高いのか、と改めて自問しなければなるまい。

[参考]
1. 台湾紀行、司馬遼太郎、朝日文芸文庫、H9.6
2. 台湾の命運、岡田英弘、弓立社、H8.11
3. 台湾の歴史、喜安幸夫、原書房、H9.6
4. 台湾がめざす未来、李登輝、柏書房、H7.12


■ おたより: 新垣剛さんより 

 中国という国はまさに多種多様な民族と、考えが混在する国
家であると思います。先日訪れた広州では、下半身が不自由で
風呂にもはいってないような垢じみた、10才ぐらいの少年が空
き缶を前に物乞いをしているのです。中国人はごく当たり前と
いう風に通りすぎていきます。

 日本人からすると共産国家に少年の乞食がいるということ自
体ショッキングであり、またこのことを若い中国人に話してみ
ると、我々は国家を信じていない。国家は何もしてくれない。
むしろ、官僚の師弟達はわが物顔で私腹を肥やしている。だか
ら、このような状態もある意味当然だし、自分の身を守るのは
己であるとの意見を持っていた。では、この少年を守るのも少
年自身なのか?

 我々が中国に感じる雰囲気は、自分を守るのは自分であり、
またその延長線上に家族、血縁、地縁と続く環境の中で育まれ
ているのではないでしょうか。中国という国を知るにはもっと
中国人、それもごく一般の中国人を知るべきであると思いまし
た。

■編集長より

 ご指摘の点、まさに中国の歴史の本質ではないかと思います。
今の共産党だけでなく、清朝(満州人の統治で、漢人は植民地
支配をされていた)、さらにそのはるか前から、国家とは人民
を私物化し、収奪するものだという政治伝統があるようです。

 中国人が一族での結束を大切にするのも、政府に頼れない、
という事情からでしょう。この点での政治的伝統の日中での違
いは本質的であると思います。

 李登輝総統の志が実を結んで、中国人民が政府を信頼できる
ような日が来ることを願っています。

■賢一さんより(平成14年11月)

 台湾前総統李登輝氏が慶応大学三田祭での講演のためにビサ
を申請したところ外務省などが中国との外交問題に配慮して
最 終的にビサ申請を断念したという報道がありました。

 11月19日付サンケイ新聞によると、李登輝氏は、その講演で、
土木技師八田與一氏を紹介しながら「日本人の精神」をお話
される予定だったとのことでした。そして、サンケイの19日
付6頁には「講演内容全文」が掲載されていました。

 八田與一氏について私は斉藤充功著「百年ダムを造った男」
(時事通信社97年10月刊)を入手して、一気に読み、同じ土
木技師として感激しました。今回、サンケイに掲載された李
登輝氏の講演内容を読みさらに感動が高まりました。

 戦後の日本人が失った「日本人の精神」を李登輝氏は日本の
若者に語ろうとしたのです。それを妨害したと思われる「政
府の偉い方々」には憤りを覚えずにはおられません。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。