background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親中勢力與北京隔海唱和 2003-12-27 林建良





親中勢力與北京隔海唱和 2003-12-27
林建良
  日本政府在十二月二十四日公開其六○年代之外交機密文件,指出在一九六四年當時的首相佐藤榮作向當時的駐日英國大使明言,「所謂一個中國的政策只是應付中國共產黨及中國國民黨的要求」「一個中國、一個台灣才符合東亞的長期安全保障」。其實任何人都可看出「一個中國」的主張完全不符合國際社會的現實,然而為了中國共產黨及中國國民黨的野心,台灣及周邊國家卻被「一個中國」的咒縛牢牢套住,也留下今日台灣人民受盡中國恫嚇的禍根。

  最近,台灣的親中勢力更積極與中國隔海唱和,連戰一提出「積極推進三通」,中國馬上配合提出實行方法。親民黨的政客一指摘陳水扁總統說出中國飛彈的數字是洩漏軍事秘密,中國就以間諜罪名捕捉幾個台商來為這些親中政客背書。中國共產黨與台灣內部的中國黨可說是目的完全一致而又合作無間,為的就是把台灣牢牢地套在「一個中國」的鎖鏈之下,讓台灣人民<永遠無法脫離中國的魔掌。

  日本政府公開的外交機密文件其實並沒有什麼玄妙的內容,佐藤榮作只是陳述一個在國際社會中所共同認識的事實而已只是中國共產黨與中國國民黨所共同製造出來的「一個中國」神話在戰後不僅沒有被解套,反而因著中國的影響力強而愈套愈緊,讓台灣人民幾乎窒息於國際社會。若非蔣介石因為其個人野心及好面子而以「漢賊不兩立」為由退出聯合國,當時的美日都支持以「一中一台」的形式保留台灣的聯合國席位。蔣介石的中國國民黨之「一中」意識形態讓台灣成為國際孤兒是誰也無法否認的歷史事實。這樣的歷史罪人卻仍在台灣為中國國民黨所朝拜。

  如今,好不容易阿扁總統勇敢提出「台灣中國,一邊一國」來為「一個中國」的咒縛解套,並要以公投制憲讓台灣成為一個正常國家。在此關乎台灣存亡一刻,卻只看到中國國民黨與其兄弟中國共產黨聲氣相通,聯手打擊台灣。我們到底要忍受中國國民黨危害台灣到何時?
(作者林建良╱世界台灣同鄉會副會長)



--------------------------------------------------------------------------------

台獨聯盟首頁

回時事觀點



台灣獨立建國聯盟 World United Formosans for Independence
網站(WUFI Web):
www.wufi.org.tw
www.taiwannation.org.tw
電子信箱 email: wufidata@wufi.org.tw
感謝您的光臨與支持。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。