background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者の声】無礼な文部科学省官僚 05.10.13.

【読者の声】無礼な文部科学省官僚

思わず冷静さを失って。

援護射撃しかできず忸怩たる思いです。

小生の書棚にあった昭和49年9月20日発行の帝国書院
「標準高等地図」を見てみました。
すると、当時の香港(イ)、マカオ(ポ)と中華人民共和国の間には
明確な国境線の表示が描かれています。
台湾海峡には国境線は無表示です。
視線を北海道に移してみると、択捉島と旧ソ連ウルップ島
との間には、なんと「係争中の国界」の表示が描かれています。
これはどういうことなのでしょう。日本国政府は確か択捉島は日本領
としていたのではないでしょうか。
それが帝国書院の独断で「?」とされているのです。

共産党政権の旧ソ連と、同中国に国(日本、台湾)を売り飛ばすような
姿勢を帝国書院は昭和49年当時から貫き、当時の文部省もチェック
できなかった、あえてしなかったということなのでしょうか。
当時から日本国政府は、択捉島は日本領と主張していたのでは
なかったでしょうか。

以上のことを、文部科学省教科書課に質問しました。15分間くらい
疑問点をたずねました。すると電話を取った係員は相槌をうちながら
聞いていました。ところが15分くらいがたったとき、「担当者はいま
会議中でいない。また電話をして下さい」と言うのです。そして
「伝言はできません」と。

読者諸賢と同様、わたしは忙しい時間をさいて長々と電話で質問したのです。
一般の社会なら、最初から担当者はいません。伝言もできませんと断るのが
礼儀であり社会常識ではないでしょうか。そうした官僚の無礼な態度に
思わず、教育指導的意味もこめて怒鳴ってしまいました。

                島田眸


*******************************************************************************************
引き続き抗議を

【抗議先】

■文部科学省に対し、台湾を中華人民共和国の領土と教える「中学校社会科
地図」(帝国)と「新しい社会科地図」(東書)の誤りを訂正させるよう要
求を!

■中山成彬・文部科学大臣
(事務所)〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
              衆議院第2議員会館701
       電 話 03-3508-7451
       FAX 03-3597-2757
       メール g03254@shugiin.go.jp 
■文部科学省〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
       電 話 03-5253-4111(教科書課)
       メール voice@mext.go.jp (中山文科大臣)

 抗議内容の例:「 子供たちに、台湾を中華人民共和国の領土と教えるな!」
     「社会科地図の訂正を」「文科省に台湾を売る権利はない」
     「帝国書院に教科書発行の資格なし」「文科省は台湾の敵だ」
     「東京書籍は捏造地図を改めろ」「台湾人の感情を傷つけるな」
     「ウソを教える教科書反対」「台湾は中国領では断じてない」
     「中国に媚びる検定反対」「デタラメ検定官を処分せよ」
     「誤った教育の責任を取れ」「これ以上ウソを教えるな」



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)


■塩谷立文科副大臣 office@ryu48.gr.jp ■小島敏男文科副大臣 t-kojima@bc5.so-net.ne.jp
■下村博文文科大臣政務官 http://www.hakubun.or.jp/mail.htm■小泉顕雄文科大臣政務官 koizumi-akio@ares.eonet.ne.jp

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。