background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.10・12日台合同デモの報告(ならびに協力者の方々へのお礼)

10・12日台合同デモの報告(ならびに協力者の方々へのお礼)


                    台湾の声編集部

本日午前11時半から1時10分まで、文部科学省前において、同省が
台湾を中国領と表示する中学校の社会科地図を教科書検定で合格さ
せていることに抗議する10・12日台合同デモを行った。平日にもか
かわらず、日本人及び在日台湾人およそ100名が参加し、「検定
ミスを認めろ」「教科書会社に誤りの訂正を勧告しろ」「台湾は
台湾だ、中国ではない」「担当官を処分しろ」「中学生にウソを教
えるな」「台湾人の感情を傷つけるな」等々のシュプレヒコールを
力強く繰り返し、通行人や昼休みで建物から出てくる職員の耳目を
引いた。

ことに職員の場合は、少なからずが「検定ミス」を批判する声に関
心を持った様子であった。要するに文科省職員の多くはこの問題を
知らないでいたのだ。そのためこれを広く知らしめることができた
ことで、我々の本日の目的の一部は達成されたと考えている。省内
で問題視されはじめる事を期待したわけだが、恐らく今後そうなる
事だろう。なぜならばこの「検定ミス」は、誰も否定できない重大
問題だからだ。

なお、演説並びにシュプレヒコールの先導は、林建良本誌編集長、
永山英樹台湾研究フォーラム会長のほか、意気に感じて駆けつけて
くれた西村修平国民新聞記者、鈴木信行維新政党新風東京本部長な
どが務めた。また何人かの在日台湾人もマイクを握り、台湾人とし
ての心の声を訴えるスピーチを行った。参加者は総じて士気旺盛。
両国人の心が一つになって元気いっぱい。だが去る10日に行われた
「台湾を中国領と教える社会科地図を許すな! 緊急国民集会」で
採択された決議文を文科大臣に宛てて同省に届ける段階になり、本
来大臣の代理としてそれを受け取るべき教科書課が、検定ミスの当
事者でありながら受け取り(面会)を拒否し、結局大臣官房広報室
の職員が代わりに受け取るという異例の事態となったため、一同憤
りを隠せず、責任者追及の声が上がった。そのため建物内外の職員
たちは、デモ隊の主張がただならぬものであることを察し、緊張の
色を見せ始めた(この問題に関しては後日詳報)。

これもまた同省に対する有効な問題提起となったようだ。そもそも
デモ隊が提起しているのは、検定ミスをミスと認めず、虚偽の言い
訳をして逃げ回り、訂正を拒否する教科書課の腐敗体質の改善問題
であったからだ。

ある演説者が明らかにしたところによると、これまで文科省に対し
て行われた抗議の声は教科書課で処理され、大臣には伝えられてい
ないという疑惑が浮上している。つまり国民の声、在日台湾人の声
は密室で握りつぶされていた模様なのである。そのため同省前での
大きな声での訴えは、極めて大きな効果があったのではないかと考
えられる。現に建物の中から一人の職員が出てきて、デモ隊に対し
決議文を丁重に求めてきた。「一体どのような問題が発生している
のか」を職務として調べにきた様子だったと言う。少なくとも今
日、教科書課の「検定ミス隠し」は省内で明らかになったはずだ。
今後の問題は、それを受けて同省が動くかどうかだ。動けば拍手、
動かなければ問題拡大と言ったところだろう。

デモ隊の老若男女は終始整然として一切のトラブルもなく、その勇
気ある堂々とした態度はデモの訴えに説得力を持たせたと言ってよ
い。

日本や台湾のマスメディアの関心も引いたようで、テレビ局や新聞
社の数社が取材に来ていたことは心強い限りだった。

1時間半、休むことなく訴えの声を上げ続けてくれた参加者各位には
この場を借りて感謝いたします。現場には来ることができない代わ
りに電話やメールで抗議を行ってくれた方々にもお礼を申し上げま
す。また周辺で警備にあたった警視庁や丸の内警察の方々にも感謝
申し上げます。警察官の方々の台湾を暖かく見守ってくれる心情は、
口に出さずともひしひしと伝わってきました。これは現場に居合わ
せた多くの台湾人の偽りない感慨です。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。