background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学省に抗議を!

台湾を中華人民共和国の領土と教える「中学校社会科地図」(帝国)と
「新しい社会科地図」(東書)を許すな!

捏造地図の写真→ http://taj.taiwan.ne.jp/koe/unacceptable/chizucho.htm
******************************************************************************************


文部科学省に抗議を!

台湾がなぜ中国の領土なのかー検定ミスを認めない文部科学省

台湾の声編集部


文部科学省が検定で合格させ、現在全国の中学校で使用されている帝国書
院の『中学校社会科地図』と東京書籍の『新しい社会科地図』は、台湾を
中華人民共和国の領土であると、誤って表示している。

このようなものを合格させ、生徒たちへの間違った知識の植え付けを許す
責任は重大だ。これら教科書会社に対し、文部科学省は直ちに修正を指示
するなどの善後策をとらなくてはならない。

また来年度から使用される平成18年度版も、それぞれすでに検定を合格
しているが、もし同じような誤った地図が掲載されているなら、これにつ
いても直ちに修正を求めなければならない。

しかし文部科学省で社会科教科書の検定を司る教科書課の検定第一係はこ
の問題に関し、検定は無謬であると言わんばかりの態度だ。

善後策を電話で要求しても、「専門家が検定し、合格したもの。変えるこ
とはできない」であるとか、「政府見解は関係ない。検定に合格したもの
だ」(政府見解では、台湾は中国領としていないとの指摘に対し)である
などといった常識では考え付かないような強弁して、真剣に取り合おうと
せず、教科書の誤りを放置しているとしか見えないのである。、

これが検定に望む文部科学省の姿勢であろうか。かの誤った地図が合格す
るのは、こうしたいい加減な姿勢の結果であろうか。

これは明らかに、文部科学省の由々しき検定ミスなのである。このミスは
故意であろうか、過失であろうか。

中国からの抗議に配慮していった、帝国書院編集部からの情報もあるが、
もし文部科学省が中国人民共和国に配慮した結果であると言うなら、断じ
て許されることではない。


■この問題に関心のある方は、ぜひ文部科学省への責任追及や善後策の要
求などを行ってください。

【要求先】文部科学省
①中山成彬・文部科学大臣
②教科書課(検定関係)

郵便 〒100-8959 東京都千代田区丸の内二丁目五番一号
電話 03(5253)4111(代表)
メール voice@mext.go.jp


*******************************************************************************************

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。