background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交部不該陥総統於不義 2002-07-18

文章声明 2002-07-18
年列 | 作者


--------------------------------------------------------------------------------

外交部不該陥総統於不義
在日台湾同郷会 会長 林建良

 
 由於統独双方都不討好、外交部決定暫停将護照加注「issued in Taiwan」、而継続延用舊有護照封面。基本上、我們歓迎這個決定。因為「issued in Taiwan」的護照封面不僅無法凸顕台湾的主権、更可能造成台湾只是一地方政府的誤解、此挙無異自我矮化台湾的存在。然而、舊有護照封面與対岸的「中華人民共和国」混淆不清的事実依然存在。我們要求政府信守承諾、直接在護照封面加注「Taiwan」一字。
 今年年初、陳水扁総統在FAPA年会中向数百位海外郷親承諾将在護照封面加注「Taiwan」時、讓所有海内外心存台湾的郷親們感激至極、没想到隔日外交部提出的案竟是「issued in Taiwan」。包括筆者、許多海外郷親有被騙及被愚弄的感覚、筆者有多位友人甚至因此對阿扁政権産生極強烈的反感。

 後來我們得知此案來自外交部的内部作業及決定、因此、在今年三月世界台湾人大会時、筆者與在場的各国会長同時向簡部長要求取消護照封面加注「issued in Taiwan」的決定、改為直接加注「Taiwan」。当時的簡部長以此事已由総統簽署下來、護照也已進入製作程序無法改変等辞來推卸。此態度顕示外交部先陥阿扁総統不義於前、在引起反弾之後、又推責任於阿扁総統。筆者請問、外交部有無担当?有無維護台湾主権的誠意?

 筆者為了在日台湾人所持的「外国人登録証」上国籍被登記為「中国」一事、多次与日本官方及国会議員們請願交渉、也曽発動街頭示威抗議及署名運動。然而我們的外交部却只在去年七月十二日向日本交流協会発出一紙公文、其後則不聞不問。日本的外務省的官員就曽多次向筆者表示、台湾的外交部根本不熱心。此外、日本自由党衆議員西村真悟先生也曽為此事向法務大臣質詢。但事後西村真悟先生也向筆者表示、「自称中華民国的貴政府対此事立場太薄弱、也太冷漠。」

 簡部長在面対「正名聯盟」要求駐外単位正名為「台湾代表処」時、公然白賊、以不符事実的「駐在国政府反対」之説詞来逃避。此次護照上加注「Taiwan」之問題、又以種々僚気十足的理由推卸責任、甚至危害到総統的誠信。此種在国内就可以解決的問題、外交部都無法有任何作為、為台湾争取尊厳。我們又如何要求外交部在国際舞台上為台湾争一口気?


--------------------------------------------------------------------------------



BACK


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。