background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の台湾侵略を容認する田中外相発言に抗議する 2001-12-23

文章声明 2001-12-23
年列 | 作者


--------------------------------------------------------------------------------

中国の台湾侵略を容認する田中外相発言に抗議する
 
 田中真紀子外相は2001年12月23日付「日本経済新聞」の中で台湾と中国の「統一」問題に触れ、「台湾は同一民族だから将来、香港みたいに収れんされると思う」「武力政策ではなく時間がかかって世代が入れ替わることで上手に収れんしていくことだろう」と述べている。
 これは現実状況を全く無視した、しかも台湾の併呑を目論む中国の野望を代弁に等しい、悪質極まる発言である。

 なぜなら言うまでもなく、台湾と香港とでは事情が全く異っているからだ。香港はイギリスの植民地だったのであり、それが中国に返還されただけに過ぎない。一方台湾は、どこの国の植民地でもない。しかも中華人民共和国の統治を一度たりとも受けたことがないのである。

 つまり台湾と中国は外国同士なのである。例え「同一民族」であれ、漢民族国家のシンガポールが中国とは無関係の主権国家であると同様、台湾もまた一つの主権独立国家なのである。日本政府がこれを承認するか否かにかかわらず、これは否定しようのない厳然たる事実なのだ。

 その台湾が中国に、どのような方法で「収れん」される(主権が奪われる)と言うのか。

 この中国の侵略を支持、容認するが如き発言は、もはや田中外相の個人的見解というだけでは済まされない。

 なぜならこれは一国の外相の発言であり、日本国民の対台湾認識をミスリードして中国を助勢し、我々の尊厳と利益を著しく侵害するものだからだ。

 田中外相は今回、李登輝前総統の訪日問題にも言及し、これを「頭痛のタネ」と述べている。あたかも李登輝氏に何らかの「非」や「罪」があるかのような、非礼極まる発言である。

 どこまで台湾人を侮辱すれば済むのか。

 我々は台湾人の尊厳を守るため、ここに田中外相に対して断固たる抗議を行うとともに、台湾及び台湾人に対する公式の謝罪を要求する。


2001年12月23日

在日台湾同郷会

田中真紀子外相殿

--------------------------------------------------------------------------------

反響(SENSATION)


--------------------------------------------------------------------------------



BACK


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。