background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾・国民党馬主席 対中現実路線を強調 総統選に向け“前哨戦”海外ニュース - 10月7日(

トップ 主要ニュース 国内 海外 経済 エンターテインメント スポーツ コンピュータ 地域 写真 動画
海外ニュース - 10月7日(金)2時37分
条件検索

台湾・国民党馬主席 対中現実路線を強調 総統選に向け“前哨戦”

 【台北=河崎真澄】台湾の最大野党、中国国民党の“逆襲”が始まった。連戦・前主席の訪中、馬英九・台北市長への主席交代など三年後の総統選に向けて相次ぎ手を打っている。産経新聞と会見した馬氏は、中国との関係改善を強く訴えており、かつて国民党が敵対した中国共産党を、政権奪回のテコにするシナリオもうかがわせた。
 馬氏が正式に主席に就任した八月の党大会で国民党は、対中政策において与党・民進党との差を決定的にした。「台湾独立」を党綱領に掲げる民進党を意識し、国民党は綱領にあえて「台湾独立反対」を盛り込んだ。
 国民党の蘇起・立法委員(国会議員)は「日米中のうち、どの国とケンカしても損するのは台湾だ」として、「一つの中国」原則を、中台がそれぞれ解釈するあいまいさこそ、中台双方ともにメンツを保ちながら経済面など実務交流を拡大する大人の解決法だと話す。
 今春の連氏訪中に同行した張栄恭・大陸事務部主任は、共産党側が国民党訪中団に一度も「平和統一」「一国二制」といった主張を口にせず、一方で台湾の憲法改正について国民党の本音を探ろうとしたと明かした。対中交渉能力があるのは国民党だといいたげだ。
 連氏の訪中を皮切りに中台の和平協議や経済の全面交流を打ち出した馬主席の執行部は、主権論議を先送りして中台経済交流を活発化させる現実路線をアピールする。
 党改革も政権奪回へのカギとなる。かつて「世界一の金持ち政党」と揶揄(やゆ)された国民党も、帳哲深副秘書長(副幹事長)によると、現在の資産総額は三百十億台湾元(約千八十五億円)だ。最盛期の数十分の一ともいわれる。台北市内の党本部ビル売却を予定するなど透明性確保を馬氏は訴えるが、民主進歩党の陳水扁政権は、国民党が不当接収した資産の追及姿勢を緩める気配はない。
 陳政権内では、国民党の中台接近路線では台湾が中国経済に併合されるだけだとみて直行便の解禁など中台の全面交流には慎重だ。国民党が総統選候補として馬主席を担ぎ出すのはほぼ確実で、総統選に向けた中国を巻き込んでの与野党の前哨戦は始まったといえる。
     ◇
 【馬英九氏の会見要旨】
 ■党改革の方向
 今年十二月の地方選挙で過去に「黒金」(暴力団組織との金銭的関係)疑惑のあった人物を推薦しない。党の資産問題も透明化する。反発があっても断行する。住民の信頼を得ることこそ党にとり最大の資産だ。
 ■中台関係
 「一つの中国」原則を中台がそれぞれ解釈することで共産党とは合意済み。主権問題は棚上げして、経済交流を発展させる。両岸関係の解決は難しいが、原則をそれぞれが解釈することで処理は可能。胡錦濤氏(共産党総書記)が民主化を進展させるとみている。
 ■対中経済
 約四百億ドルだった台湾の昨年の対中輸出は、日米欧向けを合算した輸出より多い。中台の経済関係は変えようがない。江丙坤・党副主席が三月の訪中で提案した中台共通市場構想は現実味がある。
 ■武器調達予算
 中国が六、七百基のミサイルを台湾に向けて配備していることは無視できない。しかし両岸関係は軍備だけでは解決できない。民進党政権が台湾海峡の現状を変える意思があると(中国側に)思わせるから両岸が緊張する。そこで軍備増強するのは台湾にとり健全なやり方といえない。
 ■尖閣問題
 釣魚台(尖閣諸島)の主権問題で日本は協議に応じない。主権問題は将来解決するにせよ、釣魚台に漁業権で境界線を引くべきでない。主権問題は日本側が同意すれば国際司法裁判所に持ち出してもよい。(台北 河崎真澄)
     ◇
 馬英九(ば・えいきゅう)氏 台湾大卒。米ハーバード大で法学博士号。故蒋経国・元総統の英文秘書や国民党副秘書長(副幹事長)、法務部長(法相)を歴任。1998年に当時現職の陳水扁氏(現総統)を破って台北市長に初当選、2002年再選された。今年7月の党内選で連戦・前主席の後任に選ばれ、8月に就任。台北市長と国民党主席を兼務している。国民党元幹部を父に香港で生まれた。原籍は中国・湖南省。周美青夫人との間に二女。
(産経新聞) - 10月7日2時37分更新
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。