background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉政権の勝利は我々にある種の啓示を与える01.8.

小泉政権の勝利は我々にある種の啓示を与える

在日台湾同郷会 会長 林 建 良
 日本語訳 朱 嘉 英

 日本における今回の参議院選挙において、小泉政権は、改選議席数124議席のうち過半数の65議席を獲得する大勝となった。この勝利は日本国民の小泉氏の改革姿勢に対する支持によるものだが、同時に小泉改革の最有力反対勢力たる自民党内守旧派勢力に対する「小泉旋風」がもたらした勝利であるとも意義付けられる。また、今回の選挙結果は、左派勢力たる日本共産党及び社会民主党の衰退を顕著に示すものであることは明白でり、最大野党である民主党の表現によれば、相対的な意味における保守勢力の大幅な成長に意を強くするものである。事実、日本の自信回復による保守勢力の成長を強調することは、台湾にとっては、中国の圧力に対してまさに日本を強くするという意義をもつものである。

 日本の政治を観察している多くの者たちが、小泉政権にとって選挙後こそがまさに「正念場」であると認識しており、小泉首相の唱える改革が真に実行の時を迎えたのである。小泉氏が首相就任してから今日までの2ヶ月間、その支持率が常に70%以上を保っている原因は、日本国民がいわゆる「失われた10年」を過ごした末に、小泉氏に真の改革者としてのカリスマ性を求め、改革の希望を託しているからである。小泉内閣は近々のうちにその改革諸施策を実行の緒につけることになるが、本来小泉改革の最強抵抗集団であった自民党橋本派も、選挙後いち早く小泉氏の自民党総裁再選支持を表明し、小泉旋風に抵抗するときではないことを示した。すなわち、今回の選挙結果は、正しくは自民党の勝利ではなく、小泉の勝利であると言うべきである。

 小泉氏は自民党内の小派閥である「森派」に所属していたが、そのなかにあって独立独歩を貫き、これにより「変人」あるいは「怪人」と呼ばれていた。彼はその個性を貫くことを善しとし、利益志向の自民党派閥政治の中において、その影響力を充分に発揮することはなかった。しかし、このものごとに妥協しないという精神が、日本国民の賛同と支持をもたらしたのである。小泉氏が総理大臣に就任して以来、美辞麗句に飾りたてた画餅を描くことなく、広く国民の支持を獲得しているのであり、むしろ、彼は日本の国民に改革に伴う苦しみを理解し享受することを求めているのである。参議院選挙開票の翌日、日本の株式市場は16年来最安値を更新する暴落となったが、台湾でもしこのようなことが起これば、台湾の株式投資家はいち早く立法院議員に対し株価対策を求めるか、政権交代を要求することだろう。しかし、小泉氏は担当記者の質問に対し、長期的構造改革は短期的株価対策ではないことを、淡々とした態度で応えた。この短期的利益を確保しようとする圧力に屈しない対応が、逆に多数の日本国民の支持と喝采を獲得したのである。

 台湾の民進党政権のこの一年余りを表現すれば、「賞賛に値するものなく、貶評多し。」というべきである。新政策を打ち出せば野党が反対するのは当然としても、その反対が国会の騒乱を故意に引き起こさせる意図によるものであるし、報道メディアの政治混乱を煽りたてる報道姿勢もその原因のひとつである。しかし、我々のリーダーは、一身に集まった支持を台湾意識を強化することに善用せず、選挙民が期待した方向に邁進することなく、むしろ逆に支持者の心情に違背して、敵対勢力に妥協する態度を示すことでその支持者に極度の失望感を与えた。そのうえ野党の要求を正当化することは、更なる騒乱を惹起することになるということを理解していない。台湾を愛する本土派の人々が、ひろく李登輝前総統を熱情をもって支持したのは、李登輝前総統の台湾民主化に対する貢献と個人的魅力だけではなく、その重要な要素として、台湾意識をひとつに集めるリーダーの登場を心待ちにしていた心情があったからである。

 当然に、小泉氏の今回の選挙における勝利がこれからの施政が順風満帆に行なえることを保証するものではなく、国民に痛みと苦しみを受け入れることを求める構造改革には、相当強烈な抵抗に遭うことは想像に難くない。国内あるいは国外についても、日本は今非常に険悪かつ困難な状況におかれている。しかし、進むべき方向性を明確に示し、逆境において不屈の意思を顕示することはリーダーが備えるべき必要条件である。小泉氏の勝利は日本国民が彼にこの要件が備わっていると認めたからであり、小泉氏と伴にこの国難を乗り越えることを望んでいるからである。我々は、我らがリーダーが小泉氏に寄せられている高支持率をうらやましがることなく、小泉氏の勝利の中から学ぶべきものをしっかりと見出してくれることを望むものである。原文の意味は「しかし、我々のリーダーは、一身に集まった支持を善用して台湾意識を強化し、選挙民が期待した方向に邁進することなく、逆に敵対勢力に妥協する態度は支持者に失望を与えた。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。