background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 黄主文訪日的意義(漢文) 2001-9-28

黄主文訪日的意義

在日台灣同郷會 會長 林 建 良

 「台聯」主席黄主文日前結束了爲期4天的日本訪問。此次訪問除了與日本政界交換意見之外、黄主文還肩負著更重要的使命。

 基於人材與認知的不足、阿扁政權成立之後、台灣的對日外交多半停留在形式的交流層次。去年、政權移轉後、當時的民進黨國際事務部主任蕭美琴在日本著名的政論雜誌專訪時説出「日本並不重要」、一個執政党的外交政策制定責任者做此發言在日本引起了相當的注目、也讓日台雙方有識之士擔心。而此發言卻也點出了民進黨對台日外交的態度。

 有不少日本政治家在訪問台灣之後向筆者提起、他們感謝台灣民間友人對他們的熱情款待、但他們卻感受不到台灣政府當局有推進對日外交的誠意。在見了台灣的現政權的領導者之後、他們覺得阿扁政權的對日外交態度是「不冷不熱、應付應付」、此外日本交流協會高層幹部更一針見血地指出「台灣現政府完全沒有對日外交政策」。這些都説明了台灣在政權交替之後、不管是政府或執政党的對日外交都處於「有形式、無實質」的状態。

 由於日本政府拘泥守舊的作風、使得沒有邦交的日台雙方很難在官方管道上有所作爲。在此現實之下、非官方的政党外交就顯得更爲重要。然而很遺憾的是身爲執政党的民進黨在執政一年半之後卻還無法建立與日本的政党外交管道。雙方的往來只停留於形式上的交流。一年以來、雖組了以台日爲名的交流組織、然而卻無法眞正進行實質的政党外交。

 過去有幸、李登輝前總統執政的一二年來、不僅在台灣内促進了民主化與自由化、他也建立了無數的日本人脈。「台聯」承接了李登輝的理念、在對日外交上也直接繼承了李登輝前總統所建立起來的基礎。黄主文在「台聯」成立不到二個月即首先訪問日本、從這點也可看出「台聯」對強化台日間政党外交的積極態度。

 在短短四天的訪日期間、黄主文除了在抵達日本當日即馬上與我在日台灣郷親代表交換意見、以瞭解日本當前情勢及在日台灣同胞的生活情形。隔日、他即展開相當緊湊的訪問、與日本當前有影響力而且熱心於台日外交的日本政界人物會談。在對外公開的參訪中即包括自民党的政調會長的麻生太郎、前農林大臣的中川昭一、前外務副大臣的衞藤征士郎、民主党的党首的鳩山由紀夫、自由党的党首的小澤一郎、東京都知事石原愼太郎。

 黄主文與他們都有著相當實質的對話與意見交換。會談中、幾乎所有的日本政治家都對台灣現政權受逼於在野勢力向中國傾斜表示憂心、同時對年底的選戰中「台聯」能有多少斬獲也有相當的興趣。因著對李登輝的景仰、基本上、他們對「台聯」抱持著相當程度的親近感、也有誠意與「台聯」建立緊密的政党外交進而提升台日間的實質外交關係。

 黄主文的訪日間有一場公開記者會、除了台灣的駐日媒体記者之外、朝日、讀賣、産經、共同通信、時事通信、日經等所有日本各大報都到齊、從此也可看出日本各界對「台聯」的關心度。爲使日本輿論界對台灣有更進一歩的認識、在相當緊湊的日程中、黄主文也應邀訪問了産經新聞本社、此外並接受著名的政論雜誌SAPIO及共同通信社的專訪。

 「台聯」主席黄主文的訪日最大的意義乃在於繼承李登輝的日本人脈、建立眞正的台日間的管道、讓目前處於眞空状態政党外交再動起來。台灣目前各政党之中、「台聯」是唯一有意願又有能力承擔此重責大任的政党。身爲在日台灣人、我們樂觀其成、也願與「台聯」共同來推動台日外交、爲母親台灣盡力。

日本栃木 2001-9-28
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。