background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正論】例大祭を靖国問題幕引きの好機に 岡崎久彦 

【正論】例大祭を靖国問題幕引きの好機に


産経新聞 2005年9月29日

       元駐タイ大使・岡崎久彦 

首相の公式参拝に環境整った秋


≪政治意図が絡む8月15日≫

 もうそろそろ靖国問題に決着をつけてほしいし、それが可能な時期に来ていると思う。具体的には、十月の靖国神社秋季例大祭に小泉総理に公式参拝をしていただいて、この問題に決着をつけるのが望ましい。

 私はもともと、八月十五日よりも、例大祭参拝を主張してきた。八月十五日の参拝そのものが悪いとは言っていない。ただ、その日だと参拝の動機が複雑になるのである。

 国のための尊い犠牲者の冥福(めいふく)を祈り、祈る方も国を守る決意を表明して、英霊に安心して眠っていただくという本来の参拝の趣旨を貫くのならばそれで良い。

 しかし戦後史観、占領史観に決着がついていない現在では政治家としてはそこまで割り切った発言はできない。三木総理の場合は反戦の誓いをするためであった。「心ならずも亡くなった方」という小泉総理の発言もそうである。それでは英霊の尊い犠牲に感謝したことにならない。

 過去の経緯を遡(さかのぼ)ってみると靖国問題が紛糾した原因は、一つは三木首相の私的参拝、もう一つは戦後の総決算を呼号した中曽根総理の参拝であり、いずれも八月十五日である。それぞれ意図するところは正反対であっても、政治的意図が絡んだ参拝であった。他の総理たちの春秋の例大祭への粛々たる公式参拝が中国などから問題として取り上げられた例はない。

 それは八月十五日という日が、この前の戦争を象徴するところから来る。日本の政治家が、それは反戦の誓いのためだと言っても、中国から見れば大東亜戦争を肯定する行動となり、A級戦犯うんぬんの問題もそこから生じる。

≪中国の側にも態度の変化≫

 私がこの問題の決着に希望を持つのは、最近の中国の態度に変化が見られるからである。

 四月のデモ以来日本人の対中感情は悪化し、投資も中国以外に流れる傾向が出てきた。しかし、私の見るところでは、中国はデモのその日から態度が変っている。

 デモのすぐ後に反日デモ禁止の党の意向を表明した。そして、その意向に反して上海、広州のデモが発生して以降は、ほとんどデモに対して戒厳令態勢と言ってよい。もう中国は反日デモはできなくなっている。それは過去十五年間の反日教育、愛国主義運動が成功し過ぎたためであり、一旦火をつけると全国的運動に発展するのは避け難く、それが反政府運動に発展する危険があるからである。

 過去の愛国主義運動そのものにも反省が生まれざるを得ないであろう。七月に再オープンした盧溝橋の記念館から反日のろう人形が姿を消したという。九月三日の抗日戦勝六十周年の胡錦濤の演説は、アメリカ、国民党も含めてかつての対日戦争の同盟者の大同団結を意図したものではあるが、日中二千年の歴史で悪かったのはほんの短い期間だけだったと、従来日本側が使ったせりふを使っている。

 もともと靖国問題は、こんな問題を首脳の相互訪問などと結びつけるべきでないのに、そうしてしまった中国外交のfaux(フォー) pas(パ)(誤った一歩)の結果であり、中国側が何とか始末をつけないと収まらない問題である。

 私はこの論文は中国に向けて書いている。もし、既に八月十五日をやめた小泉総理が秋の例大祭だけに公式参拝し、この前の戦争に特別に言及することがなければ、中国側はそれを譲歩と考えて、それを明言するかどうかは別として、もう矛を収めてはどうだろうか。

≪粛々淡々と行う事が肝要≫

 日本側としては、いわゆる親中派の政治家などが、この妥協の橋渡しなどをすると、また問題が複雑になる。小泉総理が歴代総理たちと同じように粛々淡々と例大祭に公式参拝して、余計なことを言わずに静かに中国側の反応を待てばよい。中国側としては、現在の国内事情からも、外交姿勢の上からも、騒ぎを大きくしようという動機はあまりないように思う。

 もう一つ、国際世論が微妙に変化してきた。従来は中国を批判する論説であっても、同時に、戦争の過去について日本の悔悟を求める戦勝国側としてのステレオタイプがあったが、最近は「もういい。日本は十分に謝罪した。」という論調がチラホラ出てきた。国際世論も、もうこの種の問題を大きく取り上げる気はないように思う。戦没者一般の慰霊ならば、どこの国でもしていることである。

 総理が靖国参拝をすれば、いままでの行きがかり上、まだ若干の国際的波紋はあろうが、やがてそれが消え去れば、それが決着と思う。(おかざき ひさひこ)





『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html



『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

盧溝橋事件の生き残り

いつも貴ブログを興味深く拝見させて頂いています。盧溝橋事件の引き金になった銃弾をどちら側の軍が発射したか、歴史的な論争となっています。偶然、盧溝橋事件の現場に一兵士として参加された方から、私のブログにご連絡を頂きました。実際に最初の銃弾の音をご自分の耳で聞かれた数少ない方です。お時間がございます時にでも、元兵士の方の手記をご覧になって頂ければ幸いです。私も台湾独立を応援しています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盧溝橋事件を現場で経験した元兵士の方から体験談を頂きました

<html><font size="5"> 盧溝橋事件の生存者の方から体験談を頂きました </b></font><font size="3">68年前の1937年に起きた盧溝橋事件の体験者から、このブログにコメントを頂きました。コメントの内容は次の通りです。
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。