background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日台共栄』(日本李登輝友の会発行)の一般定期購読の受け付けが始まりまし

『日台共栄』(日本李登輝友の会発行)の一般定期購読の受け付けが始まりまし
た。これは日本と台湾の問題を考える上で欠かすことのできない優質の情報・オピ
ニオン誌ですので、この機会にぜひお申込みください。

なお同会に入会すれば、毎号無料で受け取ることができます。詳細は同会HP
で。 http://www.ritouki.jp/

                       「台湾の声」編集部

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【お知らせ】日本李登輝友の会では、以前から要望されていた機関誌『日台共栄』
 (隔月・32P)の定期購読制度を、この第9号(10月号)から発足させました。

・購読代 年間3,600円(送料込み)
・振込先 郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」に、「定期購読希望」と書き添
      え、下記の口座にお振り込みください。

 口座番号 00110-4-609117
 加入者名 日本李登輝友の会 

※『日台共栄』の定価を改訂
 第9号(10月号)より、定価を600円(税込)とさせていただきます。

【問合せ】日本李登輝友の会 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
              TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『日台共栄』10月号(第9号)先読み

 日本李登輝友の会が隔月で出している機関誌『日台共栄』の10月号(第9号)
が間もなく刊行されます。その主な内容をご紹介します。

■新企画「巻頭言」 小田村四郎会長「台湾はいつ日本と戦争したのか」

 この10月号から新企画として「巻頭言」が登場しました。この巻頭言は日
台の交流を妨げ、日本人や台湾人に誤解を与えるような言論や実態などを指
摘してゆく趣旨です。記念すべき第1回は小田村四郎会長自ら筆を執り、
「台湾はいつ日本と戦争したのか」と題し、盧溝橋事件勃発記念日の七月七
日に、連戦国民党主席や陳水扁総統が発言したことに異を唱えています。毎
号、執筆者は変わりますが、本会の「主張」を掲載してまいります。

■台湾と私 謝雅梅理事「「日本の若者に台湾のことを伝える」

 連載のリレー巻頭エッセイ「台湾と私」は、エッセイストで大学の先生を
つとめる謝雅梅理事が「日本の若者に台湾のことを伝える」と題して、大学
で日本人学生に台湾のことをどのように伝えているのか、楽しいエピソード
を交えて書いていただきました。

■田久保忠衛副会長「日本における台湾の重要性」
■林建良常務理事「台湾から見た日台関係の重要性」

 田久保忠衛副会長の「日本における台湾の重要性」と林建良常務理事によ
る「台湾から見た日台関係の重要性」の2本は、大好評だった7月31日に本会
主催で開催した神奈川講演会の内容をまとめていただきました。中露大演習
や原油の高騰を上げるまでもなく、日台の安全保障問題はますます重要にな
りつつありますので、重要な論点です。

■柚原正敬編集長「東京書籍の『返答』に再質問状を送付」

 中学校の地図帳問題では東京書籍から「返答」をいただきましたが、納得
できる内容ではありませんでしたので再質問状を送付しています。この問題
について、再質問状を書いた『日台共栄』の柚原正敬編集長が執筆していま
す。日本人に台湾を誤解させる元凶がこの地図問題ですので、徹底的に追究
していきます。

■日台共栄編集部「双十国慶節をなぜ祝うのか」

 この10月10日、日本は「体育の日」ですが、台湾では「双十国慶節」として国
を挙げてお祝いをしています。日本でもお祝いしています。しかし、この双十国
慶節の由来をたどれば、蒋介石政権(占領軍)が持ち込んで台湾人に強制した建
国記念日であることは明らかです。「民主化」「台湾化」「本土化」が声高に叫
ばれるようになっているにもかかわらず、台湾ではなぜこの双十国慶節を祝って
いるのでしょうか。日本から見ると、これはかなり不思議な現象です。そこで、
編集部が「双十国慶節をなぜ祝うのか-中国の『政治神話』から解放されるべき
台湾国民」と題して一石を投じています。

 この他にも、黄文雄常務理事の連載「日台共栄前史」、日台の伝統色が見事に
調和した青森県大間町の天妃(媽祖)祭のレポート(永山英樹理事)や台湾の主権
独立記念日に講演と音楽の夕べ(多田恵理事)のレポートなど、日台交流に関す
る情報が、今号も盛りだくさんです。
           
                       (『日台共栄』編集部)

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://
href="http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文" target="_blank">groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。