background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総選挙後、台湾はどうなるか」  平成16年5月12日

平成16年5月12日

御挨拶/長島昭久   民主党衆議院議員

 講演に先立ち、民主党の長島氏が菅直人代表の辞任(5月10日)に触れ、菅代表にも問題はあったが最後まで説明責任を果たそうとした姿は見事であったこと、三党合意は確かに愚策であったものの、その是非は参院選で国民に問い直すつもりであることを述べ、民主党の理念を守り抜く覚悟を改めて語った。

講師/田久保忠衛 杏林大学教授

「ブッシュ外交と大統領選挙」

田久保氏は、主にイラクへのアメリカの一連の介入について述べた。ソ連なき後中国を警戒していたアメリカだったが、9.11テロで政策が一変、テロリストとテロリスト国家を目の敵にするようになった。テロに対して腰砕けの日本とは訳が違う。一連の捕虜虐待事件は確かに大不祥事で弁解の余地はないものの、中東で虐殺が起こった時には全く無視して、一部軍人の暴走ばかりを攻撃するマスコミの態度は偏りすぎている。アメリカが撤退すればイラクとその石油資源はテロリストに占領されてしまう。中東の石油に頼る日本には死活問題なのだから、そういった論理から自国の路線を確立すべきである、というのが氏の主張である。目先に惑わされず確かな足場を固めよ、という重みのある講演であった。

講師/林建良 世界台湾同協会副会長

「総選挙後、台湾はどうなるか」

 3月20日の総統選挙で敗北した連戦氏は、選挙無効の訴えを起こすという非常識な手に出たが、彼は宋楚瑜氏に踊らされているだけ、と林氏は指摘した。この愚策で連氏の国民党が失墜すれば、宋氏率いる民親党は労せずして中国派の支持者を吸収できる。一方、再選の決まった陳水扁総統は連・宋コンビと戦うために李登輝前総統と手を組んでいるものの、リベラル左派の陳総統(民親党)と保守右派の李前総統は本来相容れない。複雑に塗り分けられた台湾の政治地図は、これからもどう色を変えていくか予想がつかない。しかし、台湾人としての意識-台湾人アイデンティティは確実に成長しつつあり、2008年には従来の中華民国憲法を廃して独自の台湾憲法を制定する予定である。これは憲法改正で揺れる日本にも刺激をもたらさずにはいないだろう。「人生の本舞台はつねに将来にある」という尾崎行雄の言葉を胸に独立運動を進める林氏の言葉には、祖国の将来を見守っていこうとする決意が感じられた。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

合意

「総選挙後、台湾はどう [ニュースより]それより気になる BSE問題その2 今日の学習記録。 大阪ドームの法的整理検討 インタビュアーとインタビュウィー。 サイン&トレードか? 「上がるから買う、買 憲法改正国民投票法案提出を見送り 普天間移設協議物別れ-戦略なき
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。