background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台日関係近況」 平成17年7月13日 

平成17年7月13日

「台日関係近況」

講師/許 世楷 台北駐日経済文化代表処代表(大使)

 中国の軍事費はここ10年来拡大し続けており、また天安門事件以来禁止となっていた中国への武器輸出も解禁されようとしている。そんな中、日本の町村外相は「日米安保の適用範囲に台湾も含まれる」と明言した。靖国神社参拝への干渉や、原子力潜水艦の領海侵犯、海底油田採掘、反日デモなどで日本でも対中警戒意識が高まりつつある。これまでは「台湾有事の際に日本は協力するか否か」が問題であったが、台湾より先に日本が中国の標的になる可能性も出てきているのだ。中国の脅威の前に、国際情勢は大きく変化しつつある。70年代の冷戦時代のままの日台関係に今こそ終止符を打ち、日本と台湾との間に正常な国交を結ぶ時期に来ている、と許氏は訴えた。

「台湾の最新情勢」

講師/林 建良 世界台湾同郷会副会長

 林氏は、7月16日に迫った台湾の国民党主席選挙について述べた。自分で企業経営を行い数兆円規模の資産を持つ「世界一金持ちの党」、国民党の党首は台湾の国政の上で大きな影響力を持つ。注目を集めているのはハーバード大学出身で端正な顔立ちの馬英九候補だが、もし馬氏が当選すれば台湾の親中傾向が一層高まるという予想がなされた。
 後日の投開票では馬氏が対立候補を大差で破って当選した。結果として大陸への統一を求める声が高まることが予想される。しかし林氏の強調するとおり国内の「台湾人」としての意識は年々高まりつつあり、選挙結果がどうなろうと台湾独立の流れは止まらないだろう。以後も台湾の動向には一層の注意が必要である。


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外相

[中国]台湾総統がUAE訪問 『マンガ嫌韓流』(4 パール判事の日本無罪論 24 agosto ビザ免除の裏には韓国人 「台日関係近況」平成17 Re: 朱鎔基首相TBS出演 [リビア] 侵略に対する体制整備を急げ 「ポスト小泉」安倍氏トップ、 田中眞紀子外相の「中国
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。