background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.台湾人を冒涜し続ける日本政府

1.台湾人を冒涜し続ける日本政府


 山田  台湾(中華民国)のパスポート表紙の英語表記は、現在の
 「REPUBLIC OF CHINA」が、11月から
     「TAIWAN」になります。

     また、台湾外交部(外務省)はこれまでの「台北経済文化
     代表処」という事実上の大使館に「台湾」の名称を付ける
     と発表しました。

     この他、行政院(内閣)新聞局で使っているロゴ、大陸
     (中国)地図のデザインを消すなど、中国色を排除し、
     「台湾」名を前面に打ち出しました。国歌歌詞の変更も。

 林建良 パスポートに「台湾」と併記されることについて、
     「中国時報」紙がこれについて世論調査を行った結果、
     賛成が圧倒的に多かった。中共は「台湾独立の動き」と
     して反撥しています。
 
 山田  昨年8月5日、在日台湾同郷会の林建良会長が中心になっ
     て、外国人登録証明書の国籍欄が「中国」とあるのは間違
     いで「台湾」記載に変更を求めて集会、デモなどで日本の
     法務省に訴えましたね。

     台湾は中国と分別する大きな流れが出てきたと思います。

 林建良 私が留学生として来日した時、外登証の国籍欄が「中国」
     となっていたので驚いた。私達は台湾人であって中国人で
     はない。

     実際、社会生活面で非常に不利益を被っています。例を挙
     げれば限りがありませんが、「中国」と書いていることに
     よって、警察官の我々を見る眼は厳しく、アパートを借り
     ることも段々、難しくなってきています。

     我々は中国のような領土的野心を持っている国民と同一視
     されたくありません。この理不尽に対して、すぐに地方自
     治体の窓口に抗議をしましたが、聞き入れて貰えなかった。
 
 山田  それは、極めて屈辱的なことですね。法務省は日本政府が
     承認していない中華民国、台湾の名称の表記は不可能との
     見解を表明している。

     台湾人の伊藤潔杏林大教授は、東ティモールがインドネシ
     アからの独立を住民投票で決定した際に、旧宗主国である
     ポルトガルが道義問題としてインドネシア政府にその独立
     承認を働きかけた。

     同じように、日本にも台湾に対し道義的な手を差し伸べて
     貰いたいと訴えています。
 
     法律家の柳川昭二氏は、ポツダム宣言、日中共同声明、
     さらに国際人権法の観点から見ても日本の外登証の国籍欄
     がいかに曖昧であるかと指摘しています。

     それに、台湾人の国籍を「中国」とすることは、国際人権
     規約にも反する恐れがあると言います。

 林建良 台湾を中国の一部と見做している日本と同様の欧米諸国で
     は、殆どが「TAIWAN」と表記しています。中国に
     へつらっているどんな国でも「台湾」として認めています。

     最初に中国を認めた英国でさえも、「TAIWAN・
     ROC」と記されています。

 山田  因みに中国については。

 林建良 「CHINA・PRC」です。ベルギーの住民票には、
     台湾人の国籍を「台湾共和国」と書かれています。

     このことについて、殆どの日本人は知らないでしょうが、
     日本だけが「台湾」と表わさない。

     昨年7月12日には、台湾政府の外交部も日本政府に改正
     の申し入れ書を提出しています。

 山田  これについて、日本政府の反応はどうですか。

 林建良 全くありません。

     私は先月、内閣改造で外交部長(外相)に就任した簡又新
     さんにも、日本政府が改善するように努力してくださいと
     申し入れました。これから、台湾立法院(国会)でも取り
     上げて貰うよう働き掛けます。

     外国人犯罪問題などでも、身分がはっきりすれば事件解決
     にプラスとなります。日本にとって何等不利益を生ずる
     ことはありませんので、日本の国会議員にも、この問題を
     重視して頂くよう働き掛けます。

 山田  日本政府は台湾の人々の心情を酌み取って、現実に即した
     名称に変更すべきです。何等難しいことではない筈。
 
 林建良 先日、来日した台湾総統府資政(最高顧問)の姚嘉文さん
     も、これからは台湾正名運動を強力に推進しようと述べて
     いました。いつまでも中国と誤解されることはいけないと。

 山田  東京外大の前学長、中嶋嶺雄さんは、2008年の北京
     五輪迄が国名変更の絶好のチャンスだと言っています。

柚原正敬
     我々日本人も、法務省に正しい判断を仰いでいこうと思い
     ます。

     既に「台湾研究フォーラム」の

柚原正敬代表(写真右)
永山英樹事務局長

はこの問題に関して精力的に取り組んでおります。



2.田中眞紀子はどこまで台湾人を侮辱するのか!


 林建良 柚原さんは、地方自治体の窓口の職員がこの問題に対し
     知識が不足し、いかに日本の教科書で台湾が軽視され記述
     が少ないか、日本人の台湾への認識不足に関する根本的な
     問題だ、と指摘しています。

     先日(1月9日)、台湾研究フォーラムと、私共の在日
     台湾同郷会のメンバー約80名で、外務省に抗議に押し掛
     けました。

田中眞紀子
     田中眞紀子外相(写真右)が昨年12月23日付
     「日経新聞」のインタビューで台湾海峡両岸(中台統一)
     問題について、

     「台湾は(中国と)同一民族だから、将来、香港みたいに
      収斂されると思う」

     「武力政策ではなく、時間が掛かって世代が入れ替わる
      ことで、上手に収斂していくだろう」と語った。

     これは台湾併呑を狙う中国の野望を代弁したもので、現状
     を無視した極めて悪質な発言です。

 山田  台湾は、香港の場合と同じという認識は大きな誤りだ。
     眞紀子外相は何も分かっていない。

 林建良 香港は英国植民地だったのであって、只、それが中国に
     返還されただけ。

     一方、台湾は現在、どこの国の植民地でもありません。
     ましてや中華人民共和国の統治は一度たりとも受けたこと
     はない。これは世界中が知っていることです。

 山田  誰から見ても、台湾は独立した主権国家であることは明々
     白々だ。我国政府がこれを認める、否かに拘らず、これは
     否定しようのない厳然たる事実です。

 林建良 台湾が中国の一部という見解の一つに、よく同一民族だか
     らと言う人がいますけれど、これは間違いです。例えば、
     同一民族―漢民族国家のシンガポールは中国とは別々の
     主権国家として認められています。台湾と中国の関係も
     それと同じです。

 山田  台湾は以前から独立していることは事実です。

     終戦を迎えた我国が昭和27年の桑港平和条約で台湾と
     澎湖諸島の領有権を放棄したので、その帰属が定められて
     いませんが、台湾はその時、実質、自決権を得たとみます。

     尤も、中華民国は1911年の辛亥革命の翌年、国家が
     樹立されて以来、ずうっと独立していたのだ、とも言って
     います。

 林建良 その台湾が、なぜ中国に収斂され、国家主権が奪われると
     言うのか。田中外相の中国の侵略を支持、容認する発言は
     決して許せません。

 山田  自民党の山崎拓幹事長も

     「政府の方針を越えた内政干渉的な発言は慎むべき」

     と厳しく外相を批判しました。

     台湾では12月26日、呉子丹外交次長が日本交流協会の
     山下新太郎台北事務所長と会見して正式抗議しました。

     翌日には、台湾独立建国連盟の黄昭堂主席や北社、台湾
     教授会など本土派22団体の関係者が交流協会に押し掛け
     て外相発言の撤回、謝罪、罷免を求めて猛抗議を繰り広げ
     ました。

 林建良 羅福全駐日代表も交流協会を訪ね、後藤利雄理事長に抗議
     文を渡しました。こういった発言は、日本国民の台湾への
     認識をミスリードしてしまい、更に中国を勢いづかせる
     ことになる。

     我々台湾人の尊厳と利益を著しく侵害、冒涜する越権発言
     は何が何でも許せません。

 山田  明らかに台湾内政に干渉する行為だ。台湾の将来は台湾人
     が決断するべきことで、田中眞紀子がとやかく言うべき
     ことではない。余りにも無神経だ。

     田中はその時、李登輝前総統の訪日問題、所謂査証発給に
     ついても

     「簡単にイエスと言える状態ではない」

     「これは(日中関係の足を引っ張る)頭痛のタネ」

     とも述べた。
李登輝

     昨年5月7日の日中外相電話会談の際にも、李登輝前総統
     へ今後、ビザを出さないと唐家○(王ヘンに旋)外相に約束
     している。これは同19日発覚しました。

     日本政府は昭和47年の日中共同声明で、中国政府が中国
     の唯一の合法政府であり、台湾が中国領土の不可分の一部
     であるとしています。国際的にもそうなっていますが、
     勿論、これは大きな間違いですが。

     しかし、我国は台中統一問題に関しては、台中両国の平和
     的な交渉による解決を求め、実際には中立を保っています。

 林建良 田中外相は、どこまで台湾人を侮辱するのか。我々の憤り
     は納まりません。

 山田  片や中国外務省の章啓月副報道局長は、田中発言を高く
     評価、歓迎する談話を発表した。

     眞紀子は「中国の傀儡」と言われ、常に中国寄りの姿勢を
     貫いており、日本と台湾の“害毒”の何ものでもない。

     田中は、外相就任間もない5月8日、米国のMD(ミサイ
     ル防衛)構想の説明に来日したアーミテージ国務副長官と
     の会談を、土壇場でキャンセルした。

     中国がこの米MD構想に猛反撥しており、中国側に与みし
     たのだ。

     続いて5月25日に北京で開かれたASEM(アジア欧州
     会議)で、伊・独両国外相に米国のMD計画を巡って米国
     に自重を求めることを呼び掛けた。これも6月1日に発覚
     した。

 林建良 中国に軸足を置いているから、反米姿勢が露わになってく
     る。

     それに眞紀子外相は嘘が多すぎる。

     アーミテージ会見キャンセルで、理由を新聞記者から問わ
     れると

     「断れない私用があった」と述べていたが、国会では

     「会見は調整中のものだったのでキャンセルではない」

     「心身共にパニックだった(のでキャンセルした)」

     とコロコロと変わる。

     ASEMで米MD計画とブッシュ大統領を批判したことが
     報道されると

     「そうした発言は行っていない」とする一方、

     「外務省事務方が発言内容をリークした」

     と、これもまた矛盾することを言っている。

 山田  8月15日の小泉首相の靖国神社参拝を巡り、7月の日中
     外相会談で唐外相は中止要請を強要した。

     田中は中国外相に小泉首相の立場を説明することもなく、
     相手の言い分を唯々諾々として受け入れ、帰国後、すぐ
     首相に中止を迫った。

     これでは中国の外相であって、日本の外相ではありません
     ね。

 林建良 このようなまともな外交が出来ない、只のオバさんを、
     国民の支持率が高いからということで平和惚けのマスコミ
     は持ち上げる。コメンテーター、政治評論家も皆、マキコ
     現象に惑わされている。

     政治がワイドショー化してしまった。一般国民、特に主婦
     層の受けがいいから、田中眞紀子の反対側に立つ者は全て
     悪者扱いにされる。

 山田  眞紀子更迭直後、小泉内閣の支持率は急落しているらしい。

     私も「国民新聞」を発行していますと、読者から記事、
     論評について賛否双方の意見が寄せられます。

     中には少数ですが「田中外相を叩くな」というものもあり
ました。この個性の強いオバさんにかなり毒されています。

     更迭は寧ろ遅すぎた。

 林建良 更迭後、大衆人気のある田中眞紀子を取り込もうというこ
     となのか、民主党、自由党までが急接近しているようです。

     国民は自分達がこの一女性に愚弄されていることに全く気
     がついていない。

     先の大東亜戦争の時、日本海軍に志願した台湾人元日本兵
     の親睦団体、台湾予科練会は次の抗議声明を発表しました。

     「田中マキコの言論を耳にした時、私達台湾人は、日本が
      起こした第二次世界大戦で死んだ多くの台湾人はなんだ
      つたのでせう、

      特攻隊員として頑張つた私達も又何だつたのでせう、

      田中マキコ及びその言論に同調する日本人に問ひたい、

      第二次大戦時、共に必死になつて戦場を潜つて来た此の
      台湾人戦友にもう“情”は無いのですか。

      必要な時には頭を撫でて手なづけ、使い終わるとゴミ箱
      へポンと投げ棄てるその卑劣な根性、日本政府を代表す
      る外相としてそれで宜いのですか」と。



3.薄っぺらな政府を戴いてさまよう日本


 山田  中国の唐外相は、2月8日、訪中した保守党の野田毅党首
     に

     「田中前外相に、落ち着いたら、骨休めに中国に来てくだ
      さい、と伝えて欲しい」
小泉純一郎

     とのメッセージを託した。

     情ないことですが、国民の政治意識の低さと、小泉首相の
     ポピュリズム(衆愚迎合型)政治の表われであり、このよ
     うな薄っぺらな政府を戴いた日本丸は、一体、何処へ行っ
     てしまうのか心配です。

 林建良 日本国民には気の毒です。

     外交面では、共通した価値観である自由と民主主義を保持
     する日米台による同盟関係を強化すれば、東アジア地域は
     安定していくと確信します。
 
 山田  游錫○(「方」2つに下に「土」)行政院長(首相)は就任
最初の外交方針として、対日関係の強化に取り組んでいく
     と明言しました。

 林建良 游院長は総統府秘書長(官房長官)の時、総統府の対日
     工作小組のトップで、日台関係を重視してきました。

     この度の訓示で

     「日本は重要な隣国だが、日本と我々は対等な関係には
      ない。公平で互恵的な相互関係を築くよう努力し、
      日米台の三角関係を強化して欲しい」と要望しました。

 山田  この台湾側の要望に応えるために、日本政府は中国とある
     程度の距離をおいて、我国と台湾の安全保障問題を真剣に
     取り組んでいくことが肝要であることは論を俟たないと思
     います。

     台湾が中国にとられてしまうと、東支那海は中国の内海と
     なってしまい、我国のオイルルートなどに懸念を生じてし
     まいます。

 林建良 台中、日中それぞれの関係に於ける懸案を払拭するにも、
     先ず、我々は「台湾」という名称を国際間で確立させるこ
     とが、急務であると考えます。

 山田  本日はどうも有難うございました。





関連記事

 山田  台湾(中華民国)のパスポート表紙の英語表記は、現在の
 「REPUBLIC OF CHINA」が、11月から
     「TAIWAN」になります。

     また、台湾外交部(外務省)はこれまでの「台北経済文化
     代表処」という事実上の大使館に「台湾」の名称を付ける
     と発表しました。

     この他、行政院(内閣)新聞局で使っているロゴ、大陸
     (中国)地図のデザインを消すなど、中国色を排除し、
     「台湾」名を前面に打ち出しました。国歌歌詞の変更も。

 林建良 パスポートに「台湾」と併記されることについて、
     「中国時報」紙がこれについて世論調査を行った結果、
     賛成が圧倒的に多かった。中共は「台湾独立の動き」と
     して反撥しています。
 
 山田  昨年8月5日、在日台湾同郷会の林建良会長が中心になっ
     て、外国人登録証明書の国籍欄が「中国」とあるのは間違
     いで「台湾」記載に変更を求めて集会、デモなどで日本の
     法務省に訴えましたね。

     台湾は中国と分別する大きな流れが出てきたと思います。

 林建良 私が留学生として来日した時、外登証の国籍欄が「中国」
     となっていたので驚いた。私達は台湾人であって中国人で
     はない。

     実際、社会生活面で非常に不利益を被っています。例を挙
     げれば限りがありませんが、「中国」と書いていることに
     よって、警察官の我々を見る眼は厳しく、アパートを借り
     ることも段々、難しくなってきています。

     我々は中国のような領土的野心を持っている国民と同一視
     されたくありません。この理不尽に対して、すぐに地方自
     治体の窓口に抗議をしましたが、聞き入れて貰えなかった。
 
 山田  それは、極めて屈辱的なことですね。法務省は日本政府が
     承認していない中華民国、台湾の名称の表記は不可能との
     見解を表明している。

     台湾人の伊藤潔杏林大教授は、東ティモールがインドネシ
     アからの独立を住民投票で決定した際に、旧宗主国である
     ポルトガルが道義問題としてインドネシア政府にその独立
     承認を働きかけた。

     同じように、日本にも台湾に対し道義的な手を差し伸べて
     貰いたいと訴えています。
 
     法律家の柳川昭二氏は、ポツダム宣言、日中共同声明、
     さらに国際人権法の観点から見ても日本の外登証の国籍欄
     がいかに曖昧であるかと指摘しています。

     それに、台湾人の国籍を「中国」とすることは、国際人権
     規約にも反する恐れがあると言います。

 林建良 台湾を中国の一部と見做している日本と同様の欧米諸国で
     は、殆どが「TAIWAN」と表記しています。中国に
     へつらっているどんな国でも「台湾」として認めています。

     最初に中国を認めた英国でさえも、「TAIWAN・
     ROC」と記されています。

 山田  因みに中国については。

 林建良 「CHINA・PRC」です。ベルギーの住民票には、
     台湾人の国籍を「台湾共和国」と書かれています。

     このことについて、殆どの日本人は知らないでしょうが、
     日本だけが「台湾」と表わさない。

     昨年7月12日には、台湾政府の外交部も日本政府に改正
     の申し入れ書を提出しています。

 山田  これについて、日本政府の反応はどうですか。

 林建良 全くありません。

     私は先月、内閣改造で外交部長(外相)に就任した簡又新
     さんにも、日本政府が改善するように努力してくださいと
     申し入れました。これから、台湾立法院(国会)でも取り
     上げて貰うよう働き掛けます。

     外国人犯罪問題などでも、身分がはっきりすれば事件解決
     にプラスとなります。日本にとって何等不利益を生ずる
     ことはありませんので、日本の国会議員にも、この問題を
     重視して頂くよう働き掛けます。

 山田  日本政府は台湾の人々の心情を酌み取って、現実に即した
     名称に変更すべきです。何等難しいことではない筈。
 
 林建良 先日、来日した台湾総統府資政(最高顧問)の姚嘉文さん
     も、これからは台湾正名運動を強力に推進しようと述べて
     いました。いつまでも中国と誤解されることはいけないと。

 山田  東京外大の前学長、中嶋嶺雄さんは、2008年の北京
     五輪迄が国名変更の絶好のチャンスだと言っています。

柚原正敬
     我々日本人も、法務省に正しい判断を仰いでいこうと思い
     ます。

     既に「台湾研究フォーラム」の

柚原正敬代表(写真右)
永山英樹事務局長

はこの問題に関して精力的に取り組んでおります。



2.田中眞紀子はどこまで台湾人を侮辱するのか!


 林建良 柚原さんは、地方自治体の窓口の職員がこの問題に対し
     知識が不足し、いかに日本の教科書で台湾が軽視され記述
     が少ないか、日本人の台湾への認識不足に関する根本的な
     問題だ、と指摘しています。

     先日(1月9日)、台湾研究フォーラムと、私共の在日
     台湾同郷会のメンバー約80名で、外務省に抗議に押し掛
     けました。

田中眞紀子
     田中眞紀子外相(写真右)が昨年12月23日付
     「日経新聞」のインタビューで台湾海峡両岸(中台統一)
     問題について、

     「台湾は(中国と)同一民族だから、将来、香港みたいに
      収斂されると思う」

     「武力政策ではなく、時間が掛かって世代が入れ替わる
      ことで、上手に収斂していくだろう」と語った。

     これは台湾併呑を狙う中国の野望を代弁したもので、現状
     を無視した極めて悪質な発言です。

 山田  台湾は、香港の場合と同じという認識は大きな誤りだ。
     眞紀子外相は何も分かっていない。

 林建良 香港は英国植民地だったのであって、只、それが中国に
     返還されただけ。

     一方、台湾は現在、どこの国の植民地でもありません。
     ましてや中華人民共和国の統治は一度たりとも受けたこと
     はない。これは世界中が知っていることです。

 山田  誰から見ても、台湾は独立した主権国家であることは明々
     白々だ。我国政府がこれを認める、否かに拘らず、これは
     否定しようのない厳然たる事実です。

 林建良 台湾が中国の一部という見解の一つに、よく同一民族だか
     らと言う人がいますけれど、これは間違いです。例えば、
     同一民族―漢民族国家のシンガポールは中国とは別々の
     主権国家として認められています。台湾と中国の関係も
     それと同じです。

 山田  台湾は以前から独立していることは事実です。

     終戦を迎えた我国が昭和27年の桑港平和条約で台湾と
     澎湖諸島の領有権を放棄したので、その帰属が定められて
     いませんが、台湾はその時、実質、自決権を得たとみます。

     尤も、中華民国は1911年の辛亥革命の翌年、国家が
     樹立されて以来、ずうっと独立していたのだ、とも言って
     います。

 林建良 その台湾が、なぜ中国に収斂され、国家主権が奪われると
     言うのか。田中外相の中国の侵略を支持、容認する発言は
     決して許せません。

 山田  自民党の山崎拓幹事長も

     「政府の方針を越えた内政干渉的な発言は慎むべき」

     と厳しく外相を批判しました。

     台湾では12月26日、呉子丹外交次長が日本交流協会の
     山下新太郎台北事務所長と会見して正式抗議しました。

     翌日には、台湾独立建国連盟の黄昭堂主席や北社、台湾
     教授会など本土派22団体の関係者が交流協会に押し掛け
     て外相発言の撤回、謝罪、罷免を求めて猛抗議を繰り広げ
     ました。

 林建良 羅福全駐日代表も交流協会を訪ね、後藤利雄理事長に抗議
     文を渡しました。こういった発言は、日本国民の台湾への
     認識をミスリードしてしまい、更に中国を勢いづかせる
     ことになる。

     我々台湾人の尊厳と利益を著しく侵害、冒涜する越権発言
     は何が何でも許せません。

 山田  明らかに台湾内政に干渉する行為だ。台湾の将来は台湾人
     が決断するべきことで、田中眞紀子がとやかく言うべき
     ことではない。余りにも無神経だ。

     田中はその時、李登輝前総統の訪日問題、所謂査証発給に
     ついても

     「簡単にイエスと言える状態ではない」

     「これは(日中関係の足を引っ張る)頭痛のタネ」

     とも述べた。
李登輝

     昨年5月7日の日中外相電話会談の際にも、李登輝前総統
     へ今後、ビザを出さないと唐家○(王ヘンに旋)外相に約束
     している。これは同19日発覚しました。

     日本政府は昭和47年の日中共同声明で、中国政府が中国
     の唯一の合法政府であり、台湾が中国領土の不可分の一部
     であるとしています。国際的にもそうなっていますが、
     勿論、これは大きな間違いですが。

     しかし、我国は台中統一問題に関しては、台中両国の平和
     的な交渉による解決を求め、実際には中立を保っています。

 林建良 田中外相は、どこまで台湾人を侮辱するのか。我々の憤り
     は納まりません。

 山田  片や中国外務省の章啓月副報道局長は、田中発言を高く
     評価、歓迎する談話を発表した。

     眞紀子は「中国の傀儡」と言われ、常に中国寄りの姿勢を
     貫いており、日本と台湾の“害毒”の何ものでもない。

     田中は、外相就任間もない5月8日、米国のMD(ミサイ
     ル防衛)構想の説明に来日したアーミテージ国務副長官と
     の会談を、土壇場でキャンセルした。

     中国がこの米MD構想に猛反撥しており、中国側に与みし
     たのだ。

     続いて5月25日に北京で開かれたASEM(アジア欧州
     会議)で、伊・独両国外相に米国のMD計画を巡って米国
     に自重を求めることを呼び掛けた。これも6月1日に発覚
     した。

 林建良 中国に軸足を置いているから、反米姿勢が露わになってく
     る。

     それに眞紀子外相は嘘が多すぎる。

     アーミテージ会見キャンセルで、理由を新聞記者から問わ
     れると

     「断れない私用があった」と述べていたが、国会では

     「会見は調整中のものだったのでキャンセルではない」

     「心身共にパニックだった(のでキャンセルした)」

     とコロコロと変わる。

     ASEMで米MD計画とブッシュ大統領を批判したことが
     報道されると

     「そうした発言は行っていない」とする一方、

     「外務省事務方が発言内容をリークした」

     と、これもまた矛盾することを言っている。

 山田  8月15日の小泉首相の靖国神社参拝を巡り、7月の日中
     外相会談で唐外相は中止要請を強要した。

     田中は中国外相に小泉首相の立場を説明することもなく、
     相手の言い分を唯々諾々として受け入れ、帰国後、すぐ
     首相に中止を迫った。

     これでは中国の外相であって、日本の外相ではありません
     ね。

 林建良 このようなまともな外交が出来ない、只のオバさんを、
     国民の支持率が高いからということで平和惚けのマスコミ
     は持ち上げる。コメンテーター、政治評論家も皆、マキコ
     現象に惑わされている。

     政治がワイドショー化してしまった。一般国民、特に主婦
     層の受けがいいから、田中眞紀子の反対側に立つ者は全て
     悪者扱いにされる。

 山田  眞紀子更迭直後、小泉内閣の支持率は急落しているらしい。

     私も「国民新聞」を発行していますと、読者から記事、
     論評について賛否双方の意見が寄せられます。

     中には少数ですが「田中外相を叩くな」というものもあり
ました。この個性の強いオバさんにかなり毒されています。

     更迭は寧ろ遅すぎた。

 林建良 更迭後、大衆人気のある田中眞紀子を取り込もうというこ
     となのか、民主党、自由党までが急接近しているようです。

     国民は自分達がこの一女性に愚弄されていることに全く気
     がついていない。

     先の大東亜戦争の時、日本海軍に志願した台湾人元日本兵
     の親睦団体、台湾予科練会は次の抗議声明を発表しました。

     「田中マキコの言論を耳にした時、私達台湾人は、日本が
      起こした第二次世界大戦で死んだ多くの台湾人はなんだ
      つたのでせう、

      特攻隊員として頑張つた私達も又何だつたのでせう、

      田中マキコ及びその言論に同調する日本人に問ひたい、

      第二次大戦時、共に必死になつて戦場を潜つて来た此の
      台湾人戦友にもう“情”は無いのですか。

      必要な時には頭を撫でて手なづけ、使い終わるとゴミ箱
      へポンと投げ棄てるその卑劣な根性、日本政府を代表す
      る外相としてそれで宜いのですか」と。



3.薄っぺらな政府を戴いてさまよう日本


 山田  中国の唐外相は、2月8日、訪中した保守党の野田毅党首
     に

     「田中前外相に、落ち着いたら、骨休めに中国に来てくだ
      さい、と伝えて欲しい」
小泉純一郎

     とのメッセージを託した。

     情ないことですが、国民の政治意識の低さと、小泉首相の
     ポピュリズム(衆愚迎合型)政治の表われであり、このよ
     うな薄っぺらな政府を戴いた日本丸は、一体、何処へ行っ
     てしまうのか心配です。

 林建良 日本国民には気の毒です。

     外交面では、共通した価値観である自由と民主主義を保持
     する日米台による同盟関係を強化すれば、東アジア地域は
     安定していくと確信します。
 
 山田  游錫○(「方」2つに下に「土」)行政院長(首相)は就任
最初の外交方針として、対日関係の強化に取り組んでいく
     と明言しました。

 林建良 游院長は総統府秘書長(官房長官)の時、総統府の対日
     工作小組のトップで、日台関係を重視してきました。

     この度の訓示で

     「日本は重要な隣国だが、日本と我々は対等な関係には
      ない。公平で互恵的な相互関係を築くよう努力し、
      日米台の三角関係を強化して欲しい」と要望しました。

 山田  この台湾側の要望に応えるために、日本政府は中国とある
     程度の距離をおいて、我国と台湾の安全保障問題を真剣に
     取り組んでいくことが肝要であることは論を俟たないと思
     います。

     台湾が中国にとられてしまうと、東支那海は中国の内海と
     なってしまい、我国のオイルルートなどに懸念を生じてし
     まいます。

 林建良 台中、日中それぞれの関係に於ける懸案を払拭するにも、
     先ず、我々は「台湾」という名称を国際間で確立させるこ
     とが、急務であると考えます。

 山田  本日はどうも有難うございました。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。