background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人と台湾の建国運動 2003/10/22

日本人と台湾の建国運動
2003/10/22
林建良/世界台湾同協会副会長

月刊日本11月号掲載

さる9月6日に台北市で行われた、国名を「中華民国」から「台湾」に正す台湾正名運動デモ15万人が参加、日本人も約300人ほど参加した。日本人は台湾の政治に無関心というイメージが台湾では強いので、日本人の応援団が注目を引き、日本応援団を見た台湾人の多くは拍手し「アリガトウ」と歓声を上げた。当夜、李登輝前総統は日本応援団をねぎらう晩餐会で、一卓ごとの参加者に杯をあげて謝意を表した。翌日、日本応援団が帰国する際、台湾人に敬愛されている長老教会総幹事の羅栄光牧師と総統府国策顧問の方仁恵氏は、少しでも台湾人の感謝の意を知ってもらいたい、と宿泊先のホテルまで見送りに来た。一団が空港にいく途中、呂秀蓮副総統は空港近くに場を設けて、正名運動に参加した日本人にお礼を述べた。少数の親中国統一派は別であるが、大多数の台湾人は日本人の応援に感謝している。もっと深いところで、台湾人は日本人が台湾の建国運動に協力してくれることを期待しているのだ。

日本人の中には台湾の正名運動への参加は、他国に対する内政干渉になるのではないか、との見方もあるが、これは戦後の日本が如何に台湾に無関心であったかの現れでもある。かつて日本の領土だった台湾は、終戦後、連合国総司令官マッカーサー元帥の一般命令第一号によって、蒋介石軍に占領された。1949年、腐敗しきった中国国民党政権は中国共産党軍との戦いに敗れて中国から追い出され、台湾に逃げ込み、そのまま居座ったのである。戦後処理の根拠となる対日平和条約(サンフランシスコ講和条約)は、日本の台湾に対する主権の放棄を定めたが、台湾の帰属については全く触れていない。これが台湾主権未定論の根拠である。国連憲章や国際人権規約に定められている人民自決の原則から、台湾の将来を決定する権利を持っているのは台湾の住民だけであることは明白であるが、蒋介石独裁政権の恐怖政治の下では、台湾人は迫害から逃れることに精いっぱいで、自決権を行使できる状態ではなかった。それが尾を引いて、台湾の国際法上の地位は未だに蒋介石政権「中華民国」の占領状態が続いているのだ。1988年、蒋介石の後を継いだ蒋経国の死去によって、台湾人の李登輝氏が副総統から総統に昇格したが、中国の威嚇と蒋介石と一緒に台湾へきた「中国人」の抵抗によって、「中華民国」による占領状態に終止符を打つことはできなかった。台湾の戦後処理はまだ終わっていないのである。つまり、台湾は国際的に認知された主権独立国家ではない。台湾人が人民自決権を行使するまで、台湾の法的地位は決定されないのだ。台湾独立を綱領に掲げる民進党の陳水扁氏が「中華民国」総統の座についたが、未だに「中華民国」の虚構を廃止できない状態である。台湾は実質的には独立国家であるが、領土主権が中国全土に及ぶとする中華民国体制の下では、国際社会の平等な一員になることはできないし、台湾併合の野心を持つ中国に、「統一」の名分を与えているのだ。中国が強力になればなるほど、中華民国体制の廃棄は困難になる。だからこそ、台湾人は一日も早く自決権を行使して、台湾の独立国家としての法的地位を確立しなければならないのだ。

日本のような古くからの独立国と違って、新たに誕生する独立国家には他国の理解と支援が不可欠である。200年前のアメリカの独立にせよ、最近の東チモールの独立にせよ、他国の支持と介入が独立成功の大きな要因であった。新しい国の誕生は、決してその国だけの問題ではない。それによって地政学的な変動もあり、バランス・オフ・パワーも大きく変わるのだ。台湾の将来に深く関わっているパワーは、少なくとも五つ存在している。その五つのパワーとは、台湾の主権を放棄した元宗主国の日本、現実には存在しない「中華民国」を支えている台湾の「統一派」と中国、台湾関係法を制定して台湾の防衛を自らの義務にしているアメリカと、台湾の主権を有する台湾住民である。その台湾住民の中で、中国の軍事介入を恐れて現状維持を望んでいる人びとが約4割を占め、台湾を新に建国すべきだと主張する独立建国派も約4割であるが、正名運動の推進によって独立建国派が急速に伸びている。李登輝前総統は8月23日の台湾正名運動決起大会で、2008年まで国号を「中華民国」から「台湾」に改めるべきだと明言し、陳水扁総統も9月28日の民進党第17回党大会で2006年までに住民投票によって台湾の新憲法を制定すべきだと公言した。台湾共和国憲法を制定して中華民国憲法を廃棄すれば、台湾は新生国家として新しい出発ができるのだ。

台湾の建国運動は、日本にとっても決して他人事ではない。日本は台湾の元宗主国として、台湾の主権を放棄しただけで責任がなくなったわけではなかろう。台湾人が自決権を行使できるよう、国際社会に訴え、元同胞である台湾人の基本的人権を擁護する道義的責任があるのではなかろうか。しかし、戦後の日本は台湾人の基本的人権を擁護するどころか、台湾の敵の中国に味方しているのだ。もともと台湾正名運動は、在日台湾人の外国人登録証の国籍欄に日本政府が「中国」と記入することを強制していることに抗議して、それを「台湾」に改めるためはじめた運動なのだ。元同胞の台湾人の国籍を、台湾人の尊厳を無視して「中国」とすることは、中国に媚を売る以外のなにものでもない。このような強者に媚び、弱者に威張る日本政府の姿勢は、台湾人として堪え難く醜悪に見える。幸い、日本人のサムライ精神が完全に消え去ったわけではない。この日本政府の醜悪さを見かねて、在日台湾人と一緒に立ち上がった正義感を持つ日本人も多数いる。在日台湾同郷会が2001年6月に屈辱的な国籍記載を改める「正名運動」を開始した時から、台湾研究フォーラム(柚原正敬代表)を中心とする多数の親台湾的日本人が協力、共闘してくれている。

台湾の建国には、歴史の経緯からみても、安全保障の見地からみても、日本の支持が不可欠である。人権問題に国境はなく、内政干渉問題もない。元宗主国である日本の場合は、当事者の一国として台湾の建国運動への協力は大義名分の立つ行為である。実際、台湾の独立建国運動に人生を捧げ、台湾人に感謝され、尊敬されている日本人がいる。台湾独立建国聯盟の指導者の一人である宗像隆幸氏はまさにその代表である。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

討論番組

週末になると政治やら教育やらの討論番組が多くなってきますね。こういう討論番組を見ると、どうしてみんな勝手にしゃべりまくってんだろうと思う。しゃべりたい人は黙って挙手!司会の人にさされた人だけがしゃべって、周りの人は黙って聞く!!ってどうしてできないんだろ
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。