background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞友の会・第三回特別講演会 5月10日((土)

【ご案内】 5月10日(土)、産経新聞友の会・第三回特別講演会  
         
 日本の課題と産経新聞の「主張」について

 講師 産経新聞社 取締役論説委員長 千野境子


メディアの発達によって、世界のニュースが瞬時に伝わるようになりましたが、
 大事なことは、そのニュースが真実であるか否かを知ることであります。

 「第3回・青森産経新聞友会特別講演会」は、産経新聞論説委員長千野境子氏に、
 国民に真実の報道を伝えることを使命にしている産経新聞社の「主張」などについ
て語って頂くことにしました。

産経新聞の読者でない方の参加も歓迎いたします。ご気軽にご参加下さい。
  尚、講演終了後は講師を囲んで懇親会を開催しますが、事前に申し込まれた方の
みとさせていただきます。

懇親会に参加される方は  
実行委員会 017-741-4150 (渋谷)迄 FAXでお申込み下さい。 
(締切り4月30日・先着30名まで)


                     
千野境子(ちの きょうこ)氏プロフイル

              1967年、早稲田大学第一文学部卒業後産経新聞社に入社
              マニラ特派員・ニューヨーク支局長・外信部長・
              シンガポール支局長などを経て2002年、大阪特派員兼論説委員
              2005年、東京本社論説委員・2006年から現職
              東南アジア報道で、1997度ボーン上田記念国際記者賞を受賞




* 日 時 5月10日(土)午後1時30分開場、午後2時開演
* 開 場 青森駅前・アウガ5階AV多機能ホール
* 参加費 無料
* 懇親会 講演後の講師を囲んだ懇親会の会費3000円は当日

主催 青森産経新聞友の会 
共催 産経新聞社・北東北産経会 
後援 青森商工会 


講師のコメント
  
インターネットや携帯電話の登場は、新聞の世界にも大きな影響を与えています。人々は、これ
 ら新しいメディアを通してニュースを瞬時に知るようになり、若い世代を中心に深刻な活字や新聞
 離れが指摘されています。

 しかし深い思索に、活字媒体はもっとも相応しいと同時に不可欠です。産経新聞の論説委員たち
は「主張」を世界の動向や日本の現状や課題を考えるための最高のリソースとすべく、日夜取り組
んでいます。

 産経新聞の「主張」はどのように生まれ、日々の「主張」はどのように作られるのか、また他社
の社説との違いは、あるいは産経新聞が始めた「社説検証」のチャレンジの背景とは等など「主張」の全てに迫ります。

 「主張」は日々の出来事から日本が直面する中長期的な課題まで、さまざまなテーマを取り上げ
ます。さらに産経新聞の考える「日本の課題」についても取り上げたいと思います。

レジメ

・ 大変化:新聞界を取り巻く状況



・ 新聞が勝ち残るためには



・ 「主張」の誕生



・ 「主張」はこうして作られる。その舞台裏



・ オンリーワンの新聞



・ 「社説検証」というチャレンジ



・ 日本の課題




スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。