background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漢文】不要消費台湾意識 「台湾之声」編集長 林建良

【漢文】不要消費台湾意識

2008年1月15日自由時報より転載

            「台湾之声」編集長 林建良

 選挙的翌日、日本的産経新聞把民進党的敗因解釈為「台湾人
選択了経済、不要台湾意識」。筆者当日即在「台湾之声」上提
出反論、指出此次的敗因不是台湾人放棄台湾意識、相反地、是
因為民進党只把台湾意識當成選挙工具、汚蔑了台湾意識所致。

民進党失敗的最大理由是激発不起台派支持者的感動、而之所
以無法感動人心則在於民進党沈醉於中華民国体制的権力之中、
在台湾国家正常化的努力只是做個様子敷衍支持者而已。

 支持民進党政権在消極上是對国民党的不満、在積極的却是期
待民進党能早日脱却中華民国体制、成為名符其實的主権独立国
家。然而民進党在毎一次的選挙過後、就馬上擁抱中華民国、随
即向敵対陣営献媚、把支持者抛在一辺。2004年3月選挙之
後、台派在受盡了中国派的動乱折磨之後、5月的総統就職大典
会場中居然被民進党政府禁止携帯任何有台派色彩的旗子、会場
清一色中華民国国旗(中国党党旗)。此次立委選挙造勢大会中
、陳水扁才明言「中華民国是什麼碗糠」、不久之後的元旦、就
在総統府広場升中華民国国旗、大唱中華民国国歌(中国党党歌
)。選挙後、陳水扁向選民大呼「台湾不能輸」、筆者深感悲哀
。如果陳水扁對台派還有一点尊重的話、這句話該向民進党説、
而不是台派支持者。

 如今、民進党的総統候選人還在強調「和解共生」、與国民党
比「誰比較早開放三通」、對脱離中華民国体制毫無興趣、對正
名没有丁点熱情。失去支持者的感動、一味往中間移動、果真能
贏得政権?民進党是否知道、之所以支持者還存在不是民進党政
権讓他們満意、而是他們對国民党太不放心。是国民党的親中態
度、維持了民進党的支持度。

 民進党諸公、請不要侮辱台派的尊厳與智慧、更不要再消費台
湾意識。

     
 『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。