background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民族主義で台湾問題に当たれ 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

ブログ「台湾は日本の生命線!」より
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-136.html・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民族主義で台湾問題に当たれ

                    台湾研究フォーラム会長 永山英樹

■日本の属国化を狙う中国

中国政府が「日中関係の政治的基礎」として掲げ、日本の妥協を要求するものに「歴
史問題」と「台湾問題」がある。なぜこのようなものを一方的に掲げるのかと言う
と、それはこの国の対日戦略を考えればわかることだ。

それはすなわち日本を自国の勢力下に置くと言うものだ。「一つの山に二匹の虎は要
らない」と言う中国伝統の覇権主義から見れば、アジアの一方の雄である日本だけ
は、何としてでも中国に楯突かない属国にしなければならない。そこで日本の弱体化
のために行使されるのが、「歴史」と「台湾」における圧力である。

「歴史問題」での中国の攻勢を見てみよう。日本の過去の「侵略」の残虐さを強調す
ることで、日本国民に贖罪意識を植え込んで中国に頭が上がらないようにすること
に、この国は見事なまでに成功してきた。あるいは靖国神社や歴史教科書と言う日本
の国民精神に深く関わる問題に介入し、国論をも分裂させることにも成功を収めて
きた。または日本のマイナスイメージを世界にもたらし、アジア諸国への日本の影響
力を殺ごうとしてきたし、米国には「南京虐殺」や「慰安婦」の問題で反日世論を醸
成し、日本と米国との離間に躍起になっている。

■中国のミス―「歴史問題」での反中高揚

しかしこの「歴史問題」で中国は大きなミスを犯した。それは日本の反中ナショナリ
ズムを高揚させたことだ。現在の反中世論の高まりは、十年前にはとても予想もつか
なかったものだ。教科書問題では、扶桑社の教科書は中国に呼応する国内勢力の組織
的妨害で、学校現場での採択状況は惨憺たるものではあっても、その市販版は中国が
騒げば騒ぐほど売れに売れた。靖国神社問題でも、世論に後押しされる形で首相の参
拝が復活した。さらに国民の間では「歴史再検証ブーム」が高まり、かつては日本国
民にショックを与え、精神的に打ちのめしてきた「南京虐殺」の「証言」や「証拠
写真」など、今では一般学生ですら、その捏造を見破ることができる。

かくして中国はかつてのように、「歴史カード」はそう易々とは切れなくなった。中
国と利害関係を持つ政治家はまだ操作できても、そうした媚中派は国民から売国奴な
どと批判を浴びるようになっている。

■「台湾」は中国の対日軍事戦略カード

では一方の「台湾問題」ではどうか。中国がこの問題で日本の妥協を求めるのは、日
本が日米安保条約に基づいた台湾有事への介入を阻止するためだ。だからことあるご
とに「中国は一つ」であり、「台湾問題は中国の国内問題」だと宣伝し、日本政府に
それを承認させよとしているのである。あるいは「台湾独立の動きを阻止せよ」と訴
えている。そしてそのようにして軍事的要衝である台湾を占領し、日本の周辺海域を
完全に勢力下に置き、その喉下を絞めようと言う戦略なのだ。

だがこれも「歴史問題」におけるのと同様、完全なデッチ上げの主張である。なぜな
ら台湾は中国の領土ではないと言うのが国際法上の厳然たる事実だからだ。中国は日
本が台湾を中国に返還したと言うことを台湾領有権の根拠としているが、日本は台湾
を返還などしていないのだ。日本はサンフランシスコ条約で台湾を放棄しただけで
あり、よって台湾の主権は今日、台湾の住民に属していると言う他ないのである。台
湾の帰属先に関しては、他のいかなる国も口を挟むことは許されないのだ。

■ギリギリの線まで追いつめられた日本

とこが政府は「歴史問題」と違い、この問題では中国に対してほとんど何も言わない
のである。「台湾に返還などしていない」と言えば済むものを、それを敢えて口に
せず、むしろ歴代首相は「台湾独立は支持しない」などと誓い、実質的に「台湾問題
は中国の内政問題だ」と承認している有様なのだ。

つまり政府は自国の生存に関わるこの問題で、完全に中国に屈服しているのである。
先日来日した温家宝首相は安倍首相に対し、台湾独立への反対表明を執拗に迫った。
その狙いはすなわち、日本政府に「台湾は中国領土」と承認させ、「台湾有事には介
入しない」と誓約させることにあったのだ。だが安倍首相はそれを拒否した。これま
で妥協と譲歩を繰り返してきた政府が、ギリギリの線にまで中国に追いつめられ、最
後の最後で国際法を遵守した言う格好だ。

中国の要求がここまで踏み込んできたのは、それほど日本が中国に唯々諾々としてき
たと言う証左である。そしてさらに言えば中国が台湾併呑の戦略上、軍備拡張にとも
なって、いよいよ対日強硬姿勢に出る段階に入りつつあると言うことだ。実際に温家
宝来日後は、中国と利害関係を持つ日本の政治家たちに対し、台湾独立阻止の要求を
強化し始めている。

■「台湾問題」は日本の国家危機の問題

ところで政府がここまで弱腰である理由には、「歴史問題」と異なり、世論の非難が
起こらないと言うこともあるのだ。国民の間ではなお「台湾は中国領土」「台湾問題
は外国の問題」と言った認識が普遍的にある。だが実際には「台湾問題」は日本の国
防問題であり国家危機の問題なのだ。あるいは中国の軍拡に関しても、いまだに「国
威発揚のため」「米軍の軍事力には歯が立たない」と言った見方も多いが、これもと
んでもないことだ。すでに中国は核ミサイルで恫喝するなどで、米国の台湾有事への
介入を阻止し得るだけの実力を見につけ、しかもそれを急速に高めつつあるのだ。

これはかつて国際社会が予想もしていなかった急速な展開である。中国は着実に台湾
併呑、日本属国化、そして東アジアおよび西太平洋での覇権確立に向けて驀進してい
るのだ。これが中国の海洋戦略の内実であり、「中華振興」(中華帝国再興、中華世
界秩序建設)と言う民族主義的国家政策の現実に他ならない。

■中華ナショナリズムに対抗せよ

日中間における「歴史問題」は中国の対日外交戦術の問題に過ぎなかったと敢えて
言う。それに比べて「台湾問題」は、それよりさらに重大な中国の東アジア戦略の問
題なのだ。

こうした危機的状況のなかで、心ある国民は目覚めなくてはならないはずだ。そして
台湾防衛を世論と政府に訴えて行くべきだろう。政府に「日本は台湾を中国に返還し
ていない」と認めさせるだけでも、中国の台湾併呑戦略の正当性を奪うことができる
のだ。

日本のナショナリズムが、中華ナショナリズムに対抗するのはいよいよこれからだ。

台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

日本の友人のみなさん、こんにちは!
私は台灣人です。
みなさんに重要な情報があります。
台北では最近大陸人(中国人密入国者)が路上に多く、またタクシーを運転してる大陸人も居ます。

なので、外出するときは安全に注意して下さい。
この情報を台北に住む日本人の友人に教えて、また台灣旅行の準備をしている日本人に教えます。

これら台北に住む中国人がますます多くなり、最近の台北は治安が悪くなった。

これらを理解し、日本の友人に伝える事を希望します。

私は台灣で日本人が危険に会う事を望みません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

台湾と中国の違いが明らかになる

国連加盟で住民投票実施 台湾総統が重ねて主張  台湾の陳水扁総統は6日、ワシントンの保守系シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)と台北を結ぶテレビ会議で、中国が「台湾に暮らす2300万人を

世間と困った隣人達

 台湾の松山空港には、上のような看板があるという。日本で言う「オレオレ詐欺」=「電話詐欺」に対する警告である。 台湾の人の3分の2は、こうした電話詐欺の電話を受けたことがあるという。人口全体の1割の人は10回以上受けた経

祝林建良先生・林一洋医師記念奬受賞

 ヤブーと同じく栃木県医師会会員の医師であり、糖尿病の専門家でもある台湾出身の林建良医師が、この度「林一洋医師記念奬」を受賞した。 林建良氏は現在日光で地域医療を行いながら、台湾の独立・正名運動や日本人に対する中

祝 台湾、戒厳令解除20周年

 1947年に台湾で起こった228事件は、多くの台湾人を巻き添えにした決して忘れることの出来ない、血で染められた歴史的事件である。その真相は現在に至っても全て明らかにされたわけではなく、ごく最近までは台湾現代史の空白の1
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。