background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に日台航空路線の許可求める外務省 (転載)

【小松空港問題】

以下はブログ「台湾は日本の生命線!」より。
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-143.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国に日台航空路線の許可求める外務省

■日台交流の裏で対中屈服

日本と台湾を結ぶ航空路線が増加中だ。日本各地では定期便、チャーター便の開設の
働きかけと観光客誘致が台湾側に対して懸命になされている。その結果、日本側のノ
ービザ措置と相俟って、多くの台湾人が各地を訪れ、日本への理解を深めつつある。
またそのために台湾の親日度は上昇中だとも言われている。もちろん台湾側も日本へ
の誘客に力を入れている。このように、両国民の交流は拡大する一方だ。

だがこうしためでたい話の裏でも、やはり日本は中国の顔色を窺っているのだ。

近く石川県の小松空港と台湾との間でも、定期便が就航する予定だ。これは同県が台
湾の政府や航空会社に働きかけを行った結果で、すでに今年の三月には両国間で合意
に達している。ところがこれに関し地元紙「北國新聞」は次のような見出しの記事を
配信した(六月二十九日)。

「中国政府、正式に了承」

いったい何の話だ。記事はこう書く。「中国政府は二十八日、小松空港と台湾の台北
を結ぶ定期便の開設を正式に了承すると、外務省に伝えた」「これに伴い、今秋の就
航に向け日本国内での調整が加速するとみられる」と。

「中国との問題はクリアした。これで大丈夫だ」との地元の安堵感が滲み出ている内
容だが、それではなぜ日台両国間の問題で「中国の了承」が必要なのか。日本は中国
の属国ではない。これは明らかに内政干渉ではないのか。

■横暴な要求に屈服した日本

しかし中国に言わせれば、これは「日中間の問題」なのだ。つまり「台湾は中国の領
土だから」と言うわけだ。

話は日中国交正常化の直後に遡る。昭和四十九年、日中間では航空路線開設のための
航空協定が結ばれたが、その交渉過程において大きな障害となったのが日台路線の取
扱い問題だった。日本はそれを維持したい。だが中国からすれば「中華民国」国営で
晴天白日旗の標識を付けた中華航空機が日本へ飛ぶなど罷りならない。そこで「会社
名を変えさせろ」「国旗標識を消させろ」「国際空港ではなく地方空港を使わせろ」
などと要求してきたのだ。そして「そうしなければ協定は結ばない」と。

そこで日本は「日台路線は民間が維持する」「日本航空機は台湾へ飛ばさない」「中
華航空機には成田空港を使わせない」等々の条件でどうか、と申し出た。大変な譲歩
である。しかもこの「申し出」は、中国から「そうやれ」と言われてやったものだっ
たのだ。日本は完全に受身に立っていたのだ。日本が屈辱に甘んじた結果、日中航空
協定は締結された。

もちろん「中華民国」側は日本の対抗に激怒した。一年以上にわたって日台間の運行
を停止したほどだ。しかしそれでも、日本は中国の言われるままにした。

中国がここまで横暴な姿勢を見せた背景には、どのような見解があったのだろうか。
平成五年にこの国の政府が発表した「台湾白書」にはこうある。

「台湾と航空路線を開設することは、中国の主権に関わる政治問題だ。……中国と外
交関係を持つ国の国営航空会社は、もちろん台湾と航空路を開設してはならない。民
間航空会社にしても台湾と航空路を開設したい場合、自国政府を通じて中国政府と協
議し、中国政府の同意を得た上で、はじめて台湾の私営航空会社と互いに航空路を就
航することができる」

■「中国の領空」と認める属国姿勢

つまり中国は「台湾は中国の領土。だからその領空も中国の領空だ」と言っている
のだ。そして日本は、そのようなデタラメな主張をあえて受け入れたのである。台湾
を中国領土と承認していないにもかかわらずにだ。

そしてそのような状態は今も続いているわけだ。だから今回、外務省はわざわざ「中
国政府と協議し、その同意を得た」のである。

このように、台湾との交流で中国の許可を求める日本は、すでに中国の属国となって
いるか、中国の内政干渉に甘んじているかのどちらかだ。いずれにせよ独立国家とし
ては、あまりにも情けない体たらくだ。いや国家主権の危機といってもいい。

北國新聞を始め日本のマスコミは、なぜこのような事態を問題視しないのか。これほ
ど重大なことを国民に伝えなくていいのか。

以上は、日本の無様な対中エピソードの、数あるなかでの一つである。

■関連記事
【阿貴の怒り】中国となんの関係があるの?(7/1)
http://www.emaga.com/bn/?2007070001305472001528.3407
台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。