background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私の奥の細道】李登輝(5)靖国参拝 周到な調整 念願果たす 産経新聞 2007年6月16日 (転載)

【私の奥の細道】李登輝(5)靖国参拝 周到な調整 念願果たす


産経新聞 2007年6月16日


 昨年2月中旬、台北市内の高級ホテルで、李登輝前台湾総統が後ろ盾となる台湾団結連盟が主催する春節(旧正月)祝賀宴が開かれていた。会場では英国留学から戻った李氏の孫娘、李坤儀さん(27)が世界的なヒット曲、「ケ・セラ・セラ」などを熱唱。伸びやかな歌声に李夫妻は目を細め、台湾メディアの関心も彼女に集中した。

華やかな雰囲気の中、寡黙なひとりの日本人がVIPテーブルに座っていた。小柄なこの男性は李氏の正面に座り、背後に陣取る報道陣からは死角に入る。ほとんど誰も気付かなかったが、男性は靖国神社の宮司、南部利昭氏だった。非公式訪台した南部氏は実は、祝宴前にホテル内の密室で李氏と「私的雑談」(関係者)を交わしていた。

 「靖国には行きますか?」。今回の訪日直前、曾文恵夫人が私邸で李氏に尋ねた。李氏の亡兄、李登欽氏が「岩里武則」の日本名で合祀される靖国神社への参拝実現は、李一家にとり一大事である。「兄の遺髪もなければ、遺骨も遺灰もない。位牌は靖国神社にのみ残されている」。李氏は参拝30分前の緊急会見でこう述べたが、靖国行きは唐突なものではなく、靖国側との調整も1年も前から始まっていたのだ。

 日本政府関係者によれば、李氏は5月30日の東京到着直後、靖国側から「私的参拝は大歓迎」との「最終判断」を得た。だが、東北旅行を前に参拝すれば、政治問題化して後半の日程に支障も出かねない。一方で、「中国に反論のすきを与えない離日直前が理想だが、やり逃げ的な印象も残したくない」(李氏の同行筋)。参拝日時をめぐる調整は慎重を要した。

 参拝前日の6月6日、李氏サイドは日本の警察当局に「警備要請」を出した。ドイツでの主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)に出席中の安倍晋三首相にも、外務省経由で電話による事前通告を行った。8日には日中首脳会談が予定されており、「日本に迷惑はかけたくない」と言う李氏と、日本当局は水面下で連携を図っていた。

 参拝は、時間をかけた周到な準備と配慮の末に日の目を見たのである。

 さて、靖国に合祀される約2万8000人の台湾人英霊への参拝という李氏のもうひとつの悲願は今回、成ったのか。「奥の細道」をたどる旅も、日光東照宮(栃木県)で締めくくられ、新潟以西は今後に先送りされた。

 李氏は今年84歳。「余った時間は台湾にささげて奮闘する」という決意に、再訪日、さらには訪米をも視野に台湾の将来に新たな道筋を付けようとする執念がにじんだ。(長谷川周人)=おわり


台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。