background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私の奥の細道】李登輝(1)7年越しの「夢」 産経新聞 2007年6月12日 (転載)

【私の奥の細道】李登輝(1)7年越しの「夢」

産経新聞 2007年6月12日

 ■ようやく叶った「東京再訪」

 中華航空100便は成田国際空港への着陸体勢に入っていた。先頭座席「1A」の窓

から、ひとりの老人が眼下に広がる房総半島を食い入るように眺めている。台湾の李登

輝前総統(84)。東京再訪は22年ぶりだった。

「東京大空襲があった1945年3月10日、私は稲毛(千葉市稲毛区)の陸軍高射

学校にいた。日本の幹部候補生は高射砲の操作すらできない。この日ばかりは実戦経験

を持つわれわれ(台湾出身者)の天下だった」

 李氏は当時を振り返って、「空襲の翌日はいわゆる『戦場処理』をやった。死体を運

び、焼け野原となった町を整理した」とも語った。

 そして、この体験が生かされたのは半世紀後の台湾中部大地震。死傷者が1万人を超

す99年9月の大災害で、現職総統として迅速な初動対応ができたのは、陸軍少尉とし

て東京大空襲で得た経験があったからだという。

 「当時は給料が悪く食う物もない。20歳前後でしょ。腹が減るんだよ。こそこそと

外に出ては落花生やメシを買った。そう、敗戦から昭和21年までは焼け野原となった

新橋(港区)にぽつんと建つ一軒家に住んだ。思い出がいろいろあるなあ」

 「22歳まで日本人だった」李氏にとって、東京一帯は若き日の記憶がいっぱい詰ま

った所だ。そこへの再訪は、厚い政治の壁に阻まれ続けた。そして、やっと実現した。

日本招請の立役者、国際教養大学(秋田市)の中嶋嶺雄学長は「当たり前のことを当た

り前にできる第一歩だ」と評価する。

 投宿先はホテルオークラ(港区)。副総統だった22年前の1985年、李氏が中嶋

学長と初めて出会った場所だという。李氏が敬愛する「台湾紀行」の著者、故司馬遼太

郎の定宿でもあり、警備上の観点からも、当然の選択だったといえる。

 李氏は深川(江東区)にある芭蕉記念館から、松尾芭蕉の「奥の細道」をたどる今回

の旅の一歩を踏み出した。振り返れば、李氏が公に「奥の細道」を口にしたのは、病気

治療のため総統退任後としては初めて来日した2001年、滞在先の大阪での散歩途中

だった。

 中国は、李氏を「独立派の頭目」と見なし、訪日問題で日本に圧力をかけている。「

奥の細道」発言に、それをかわす計算が込められていたとすれば、李氏は7年越しで狙

い通り東京立ち寄りの「夢」を果たしたことになる。李氏はそんな積年の思いを、訪れ

た深川で披露した俳句に託した。

 「深川に 芭蕉慕ひ来 夏の夢」

                  ◇

 台湾の李前総統が5月30日から11日間、「奥の細道」ゆかりの地を探訪するなど

のため、退任後3度目の訪日をした。より自由な発言が認められた今回の滞在で、李氏

が発信したメッセージは何だったか。同行し間近で見た「人間・李登輝」を取材メモか

ら報告する。(長谷川周人)


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。