background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李登輝先生への歓迎とお見送りと靖国神社参拝、誰にでもできる自立自尊の意思表示 萩原功  (転載)

【読者意見】李登輝先生への歓迎とお見送りと靖国神社参拝、誰にでもできる自立自尊の意思表示。

                          萩原功



 今回の李登輝先生の日本訪問に際しても、中尊寺の醜態に象徴されるように中国共産党

政府は陰湿な横やりを入れてきています。

その意味するものは、中国共産党政府による日本と台湾の自立自尊の否定、国家としての

尊厳の否定です。

 天安門事件で知られる魏京生氏への入国拒否事件に関しても背後にうごめく中国共産党

政府の存在が指摘されています。

 李登輝先生に対する陰湿な横やりや魏京生氏への入国拒否事件の示すものは、自由と民

主主義を徹底的に否定しようとする中国共産党政府の体質です。



 これは胡錦涛や温家宝の繰り広げる「微笑み外交」なるものが、実は自由と民主主義を

否定し日本の自立自尊とを損ねるあざけり笑う「嘲笑外交」に過ぎないことを意味します。

 中国には、へつらい笑いながら隠し持った刃物で人を傷つける笑裡蔵刀という言葉があ

ります。中国は歴史的に真っ当な戦争と真っ当な外交には弱いですが、陰謀と術策に長け

ています。笑う中国人こそ要注意です。



 さて、李登輝先生が何時でもお好きなときに自由にご訪問され、誰とでも自由にお会い

することができるようになってこそ、日本は美しい国になれると考えます。

 そのためには、日本政府の奮起を促すとともに、私たち一人一人ができることをすべき

ではないでしょうか。

 それでは、市井に生きる私たちにとって日本と台湾の自立自尊の意思を中国共産党政権

とそれに媚びる者に示す方法はあるのでしょうか。

 

 日本と台湾の自立自尊の意思を示すため、誰にでもできる効果の大きな方法が李登輝先

生への歓迎とお見送りであり、靖国神社参拝です。

 日本と台湾の自立自尊の意思を示すには、まず、私たち日本国民と台湾国民の皆さんが、

李登輝先生を各地でお出迎えし、台湾へのご帰国に際して盛大にお見送りすることが、最

も重要です。また、李登輝先生のお兄様をはじめ日本と台湾の英霊と国難国事に際して亡

くなられた方々の御霊の眠る靖国神社やお近くの護国神社に参拝することも重要です。

 それらの一人一人の行動の積み重ねが、日本と台湾の国家としての尊厳をたかめるだけ

ではなく、中国に対する日本の交渉力を高める事に直結していくと考えます。

 そして、それらは、李登輝先生が何時でもお好きなときに自由に日本をご訪問され、誰

とでも自由にお会いすることができる環境を整える上で重要な要素となる筈です。



 中国は横暴で強大ですが、一私人である李登輝先生の文化学術交流を兼ねた風雅な家族

旅行すら恐れ、天安門事件という人権蹂躙の生き証人におびえる卑小な存在に過ぎません。

中国政府の善良さを信じたり、横暴さや軍事力並びにコピー製造能力を軽視し侮ってはい

けませんが、中国をおそれていけません。恐怖こそ独裁と専制の土壌であり延命装置です。

李登輝先生への歓迎とお見送り、そして靖国神社への参拝こそが、私たちが中国をおそれ

ておらず中国共産党政府の独裁と専制を支持せず受入れないことの意思表示になるのです。

日本と台湾の将来と李登輝先生に靖国の御霊のご加護があらんことをお祈り申し上げま

す。

『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html       

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。