background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田空港の暴漢こそ「中国」だ 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

成田空港の暴漢こそ「中国」だ


本六月九日、李登輝氏が十一日間にわたる日本訪問を終えた。その間、岩手県平泉の
中尊寺なる寺院が、脅迫を加える中国に阿り、李登輝氏への特別待遇の取り止めを受
けると言う一幕はあったものの、それ以外においてはすべて順調に日程をこなすこと
ができ、何よりであった。

その間、李登輝氏は絶えず日本国民を激励した。奥の細道を散策しては、日本の伝統
文化の美を国民に伝えた。靖国神社の参拝を通じては靖国神社とは何であるかを国民
に教えようとした。これらが事実であることは、李登輝氏の来日前、来日後の諸発言
をつぶさに見ればわかることである。そして記者会見や講演では、絶えず日本の覚醒
を訴えた。「日本は再びアジアのリーダーになれ」と。

つくづく「私」のない人だと思う。「私的旅行」だとは言っていたが、この人の念頭
には「台湾」しかない。さらに言えば、かつて「残された時間で台湾のために働くと
ともに、日本を励ましたい」と述べたように、「台湾」以外にはその運命共同体であ
る「日本」があるのだろう。そのことは、李登輝氏の今回の滞在中における以上の事
どもを見るだけで明らかである。

このように言えば、「個人崇拝」だの、「神格化」だのと即断する者もいるかもしれ
ないが、「私」を捨て「公」についた観点からこれを見れば、日本国民は李登輝氏と
言う日本のかけがいなき友、恩人に感謝するとともに、その覚醒の訴えに呼応しなけ
ればならないと言うことに気付くはずだ。

そうでなくてはならないのである。そこで本日我々は、成田空港において帰国する李
登輝氏を見送った。李登輝氏は「台湾万歳」を叫ぶ日本人に満面の笑顔で応え、一人
ひとりに握手をして歩いた。だがそのときだ。一人の中国人の男が李登輝氏との至近
距離まで走り、ペットボトルを二つ投げつけたのだ。それに対して李登輝氏は怒りの
表情で睨みつけた。幸い男は警官に取り押さえられ、投擲物も李登輝氏に当たること
はなかったが、夫人はSPに覆いかぶされた際、転倒して足を床に打った。

男は取り押さえる警官隊に唾を吐きかけ、抗議する日本人に暴行を加えるなど、不敵
の表情を見せた。それはそうだろう、これによって彼が本国で与えられるのは「民族
英雄」の称号である。なぜなら日本に媚びて靖国神社を参拝した分裂(台独)主義の
民族裏切り者に制裁を加えたのだから、中国の政府、国民がこれを称賛しないわけが
ない。

つまり、この卑劣な男こそが「中国」なのだ。今回の事件を通じ、「中国」が日本人
の前に顔を現したのだ。

中国とはここまで薄汚い国である。日本人はなお、日中友好を求めるか。台湾統一の
動きを黙認するか。

「李登輝」と比較して「中国」を見れば、自ずと日本の敵がどこであるかがわかるは
ずだ。上述の中尊寺などは、明らかに敵国に従う売国寺だ。何としてでも李登輝氏の
講演を妨害しようとした外務省などは売国省だ。彼らは道義のドの字も知らない国賊
である。こう言った連中の存在を、これからもなお許容するか。



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

コメントをありがとうございます

多くの日本人、在日台湾人も李登輝先生ご夫妻の再度の訪日を期待していると思います。

李登輝先生も日本を期待していますので、一緒に見守りましょう。日本と台湾を。
そして一緒に応援して行きましょう。
日台共栄万歳!
李登輝先生万歳!

再度訪日の希望を持つ李総統近辺護衛

成田空港で最後の優秀の美を飾る

李登輝総統夫妻訪日の最終段階で千葉県在住の中国人がケチを漬けてくれた。
古今東西、気狂いは潜んでいるものだが留学生でなければ共産党の廻し者だろうか.
SPは台湾から同行している二人を認識するが日本政府の護衛は勿論ありません。再度ご夫妻は訪日の希望を述べていますので、日本の諸団体の協議を経てもっと身辺護衛を企画するべきです。今回も「水ぼとる」でよかったが、あれが爆発物であったならば夫妻が被害を受けたでしょう。今後の為もあるので、緻密な周辺護衛手段を計画するべきです。外務省と政治家の中に中国土下座スクール連中がいる限り、政府の応援は期待できません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。