background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国父」問題について2002年5月27日


「国父」問題について
林建良/在日台湾同郷会会長(訳:陳文清)  2002年5月27日

台湾の陳定南法務部長がこの程、「『国父』という名称は法律上の根拠がない」といったのに対し、例によって「在台中国人」たちがヒステリックに反応した。国民党は、金の水甕を壊されたかのように慌てふためき、自分たちの都合で作ったいわゆる「法規」なるものを持ち出して、強弁した。果たして彼らがいうように、中華民国の先祖代々の霊位を傷つけたとしたなら、われわれは百歩下がって、「中華民国の国民」の立場で、『国父』の意味について考えてみよう。

元々孫文が国民党によって、いわゆる「国父」として神格化されたのは、1940 年のことである。当時、汪精衛が日本との協力の下、南京に「中華民国政府」を樹立したので、蒋介石は、「自分こそ本当の中華民国政府代表」と強調せんがため、孫文を「国父」として祭り上げたのである。

しかしなぜ、それ以前に孫文は「国父」と尊称されなかったのか。それは、実際に中華民国を樹立したのは孫文ではなく、辛亥革命も孫文と全く関わりがなかったからである。1911年10月10日の武昌暴動は、中国同盟会によって発動されたのではなく、同盟会内部の紛争に嫌気が差して分裂、独立した「文学社」が、清朝の軍隊を利用して起こした武装クーデターだった。当時、孫文はアメリカにいて、武昌暴動のことを全く知らず、12月末にやっと帰国した。翌年1月1日成立した中華民国臨時政府は、知名度のある適当な人物が見あたらなかったため、当時すでに国際的にある程度知られていた孫文を、「臨時大総統」に就かせたのである。このため、孫文の「臨時大総統」は、名前だけで実権がなく、当時制定された憲法は、孫文の革命理念とかけ離れたものであった。就任して2ヶ月足らず、彼は自分が操り人形に過ぎないことを悟り、「臨時大総統」の地位を袁世凱に譲ったのである。

袁世凱就任後始めて、混乱な局面の収束が図られ、中国が統一し、中華民国が正式に成立した。中華民国の正式樹立以降、孫文は、中華民国の指導者だったことはないこれらの歴史真実は、全世界の中国史研究者によって公認されており、台湾だけが未だに、国民党が作り出した「国父」神話によって、真相を覆い隠されている。

建国の功労者でもない人を、「国父」として祭り上げたのは、タネを明かせば、蒋介石が自己の政治的野心のため、孫文を利用したに過ぎない。この種の政治神話は、少し頭を使って考えれば、真相は自ずと分かるものである。残念なながら、台湾の多くの人たちは、このことを深く考えず、騙され続けてきた。「国父」の虚像は、まさに仮想国家「中華民国」の象徴である。この種の神話は、海外ではちっとも通用しない。それなのに「中華民国政府」は、教育を通して台湾人を洗脳し、この政治的トーテムを台湾人に受け入れさせようと、強制している。

戦前生まれの台湾人は、独裁者蒋介石が行った暴政に対し、強烈な印象を持っている。民主化したあと、彼の暴虐性に対する批判は、もはやタブーではない。このため、「在台中国人」は蒋介石を利用して中華民国を正当化することができなくなった。「国父」は、彼らが中華民国を正当化し、台湾人を騙す最後の切り札であり、彼らはそれにしがみつかざるを得ない。悲しむべきは、台湾人が彼らに伍して、全く台湾と関係ない孫文を「国父」として崇めていることである。このような行為は、妄想を真実と思うに等しい。台湾人は、それを恥としない。無論、蒋介石に比べれば、孫文は台湾で悪事を働いた訳でもない。しかし、だからといって、歴史の真実を追究しないで、曖昧模糊としたまま孫文を「国父」として崇めるなら、台湾人の祖先は、地下で涙にむせぶだろう。

台湾人は、徹底的に中華民国の霊位をかなぐり捨て、自分たちの名前「台湾」に書き換えたあと、始めて誰が「国父」かという問題に突き当たる。むしろ陳定南法務部長は、台湾人に対し声を大にして、「国父のポストは空席だ。志ある諸君、引き続き努力せよ」と呼びかけるべきだろう。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法規

危険物取り扱い乙4種 ついに。 「国父」問題について2002年 日本が危ない・・・『人権擁護 日本の医学の歴史 12.医 歌詞サイトの印刷禁止問題(その 労働者派遣法に定められて エアガンも法規制? 目次(1001-1750) 9/30(金)まだあと
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。