background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】上野駅で李登輝さんを歓迎 日本人台湾独立促進会 (転載)

【レポート】上野駅で李登輝さんを歓迎


                宮本将英
               日本人台湾独立促進会
              http://taidoku.fc2web.com/ 李登輝先生の2年5ヶ月ぶりの来日、22年ぶりの東京訪問が実現し、日本中が沸き立つ中で、喜ばしく思いながらも、いまいちもどかしさを感じていた人も少なくないのではなかろうか。仕事があったり遠隔地に住んでいたりで、歓迎と喜びの気持ちを表現できずにいる人も多いはずだ。さて、金曜日の夜に仕事から帰宅してパソコンを立ち上げて「台湾の声」にアクセスしたところ、なんと「明日、上野駅で車中の李氏に歓迎の意を」という案内が乗っているではないか。これは家でじっとしていられるわけがない、行くしかない!

土曜日の午前10時半ごろ上野駅の20番ホームに到着。すでに今回の歓迎活動を取り仕切っている兎里氏が待機していた。李登輝氏の乗車している新幹線は11時13分に上野駅到着予定で、停車時間はわずか1分、11時14分には出発してしまう。7号車輌に乗車していると言う。だが心配もよぎる。情報が間違っていて違う車輌に載っていたり、ホームから離れた座席に座っていて私たちに気がつかない、という事態も考えられる。

 11時2分の新幹線が発車した。次はいよいよ11時13分到着の車輌である。11時6分ごろ新幹線が来た。「あの車輌じゃないか?!」という声が飛び交うが、時間が早すぎる、おかしい、と思ったらその車輌は回送車であった。

 そしてついに11時13分の新幹線が到着。先頭車両が目の前を通り過ぎた瞬間は、緊張と不安でいっぱいだ。本当にこの場所でいいのか、本当に李登輝先生に会えるのか。数秒後、窓から李登輝先生が手をふっているのが目に飛び込んだ。参加者はプラカードをや旗を持って「台湾万歳!」「李登輝さん万歳!」と叫んだ。私は無我夢中で李登輝先生を撮影。乗車していたマスコミが降りて私たちを撮影しているのには気がついたが、私はほとんど周りが見えなかった。1分の間に12枚の写真を撮影。李登輝先生は停車している間、ずっと私たちに手をふってくださった。そして新幹線が発車した。他の参加者の中には李登輝学校の卒業生も何人かいたが、私にとっては李登輝先生を間近に見るのは初めての経験だった。本当は李登輝先生を歓迎しているみんなの写真も撮るべきだったと思うが、はっきり言って余裕がなかった。

 最後に上野駅のホームで記念撮影を行って解散となった。今回の上野駅での歓迎については、前日の夜まで実行するかどうかなかなか決まらなかったと言う。だが私はやって良かったと思うし、どんどんやるべきだと思う。李登輝先生を心から歓迎したいと思っている多くの日本人、台湾人がいるからだ。成田空港や芭蕉記念館で李登輝先生を歓迎した人たちというのは、組織的に無理やり動員されたわけではない。行ったからと言ってお金をもらえるわけでもなければ、行かなくて非難されるわけでもない。彼らは本当に歓迎したくて自発的に行動しているのである。奥の細道でも李登輝先生は各地で盛大な歓迎を受けることであろう。それは日本人の素直な気持ちの表現なのである。
 
 以下のページで李登輝先生歓迎の様子をご覧になることができます。
http://taidoku.fc2web.com/ouen114-ritouki6.htm
http://www.emaga.com/info/3407.html


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。