background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李登輝氏の靖国参拝を巡る台中の異なる対応 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

李登輝氏の靖国参拝を巡る台中の異なる対応

                  台湾研究フォーラム会長 永山英樹
                  http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

昨日来日した李登輝氏が靖国神社への参拝希望を表明したことは、台湾でも随分話題
になっているが、現地のテレビニュースでの取り扱いは、各局とも比較的に落ち着い
たもので、本土派の民視の場合は、やはり靖国神社に「兄が祀られている」と言うこ
とで、昨日はアナウンサーが微笑みを浮かべながら報道していた。今日は統一派のT
VBSも、李氏が「兄の印象はフィリピンへ出征する前に家族で記念撮影をした六十
年前のときのまま」と語って嗚咽したことを取り上げ、李氏が「真情を吐露した」と
報じた。つまり政治性を抜きにした「暖かみ」ある報道が目立つのだ。

台湾の外交部も「個人の信仰を尊重する」として、李氏批判、靖国神社批判をするよ
うなことはしていない。

それに比べて中国はどうか。やはり中国人と台湾人とは違うなと思う。

それと言うのは今日、この国の外交部スポークスマンは、李登輝氏の参拝問題に関
し、日本政府への「強烈な不満」を表明したのだ。つまり「李登輝の訪日の目的は台
独分子の勢いづけと日中関係の破壊にある。それを日本政府は許してしまった」と言
うわけだ。そして「一つの中国の原則を堅持し、台独分子とその勢力にいかなる活動
の舞台も提供してはならない」と。それから「日本側が台湾問題と歴史問題を適切に
処理することは、日中関係の健康的な発展の基本条件だ」とも。

いったい何を言いたいのかよくわからない発言である。日本の首相が参拝するなら
「中国人民の感情を傷つける」とか「日本軍国主義の復活だ」などと罵ることはでき
ても、今回は台湾人の参拝問題だから、適当なセリフが見つからないのだろう。

おそらく李氏の参拝で、日本人が自信を回復するのが怖いのに違いない。日本軍国主
義と台湾独立派の「結託」をつねに非難しているように、中国にノーを言う日本と台
湾の連携を、この国が極度に恐れていることだけは確かだ。安倍首相が「日本は自由
な国だから、私人として当然、信仰の自由がある。(李氏)ご本人が判断されるこ
とだ」と、中国に一切配慮のない発言を見せたことにも、相当刺激されたことだろ
う。

李氏の参拝希望表明で、日本では相変わらず「中国の反発必至」との報道も見られ
たが、今回の「反発」の場合に限っては中国の勝手な政治的都合によるものだから、
日本人としてはいちいち歴史の贖罪意識を持つ必要はなさそうだ。

もっとも台湾でも、反靖国で売名に走る高金素梅議員はもとより、国民党議員が大騒
ぎだ。「李登輝は歴史の罪人」などと李氏を罵っているが、やはり彼らは「中国人」
だなと思う。これに対して台湾団結連盟の議員からは「兄を参拝するのは当然の人
情」との反論が出たが、これが「台湾人」の落ち着きであり、良識である。

ところでTVBSの報道によると、日本の外務省も李氏に対し、「敏感な問題だか
ら、靖国神社に関する発言はしないで欲しい」と頼んでいるのだとか。

それではそう言う外務省は、いったい「何人」なのだ。(19.5.31)


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

李登輝先生の靖国神社参拝をお喜び申し上げます。

李登輝先生の靖国神社参拝をお喜び申し上げます。ミケ

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。