background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】台湾WHO加盟アピール行進に参加して 宮本将英 (転載) 

【レポート】台湾WHO加盟アピール行進に参加して

                  宮本将英
                  日本人台湾独立促進会
                  http://taidoku.fc2web.com/ 台湾のWHO加盟が中華人民共和国の露骨な妨害によって実現しない中、5月
6日東京四谷で台湾のWHO加盟を訴えるデモ行進が行われることになった。

当日はあいにくの雨。すでに前日から台湾の声では「翌日は雨との予報で
すが予定通り決行します」とのアナウンスが流されていた。午後2時15分ご
ろ集合場所の東京中華学校に到着すると、校舎の目の前にいるのは数十人程
度。「ああ、やっぱり雨だからこの程度か」と思ったのはとんだ勘違いで、
校舎の中にいると大量の参加者がごったがえしていて身動きもできないほ
ど。校舎の中では「Be WHO! TAIWAN! 台湾在WHO!我在乎」と書かれたT
シャツが配られていた。

 午後2時半から集会が始まり、李登輝友の会会長の小田村四郎氏が挨拶を
述べ、主権国家である台湾のWHO加盟が実現できないことの不当性を訴え
た。参加者は300人に達し、私が今まで(2006~2007年)に参加した台湾関
係団体が主催したデモでは最高の人数である。参加者の傘の先端には
「WHO+TAIWAN」「台湾のWHO加盟支持」と書かれたプラカードがテープで巻
きつけられていた。雨が降っていなければ手で持つ予定だったのであろう。
また今回はテレビ局や新聞社も取材に来ており、マスコミの関心も集めるこ
とに成功したようだ。

 午後3時、東京中華学校を出発。参加者は「台湾のWHO加盟を支持するぞ」
「日本政府は台湾の加盟を支持せよ」「WHOは台湾人の人権を守れ」「中国
の妨害反対」「台湾は台湾だ」などのシュプレヒコールを叫んでいた。今回
はWHO加盟という明確な訴えがあるので、プラカードや旗の種類はいつもよ
り少なかったが、「日米台三国同盟を構築せよ」「東アジアの平和のために
台湾WHO加盟 中共解体」などのプラカードが見られた。また「親日国台湾
は日本の友人です」「WHOは中国の圧力に屈せず台湾の人権を守れ」という
横断幕も見られた。行進したコースは、五番町の信号を右折して日本テレビ
通りを行進。さらに麹町四丁目の信号を右折して新宿通り、麹町1丁目の信
号を左折してやや坂になっている半蔵門どおり→大妻通りを行進。午後3時
40分ごろ、東郷元帥記念公園に到着した。

 雨天という不利な条件にも関わらず、300人の参加者を集めた今回のデモ
は大成功と言えるだろう。参加者には女性や若者の姿が目立っていたのが印
象的であった。台湾のWHO加盟という切実な問題に対し、多くの日本人、台
湾人が関心を示したのであろう。しかも協賛団体は55にも達したと言う。数
多くの団体、個人が共通の理念と目標を持って行動を起こすことは非常に意
義のあることだと思う。協賛団体が55団体にものぼると、それぞれの団体の
理念や方針には当然ながら差異もあるだろう。その一方で全ての団体に共通
する理念もあるはずだ。日本も台湾も民主主義という共通の価値観を有して
いる。独裁政治や覇権主義には誰もが反対するはずだ。デモに参加した300
人の参加者、55の協賛団体は民主、自由、人権という価値観では共通してい
るのである。

 今年に入って日本の親台湾派は確実に行動力を強め、支持層も広がり、社
会的影響力も強まっていると思う。去年までは年に1回程度であったデモ行
進が、今年に入ってからはすでに3回目である。以前はデモ行進に消極的
だった人も参加するようになっている。講演会やデモ参加者の年齢層も確実
に広がっている。また、以前よりも講演会やデモに参加する地方議員や国会
議員、元議員が増えている。この勢いを持続させ、一人一人が力を合わせれ
ばきっと政治や社会を動かす大きな力になれると思う。

下記のページで17枚の写真をご覧になれます。

http://taidoku.fc2web.com/ouen108who.htm
『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。