background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【正論】温首相訪日で台湾問題浮き彫り  中国軍事研究家 平松茂雄   (転載)

以下は転載です

産経新聞(2007年4月26日)「正論」より
-------------------------------------------------------------------------------

【正論】温首相訪日で台湾問題浮き彫り
日本の「台湾独立不支持」表明の重み


中国軍事研究家 平松茂雄

  最大の解決困難な問題

中国の温家宝首相訪日は「台湾問題」が日中間最大の重要課題であることを改めて教
えた。温首相は国会演説で、安倍首相が中国を訪問した際に提起した「戦略的互恵
関係」を構築するうえでの「共通認識」としていくつかの原則をあげた。その第1
は「約束を履行する」ことだとして、「中日共同声明」他の3つの政治文書に記載さ
れた諸原則を厳格に守っていけば、「両国関係は順調に前進する」と表明。その中で
最も重要な問題は「台湾問題」であり、「国家の核心的利益にかかわる問題だ」と説
明し、「台湾独立」を絶対に容認しない、と強く述べた。

これに対して、安倍首相は温首相との会談で「台湾の独立を支持しない」と表明した
と報じられている。

「台湾問題」は日米安保条約とともに、この五十余年間の日中関係で最大の解決困難
な問題であった。中国によれば「台湾問題」の解決を妨害している最大の要素は、米
国の軍事力であり、それと裏腹の関係にある日米安保条約であるからだ。それ故建国
後の約20年間、中国の対日工作は、日本に中華民国と断交させ、中華人民共和国を
承認させるとともに、日米安保条約の廃棄を迫るものであった。だが1972年9月
の日中国交回復で、中国は日米安保条約の廃棄を棚上げし、日本に中華民国と断交さ
せることでひとまず満足した。

  核ミサイル戦力の到達点

日米安保条約の廃棄を棚上げした背景には、中ソ国境に「100万人の大軍」を配備
して圧力を加えていたソ連軍に対処する上で米軍と日米安保体制を積極的に利用する
とともに、経済成長を基盤に急速に軍事力を成長させつつある日本を日米安保体制の
枠の中に押さえ込んで、日本の「軍事大国化」を非難しつつ抑制する巧妙な対日工作
があった。それと並行して「中国の市場」に期待する日本の経済界、それと経済的利
害を共にする自民党に働きかけて、急速な経済成長を遂げ、それを土台に軍事力の迅
速な成長を意図した。とりわけわが国の政府開発援助(ODA)が中国の遅れたイン
フラ整備に果たした役割は大きく、その上に中国は現在見るような経済成長を遂げ
た。

他方中国は建国以来一貫して通常戦力の近代化を後回しにして、核ミサイル戦力の開
発に国家の総力を集中し、70年代から80年代にかけて最小限核抑止力を構築し、
それを土台に宇宙と海洋に進出している。有人宇宙船の打ち上げは、米国が台湾問題
に軍事介入するならば、ワシントン、ニューヨークその他の米国の主要都市を核攻撃
すると威嚇して、米国に対して中国への核攻撃を断念させるところにまで、中国の核
ミサイル戦力が到達したことを示した。今年1月に実施された人工衛星破壊実験は、
米国が中国の核ミサイル攻撃を阻止するために開発しているミサイル防衛システム
(MD)を運用している偵察衛星を無力化する能力を開発していることを明るみに出
した。米国は中国の台湾軍事統一を阻止するために、中国と核ミサイル兵器を撃ち合
うことはないだろう。

  「台湾」と拉致問題の関係

安倍首相は「台湾問題」で執拗(しつよう)な温首相に対して、日中共同声明の立場
を「堅持する」とした上で、「台湾独立を支持しない」と表明したと先に書いた。だ
が日中共同声明は「台湾は中華人民共和国の領土であるとの中華人民共和国政府の立
場を理解し尊重する」と規定していて、わが国は台湾が「中華人民共和国の領土で
ある」ことを認めたのではない。いわんや「台湾の独立を支持しない」とは明記して
いない。

報道によると、今回「台湾問題」を「共同プレス発表」に記載したのは、拉致問題へ
の中国の協力を記載させたことと交換であったという。拉致問題の重要性を筆者は十
分に承知しているが、「台湾問題」はわが国の安全保障にかかわる最重要な問題で
あり、同列に論じる問題ではない。筆者が本欄で繰り返し論じてきたように、シーレ
ーンの要に位置する台湾は「日本の生命線」だから、台湾が中国に統一されると、日
本は安全保障・経済両面で中国の強い影響力を受けることになる。

遠くない将来、台湾の軍事統一が現実化し、米海軍の空母が横須賀から出動する
時、「台湾独立を支持しない」と約束したではないかと発言するだけで、日本はパニ
ックになるだろう。中国は労せずして、日米安保体制を無力化し、「台湾問題」を片
付けることができる。温家宝首相は日本の大学生と野球をしたり、市民と一緒にジョ
ギングをしに来たのではない。(ひらまつ しげお)



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。