background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾のWHO加盟申請についての総統府発表 (転載)

台湾のWHO加盟申請についての総統府発表

【台湾週報】より転載
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/index 総統府は4月12日「2007年台湾の世界保健機関(WHO)参加推
進」について邱義仁・秘書長が記者会見を主催し、黄志芳・外交部長、侯
勝茂・衛生署長らも同席した。

邱・秘書長は挨拶で「今年、わが国の世界保健機関(WHO)参加には
主として『3つの柱』の方法で推進していく。過去、われわれはWHO年
次総会のオブザーバー参加以外にも、専門的な会議への有意義な参加も希
望していた。今年も上述の方法を継続していくが、そのほかに1項目増や
し、総統が 陳馮富珍(マーガレット・チャン)WHO幹事長へ『台湾』
の名義でWHO加盟を正式に申請する書簡を直接送った」と明らかにした。

 邱・秘書長はさらに「今年のこの訴えは、1つには国内の民意の強い要
求からである。世論調査によると94.9%の台湾の国民は『WHO加盟
案』の推進を支持しており、しかも『台湾』の名義としての加盟である。
またに2つには立法院では過半数を超す国会議員(110名)の連署によ
る提案で、政府の『WHO加盟案』の推進を要求しており、単に『WHO
年次総会オブザーバー参加案』だけというのではない。3つには過去多年
にわたって努力してきたが中国の圧力の下では順調に進展しなかった。政
府はさらに1つのチャンネル、プラットフォームをふやして努力していく
必要があると認識した。そのため、今年はWHO年次総会のオブザーバー
参加のチャンスと有意義な参加を勝ち取る以外にも、総統がWHOの事務
局長へ書簡を送り、『台湾』の名義でWHOへの正式加盟の申請を要求し
た」と強調した。

 邱・秘書長は総統および2300万の台湾の国民を代表し、台湾の友好
国や海外の友人が台湾を支持してくれることに衷心よりの謝意を述べた。

 台湾は1997年より「世界保健機関(WHO)」への参加の推進を開
始して以来、常にWHO年次総会オブザーバー参加を主な目標としてきた。
近年では、さらに台湾の「衛生実体」の名義で国際的な支持を求めてきた。
この期間中、立法院の院会ではすでに7度決議を通過させ、政府が推し進
めている「WHO年次総会のオブザーバー参加案」の訴えを全面的に支持
し、政府が国際的な衛生および防疫の協力に関する活動に積極的に参加す
ることを呼びかけ促した。そのため、WHO加盟案は台湾の国民の高いコ
ンセンサスを得、国内の超党派で支持するテーマとなっている。

 しかし、残念ながら過去10年来、政府、民間共同での積極的な努力の
下での「WHO年次総会のオブザーバー参加案」については、わが国の友
好国および米国、日本での正式支持を獲得した以外には具体的な進展に限
界があった。WHOの実質的な「有意義な参加」については、多くの友好
国の熱意あふれる協力により、一定の成果はあったものの中国とWHOが
2005年に署名した秘密の備忘録により台湾の参加に深刻な影響があっ
た。現在の進展は満足のいくものではない。言い換えれば、10年来、た
だ台湾が2300万人の国民の衛生安全を追求することを目的としたWH
O加入推進の訴えは、国際社会がもつべき重視を得られなかったというこ
とである。

 2006年5月22日にWHO年次総会は台湾が提出した「オブザーバ
ー参加案」を再度(10回)拒否し、「有意義な参加」について得た結果
も台湾の国民が期待するものではなかった。翌日(5月23日)すぐに、
立法院の半数を超える110名の立法委員は連署を提出し、政府がWHO
の正式加盟国の推進へと改めるよう要求した。世論もまた全面的に、国際
社会の対応に失望し、政府が新しい方策を提示して、WHOへの加盟国と
なるのを直接推進するよう強く要求した。また、台湾シンクタンクが20
07年3月に行なった最新の世論調査では、調査に応じた94.9%の台
湾の国民が「台湾はWHOに加盟すべきであり、それでこそ台湾の230
0万人の国民の生命と財産の安全が保障される」と認識していることが明
らかになった。このことからも、WHO加盟国になることを推進するのは
すでに台湾の民間および立法機関において高いコンセンサスを形成してい
るのである。

 台湾は民主主義の法治国家であり、政府の施政は多くの民意をよりどこ
ろとする必要がある。長期にわたり、台湾の多くの民意は政府がWHO加
盟国となるのを推進していくことを要求している。理由は単純明快であり、
WHOの主旨も「全人類の健康(health for all)の普遍化」である。W
HO加盟を推進し、台湾住民の衛生、健康の安全を確保することについて
はすでに2300万人の台湾の国民に行き渡ったコンセンサスである。政
府はこの民意の高い呼び声に応える必要がある。10年にわたる努力を経
て、今年、陳水扁総統は台湾の2300万人の国民を代表し、マーガレッ
ト・チャンWHO事務局長に正式に書簡を送り、台湾政府は理性的な理論
と実務的な方法でWHO加盟を推進し、国際社会での理解および支持を期
待することにした。

 台湾の国民はWHOに加盟できないため、国際医療システムの注目と協
力を適時に得ることができないでいる。1998年の腸内ウイルスおよび
2003年のSARSが猛威を振るった時、悲しい代償を払った。もし、
当時ウイルスが引き続き拡散していたなら、その他の国の人々の健康の安
全にも危害があった。グローバル化の下で国際交流は頻繁となり、「疾病
はボーダレス」「防疫はいかなる漏れ穴をも許さない」が単なるスローガ
ンだけであってはならない。WHOの全ての加盟国は具体的な行動で実践
を積み重ね、台湾のWHO加盟を支持すべきである。

 鳥インフルエンザ等を含むウイルス性の疾病の蔓延が予想される際、い
かなる人も伝染病の脅威の恐れの中で生活するべきではなく、「衛生ボー
ダレス」「医療ボーダレス」の理想は国際政治の妥協の供え物であっては
ならない。政府も国際的な医療衛生活動に実質的に参加する必要性を深刻
に受け止めている。そのため、将来台湾がWHO加盟を推進する過程にお
いて、政府は過去の一貫した理性的な理論と実務の方法に基づきWHOの
実質的加盟の活動を積極的に推進し、それにより2300万人の台湾の国
民の健康安全の保障を獲得することができる。

 最後に全員が共同で努力し、台湾の国民は、政府が新しい方策を提示し
てWHO加盟を直接的に推進する心の声が世界中に伝わり、世界の人たち
が人権、人道、世界的防疫の必要性等の考えに基づき、具体的な行動を取
り、台湾のWHO加盟を支持し、台湾に協力し、世界的な衛生および健康
に関する活動に十分に参加できるようになることを望んでいる。WHOの
正式加盟国になってこそ、40余万人を含む外国籍の人を含めた台湾の全
住民の健康福祉が十分に保障できるのである。

                【総統府 2007年4月12日】


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。