background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和統一に向け着実に中国の台湾企業工作 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)


平和統一に向け着実に
中国の台湾企業工作


台湾研究フォーラム会長 永山英樹

中国では4月16日、同国進出の台湾企業の組織「全国台湾同胞投資企業聯誼会」
(全国台企聯)が発足、北京の人民大会堂で成立大会が行われた。これは進出企業
の3分の1にあたる2万社以上が加盟する中国各地の台湾企業協会の連合体で、規
約によると「台湾企業が自主的に組織した非営利社会団体」。目的は「台湾企業の
権利確保」であるとか。

同会の葉恵徳・常務副会長も「過去20年間に中国各地で設置された企業協会と同
じもの」で「中国の政府、企業、市民と台湾企業の懸け橋にもなりたい」などと強
調しているし、日本の一部メディアもそのように報道した。

だが、実際はただそれだけのものではないらしい。

それは組織幹部の顔ぶれを見ればわかる。名誉会長は中国で統一工作を司る国務院
台湾弁公室(国台弁)の陳雲林主任、副会長も国台弁の何世忠経済局長(秘書長も
兼任する)と同じく経済副局長の劉軍川。会長は台湾の実業家、張漢文・前東莞台
商協会会長だが、この人物は前回の総統選挙では中国での連・宋後援会会長とな
り、「20万人の企業関係者を引き連れて投票のため帰国する」と豪語したり、台
商協会で陳総統の国家統一綱領廃止などに反対する署名運動をやって本国に圧力を
かけたり、さらには中国の反国家分裂法の制定にまで公然と支持表明したりと、完
全なる中国の代弁者であり傀儡である。その他6名の台湾籍の常務副会長も各地の
台企聯から選任されたと言うが、選任に国台弁がノータッチのわけがない。ただ北
京の国台弁付近の置かれた事務所の経費はメンバー企業が受け持つから、少なくて
もそれだけは「自主的」と言えそうだ。

規約ではメンバーは「一つの中国の原則を守り、国家統一を擁護しなければなら
ない」。つまり台湾企業が中国でこれからも儲けたければ、台湾併合に手を貸すべ
きだと言うわけだ。この日の大会でも陳雲林主任は「台独分裂活動は必ず阻止しな
ければならない」と、各台湾企業協会の会長たちの前で強調している。

来年の総統選挙では何としてでも国民党に勝たせるため、中国は従来の「以商囲
政」(企業を使って台湾の政治を包囲する)と呼ばれる「以経促統」(経済で統一
促進)の戦略強化に乗り出している。そして今回、その一環として台湾の企業協会
の中央政府への「編入」が正式に成し遂げられたと言うわけだ。

以上は、中国の「平和統一」への歩が着実に進められていることを示す、一つの危
険なエピソードである。



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。