background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台湾」を「拉致解決」の交換条件にした温家宝  台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載) 

「台湾」を「拉致解決」の交換条件にした温家宝


                台湾研究フォーラム会長 永山英樹

4月11日に発表された日中共同プレスで日本側は、「台独反対」を盛り込めと
の中国の執拗な要求を退け、単に「台湾問題で日本は日中共同声明で表明した立
場を堅持」で押し通した

中国側は、「台独反対」表明の見返り条件として、中国が日本の拉致問題解決を
支持することを挙げたと言う。つまり「台湾」と「拉致」の交換と言うわけだっ
た。首脳会談で安倍首相が拉致事件での協力を求めたところ、温首相は「台独反
対」を公に表明してくれれば、中国が北朝鮮の拉致事件で応援するのも当然と言
うことになるだろう」と言ったと言うのだ。これに対し安倍首相は「この二つは
全く関係がない」と拒絶した。

このような話を12日付の台湾紙自由時報は伝えている。

植民地の宗主国ではあるまいし、日本政府に「台独反対」を言う権利などないの
だから当然だろう。

「拉致解決を応援するから、台湾併呑を認めろ」と言うのが温家宝であり、中国
政府である。こんな卑劣な国が日本の友好国などと言えるのか。これで怒らない
人間は日本人ではない。

ただ安倍首相の対応には大きな問題もある。盛り込み要求を拒絶した後、従来政
府が繰り返し言ってきたように、「台湾独立は支持しない」と明言したのだ。

「支持しない」は日中共同声明にも書かれていない。中国のご機嫌を取りたい橋
本首相が勝手に言い出したものである。いや、中国に言わされたと言うべきだろ
う。

もっとも「支持しない」は「反対する」とは異なる。「支持しない」には、台独
問題には関与しないと言うことを意味するものと思われる(少なくとも米国はそ
う言う立場だ)。だがそのような細かな理屈など、誰が理解できるだろう。「支
持しない」は「反対」としか受け取れない。そんなことを表明しては、国民はみ
んな「わが政府は台湾の独立に反対している。なぜなら台湾問題は中国の内政問
題だからだ」と思ってしまう。中国の宣伝しだいによっては、日本は台湾を中国
領と承認していると、国際社会で誤解されることもあるだろう。実はこれこそ中
国の狙うところなのだ。

日本は中国が怖いなら、台湾独立の問題では黙っていればすむことなのだ。それ
をわざわざ積極的に「支持しない」などと言ってしまうから、次には「反対しろ」
と要求されるのだ。そしてその次は「台湾は中国領と承認せよ」と来る・・・。

国民はあまり知らないことだが、台湾問題を巡って日本は、中国と言う覇権主義
国家にここまで押されているのである。「拉致」まで交換条件にしてくる中国の
必至な攻勢に、今後日本はどこまで持ちこたえられるのだろうか。(19.4.12)


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。