background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者報告】4・8反中国デモに参加して (転載)

【読者報告】4・8反中国デモに参加して


                         萩原功

主催者から正式の発表があるかとはおもいますが、東京における4・8反中国デ
モについて参加者の立場で簡単な報告をさせていただきます。

今回の参加者は、前回の2.28デモよりは少なめでしたが、老若男女、年配の方や、
女性や、お子さんを連れたご夫婦や大学生などの若い方の参加もあり、和気藹々
とした雰囲気の中にも、中国の帝国主義的膨張と人権弾圧に対する怒りの高まり
を感じさせるデモとなりました。

わが国の主権を守ろうとする人々、中国の暴虐と台湾併呑、人権弾圧とチベット
や東トルキスタン、内モンゴルで繰り広げられる侵略と圧政に反対する人々が、
反中国の名のもとに集結できたのが今回の大きな収穫であったのではないかと思
われます。そのため、様々な横断幕やプラカードに加えて、日の丸、日章旗、台
湾関連諸団体の旗、Z旗、チベット国旗、東トルキスタン関連の旗が春風に翻り、
視覚的にも反中国の強いメッセージを伝えるデモとなりました。

警察や公安関係の人数がいつもより多いのか、集合場所の大久保公園では背広と
着てイヤフォンをした男性達がデモ隊の周囲を取り囲んでいました。反中国の声
を上げることの難しさを感じさせる光景ではありましたが、現場の警察の方々の
対応は丁重であり、交通規制や誘導も高齢者や子供連れに含んだデモ隊に配慮し
たものであったように思えます。紳士的なデモを重ねてきた主催者と参加者の皆
さんの努力が、警察の現場の方々の信頼と配慮につながったものと思います。

さて、今回のデモにおいては、従来に無い強い言葉遣いで中国への抗議の声をあ
げました。これは、中国共産党政権に反省を促し、温家宝の訪日や国会演説に対
する反対の声を伝えるためには、従来のような紳士的な表現では、鉄面皮の中国
共産党政権や国内に巣くう媚中派には伝わらない為であると思われます。

数年前までは街頭で強い調子で中国を非難し、あるいは中国に対する国際的な呼
び名であるChinaと同じシナという言葉を使った段階で、ややもすると沿道の皆さ
んが、退いてしまい無関心を装う傾向があったように思われます。これは長年の
マスコミによる洗脳と偏向教育によるものであると思います。そのため、従来は
必要以上に紳士的な言葉遣いで、デモ行進が行われる傾向がありました。

しかし、沿道の皆さんからも、我々のデモに対して、徐々に共感と賛同を示され
る傾向が増え、今回は特にそのような傾向が強く感じられました。抗議の意志を
あらわす少数者の後ろには、善良でおとなしく抗議の声をあげることのない1億
3千万の日本国民の静かな怒りが存在します。これがあらわになったとき、世界史
を揺るがす力が発揮される。わが国の歴史は、そのことをおしえております。そ
の事例としては、遠くは日清戦争を挙げることができ、近くは江沢民訪日の際の
宮中での無礼な振る舞いに対する日本国民の怒りを挙げることができます。温家
宝も胡錦涛も笑顔の江沢民に過ぎず、台湾併呑等の侵略と人権弾圧がネクタイを
しめ、古色蒼然とした中華帝国主義が背広を着ているにすぎません。温家宝や胡
錦涛が日本にすり寄ればすり寄るほど、中国の軍拡や台湾併呑という衣の下の鎧
と、江沢民同様の反日姿勢が、日本国民の目にあわらになると思われます。これ
が日本国民の静かな怒りを強力な行動に転換させるきっかけになるかもしれませ
ん。

また、今回のデモではインド系とおぼしい南アジア風の顔立ちの方や、欧米系と
おぼしきの方など、我々のデモを写真にとったり、英文のビラを熱心に読んだり
する外国人にかたを多く見受けました。中国の覇権主義や人権の弾圧が、日本や
台湾、あるいは中国共産党政権の侵略と弾圧をうけている諸国家諸民族のみの問
題ではなく、世界全体の問題となっていることを感じさせる光景でした。

今回の反中国デモは、目覚めつつある日本国民の前で中国共産党政権の侵略と弾
圧に抗議の声を上げ、日本と台湾の正義を世界に示す大変意義深いものであった
と感じております。

このようなデモに参加できたことを誇りにおもうとともに、主催者やデモ行進を
支えてくださった魂守の会など諸団体の皆様に感謝いたします。

温家宝の来日にあたっては、時間が自由にならない身ではありますが、極力日程
を調整し、抗議の声を上げていきたいとおもいます。

以上、主観的な内容で恐縮ですが、一参加者の目から見た4.8反中国デモの報告
とさせていただきます。

『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。