background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本李登輝友の会メールマガジン」創刊の辞柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長  (転載) 

以下はメルマガ「日台共栄」より転載です


平成16年(2004年)2月4日 立春

「日本李登輝友の会メールマガジン」創刊の辞

                 柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長

 台湾は、南に浮かぶ小さな1つの島として見過ごすことのできない地理的な位置にあり、日本にとっては生命線といっても過言ではありません。日本はこの台湾と、100年以上も続く豊かな交流の歴史を持っています。

 私ども「日本李登輝友の会」は、そのような交流の歴史を先細りさせないため、日本と台湾の親善を象徴するにふさわしい李登輝前台湾総統の名前を冠し、作家の阿川弘之氏を会長として平成14年(2002年)12月15日に創立されました。


 私どもは、李登輝氏の日台運命共同体の理念に賛同し、文化交流を主とした新しい日台関係をつくり上げること、すなわち、日台共栄をめざしています。

 そのため、創立1年目の昨年は、台湾の人々が今でも尊敬する台湾に功績を残した日本人のご遺族を招いての台湾セミナーや、台湾の要人を招いての日台交流講演会などを開催し、また、李登輝氏が主唱する台湾正名運動に参加するなど、さまざまな活動を展開してまいりました。2年目を迎えた本年も、この2月8日に開催する日台文明史講座など、さまざまな企画が進行中です。そこで、大事なのが情報の伝達ということになります。

 すでに昨年3月、ホームページを公開しておりますが、ここに日本李登輝友の会のメールマガジンを創刊し、私どもの企画するイベントをはじめ日台交流を促進するさまざまなイベントや書籍・文献などの情報、あるいは、日台関係を考えるうえで有益な論文などを紹介してまいります。

 末永くご愛読をお願いするとともに、お知り合いの方などにも広くご紹介いただきますようよろしくお願い申し上げます

●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝
友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。