background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役場の方は何を恐れているの? 私を無視するのか 阿貴

ブログ「青森日台交流会」より
http://shukuei.blog19.fc2.com/

役場の方は何を恐れているの?
在日台湾人の国籍について問いかけたから
私を無視するのか


青森日台交流会 阿貴

今年4月、自動車学校に通うため、「登録事項原票記載事項証明書」が必要なので(外国人の場合は必要)、役場に行って出してもらう時に、在日台湾人の国籍について、担当の女性職員と話し合いを約束した。しかし約束の日、雨に濡れて役場に行ったのに、担当の女性職員は「お休み」でした。その時に対応に出たのは若い男性職員でした。その若い男性職員をはじめ、結局誰も私の質問に答えられなかった。役場の職員はその時に、いかにも「忙しそう」にしていた、でも実際その時に、市民はあまりいなかったけれどね。

このことのせいか、12月6日夕方、住民票と戸籍謄本を出してもらう為に、また役場に行きましたが、記入した用紙を持って、しばらく受付のところに立っていたのに、誰も来てくれなかった。誰もいなのか?担当の方々が忙しいのか?ところがそうではない様子です。目の前に受付の担当は4~5人いるけれど、ほかの市民の受付をやっているのは一人、なのにほかの担当の方々は誰も私のこと気にかけてくれなかった。この時に「わざっとではないか」とも感じましたが、「気のせいだ」と自分を納得させ、ただ待っていた。けれどやはり誰も来てくれなかった。そこで、たまたま保険証の申請で来ていた市民の方がいて、それで若い女性職員が私の前まで来たので、私はその職員に声をかけた。「すみません、これをお願いします」と。そしてその女性職員はやってく
れましたが、少し時間掛かるようでした。役場の職員は先に来ていた方には、
「もう少々時間かかりますので、お座りになって待っててください」と言ったのに、私にはそう言わなかった。そして待っている間、年配の男性職員が、私の前に立ち、私が何を申請するのかをチャックしていた。そして別の市民の方がお帰りになった際、手をポケットに入れたまま「ご苦労様です」と言った。なのに私の目の前では何も言わずに、ただ「私を見ていた」。不愉快ですね。「何を見ているのですか?」と聞きたかったですね。

私は税金を払っている一青森市民です。なぜ差別するんですか?この年配の男性職員のことは、私は覚えている。4月、私が若い男性職員と話ししている時に、この方は何度も私の後ろを通っていた、私のことをただ「見ていた」。私の質問に答えられない若い男性職員が困っている時に、この方は「知らないふり」をしていた、部下が困っているのに、上司が対応してくれないなんて、いかがなものかなと私は思います。

それに役所が勝手に在日台湾人の国籍を「中国」と記載しておいて、それに納得できない在日台湾人から問いかけられたからといって、それで無視するんですか?ひどいよ。これでも私は、青森を私の第二の故郷と思って、台湾の人々に青森の名を知ってもらおうとアピールして、観光に来てもらおうと思っているのに。日本人と結婚しただけで犯罪などしていないのに、こんな目に合わなければならないのですか?

我々はやります、「正名運動」を。我々在日台湾人の国籍は決して「中国」ではありませんから。一部の日本人は中国に媚びを売っているみたいですが、台湾を犠牲にしないで。台湾を犠牲にする権利なんてこれっぽっちもないですからね、かつての同胞の味方になってくれなくても、台湾を売る権利はないですからね。カイロ宣言もウソだと分かったのだから、日本はそろそろ目を覚ましてもいいじゃないかな?もうそのような時期が来たんだと思います。 我々在日台湾人の国籍が「中国」と記載される限り戦います、絶対認めませんですから。

帰る際、近くにいた職員に、先の年配の方は誰ですかと聞きました。その職員は「主幹」ですと言った。「主幹」ってどういう方なんですかと聞きくと、「第二のえらいの人」と。そうなんだ、第二えらいの方がそういう態度なのね、役場も腐っているのねと思いました。

私のことよく知らない方は、私は帰化した台湾人だと思っている、「出町」という苗字を名乗っているけれど、それは主人の苗字が「出町」だからなのだ。昔の日本だったら私は喜んで帰化するかもしれないね、けれど今の日本じゃ、まだ「中華民国」のままの方がマシかもしれませんね(ちょっと言い過ぎですが)。

一つだけ間違わないで欲しいのは、少なくとも、現在「中華人民共和国」と「中華民国」は違う国です。そして台湾は戦後「中華民国」体制に不法占拠されただけ。台湾独立は中華人民共和国からの独立ではなく、「中華民国」の体制から脱出だけなのだ。

私は「日本国籍」を求めていません、私は自国「台湾」を誇りに思っている。私は台湾人です。日本は大好きですが、在日台湾人の国籍を「中国」と記載する日本のやり方に不満を持っている。そのため私は何度ため息をついたかわかりません。

そういう訳で、日本の役人の中で、私は役場の方が一番嫌いです。市民の為に働くべきなのに、市民よりえらいそうにしていますね。役場の職員の給料だって、市民の税金から支払われているのでしょう?もうちょっと市民に対して、「礼儀」を持たないとね、例えその市民が外国人だとしてもね。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
※投稿はこちらまで→ mailto:koe@formosa.ne.jp

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。