background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【講演録】社会科地図問題が象徴するもの 台湾研究フォーラム会長 永山英樹  (転載) 

:「台湾の声」【講演録】社会科地図問題が象徴するもの

以下は10月10日に開催された「台湾を中国領と教える社会科教科書を
許すな! 緊急国民集会」での講演の要点筆記です。
*******************************************************************************************

社会科地図問題が象徴するもの
ー台湾を中国と見たがる日本人の心理


              台湾研究フォーラム会長 永山英樹

①戦後日本人は事大主義に陥っている

社会科地図が象徴する日本人の心理とは、簡単に言えば事大主義だ。事
大主義と言うとどうしても韓国人を思い出してしまう。たとえば戦前の
日本人と韓国人の国家観、国防意識というのは非常に対照的だ。戦前の
最大の国家的課題と言えば、究極的にはロシアの南下からいかに国を守
るかだった。そこで明治政府は発足早々、朝鮮に近代改革を要求し、指
導した。なぜなら朝鮮がしっかりしてくれないと、そこがロシアの南下
の通り道になり、日本が危ない。だから「一緒にやろう」と求めたわけ
だ。だが朝鮮には宗主国の清国に対する事大主義と言うものがあって、
清国が怒るのを怖がり、その力を引き込むまでして、改革の芽を潰し
た。そして清国の朝鮮への属国支配はさらに強化され、その結果起こっ
たのが日清戦争だ。これは日本から見れば韓国独立のための戦争で、
日本が勝った。そして韓国に独立が与えられ、また近代化が始まったと
思ったら、三国干渉があって、日本がロシアに屈した。それを見た韓国
はこともあろうに最大の敵ロシアに対し、自ら進んで属国になろうとし
た。そしてロシアは北清事変で満洲を占領し、韓国への勢力扶植を本格
化させようとしたので、日露戦争になった。日本はそれに勝ったが、韓
国をどうしようかと考えた。放っておいたら、またロシアの方へ行って
しまうかもしれない。そこで日本はこれを併合した。

これを見てもわかるように、事大主義は亡国主義だ。自分を守る気もな
い韓国は日本に統治されなくても、何れはロシアの植民地になっただろ
う。それに比べて戦前の日本人は偉かった。新興の小国でありながら、
国民の勇気と知恵を結集し、朝鮮、満洲という生命線を守るため、日清
日露の大戦争を戦い、韓国まで併合した。日本は韓国を併合する余力な
どなかった。しかし自らの生存を守るため、それを敢えてした。自分だ
けでなく韓国の運命まで背負って走り続けていたのだ。

戦前の日本人は韓国の事大主義に苛立った。では戦後の日本人は韓国を
笑えるかというと、それはできない。今の生命線は満洲ではなく、台湾
だ。その台湾を今、中国という国が分捕ろうとしている。これは大変な
危機だ。なぜなら中国は、日本との対等な共存共栄など、一切考えてい
ない敵性国家だからだ。しかし日本にとって幸いなのは、台湾という生
命線が昔の朝鮮、満洲と違い、「一緒にやりましょう」と自分から日本
に歩み寄ってきてくれていることだ。ところが日本はそれに対し、「こ
っちに来るな。中国が怒る」と言って台湾を追っ払っている。これは立
派な事大主義ではないか。

②事大主義の風潮に風穴を開けるもの

だから台湾を中国領土などと書いているこの社会科地図などは、まさに
戦後日本の事大主義の象徴なのだ。これほど明確な事大主義の産物は他
にない。なぜなら絶対にウソを書いてはいけない教科書に、堂々と誰が
見てもわかるウソを書いているからだ。だからこれの訂正を求める運動
は、単に教科書のミスを直させると言うに留まらず、こうしたものが象
徴するところの、日本国内を覆う事大主義の風潮と言うものに風穴を開
ける、あるいはそう言うものを打倒するための突破口を作る、そう言っ
た運動になるはずだ。

この地図を訂正したら中国は絶対怒る。そしてそれに対して日本は「子
供たちにはウソは教えられない。台湾は中国ではない」と反論せざるを
得なくなる。「台湾は中国領ではないから、ミサイルを向けるのは止め
ろ」と要求せざるを得なくなる。そうなったら日本は大進歩だ。

中国の脅威が高まる中、たしかに国民の間ではそれに毅然と対応しよう
とする現実的思考が広く持たれつつある。だが安心はできない。戦前の
朝鮮でも、改革派、独立派が大きなうねりを形成しながら、残存する事
大主義勢力に反撃され、大混乱に陥ったという例がある。日本でもいく
ら国民が目覚めても、国会の過半数は平和主義の仮面を被った事大主義
者だ。きっと混乱が起こるだろう。だからこうした運動で、事大主義者
を打倒しなければならない。事大主義とは何かを、その存在を世間に広
く示さなければならない。事大主義者には自覚症状がない。だからそれ
だとわからせて、目覚めさせなければならない。

③事大主義者ここまで自らを欺いている

それでは打倒すべき事大主義者とはどういうものか。その特徴の一は、
強く大きいものに付き従うこと。強い者が白を黒と言ったら、黒と言わ
なければならない。そうしているうちに本当に白を黒と思い込むように
なる。要するに自分をも騙して心の安定を保とうとするのだ。

たとえば今の政府は事大主義だ。「一つの中国政策」と言うものがある
が、これは国府と中共のうち本物の中国政権は、日本は一つしか認めな
いというものにすぎない。台湾がどこに帰属するかの問題ではないの
だ。一方中国にも「一つの中国の原則」があるが、これは大陸と台湾が
一つだというもので、日本はそんな原則は受け入れていない。なぜなら
それはウソだからだ。日本は台湾の島を中国の領土だと認めたことはな
いのだ。だが日中間で台湾問題が浮上するたび、中国は必ず日本に対
し、「一つの中国の原則を忘れるな」と要求する。すると日本は大慌て
で、「大丈夫です。私たちも一つの中国政策です」と言って切り抜けよ
うとしているうちに、いつのまにか台湾と中国は一つだと思い込んでし
まったようだ。だから橋本首相以降の政府には、おかしな「政府見解」
が持たれている。それは「日本は一つの中国政策につき、台湾の独立は
支持しない」というものだ。台湾がどうなろうと中国とは関係ないの
に、政府はいつのまにか自分を騙すようになってしまった。

④事大主義者にはバルサンを焚け

ぼくは文科省や教科書会社に何度も電話をした。最初、相手は誰もが
「台湾は中華人民共和国の領土だ」と言い切っていた。要するに中国
などに配慮しているうちに自分を騙していたわけだ。だからぼくが「そ
れは違うよ。よく考えてごらん」と言うと、みな一様にハッとする。自
分が勘違いしていたことに気づく。しかし事大主義者はここで反省など
しない。あくまでウソを通そうとする。しかし最早ウソのつきようもな
いから、開き直ってしまい、「検定で通っているのだからこれでいい」
「台湾が中国のものかどうかはなんとも言えない」「昔からこうなって
いる」などと言って、耳をふさいで正論を聞くまいとする。逃げようと
する。文科省の教科書課に至っては、ぼくが逃げまくる相手をとことん
追い詰めると、「台湾を中国領とするのは適切だ。政府見解に従ってい
る」と言うのだ。だが日本にそんな見解はない。外務省中国課も「文科
省は政府見解を超えている」と言っている。要するに教科書課たろうも
のが、追い詰められた末に、とうとうウソを言ったわけだ。

このように自らをも欺く事大主義者は、「ウソだ」と指摘されれば耳を
ふさぐことに躍起となる。だから我々の教科書訂正要求運動の現段階に
おける状況は、全国民の抗議の声は、これら一部の醜悪な事大主義者た
ちによって、すべて握りつぶされているというものだ。

それでは今後どうするか。簡単だ。さらに輪を広げて抗議を継続すれば
いい。抗議を受ければ受けるほど、ますます彼らは耳をふさぐ、逃げ
回る、ウソを言う。そこでそうした無様な姿を世論の前にさらしてやれ
ばいい。マスコミを呼んで見てもらえばいい。議員を呼んで取り上げて
もらえばいい。バルサンを焚けば虫は出てくる。それを見せればいい。
「こんな無責任な連中を許せるか」とやればいい。

⑤気づくべき「台湾いじめ」の残酷性

事大主義者の特徴の二番目は、強いものに媚びるのでストレスがたまる。
そこで弱いものをいじめてそれを発散させる。

たとえば中国が台湾を叩いていたら、「私にもやらせて」と言って一緒
に叩こうとするのが今の日本政府だ。ストレス発散だけでなく、忠誠心
を示すことにもなる。そのいい例は田中真紀子だ。あれは李登輝さんが
病気治療のため日本に来たことに関し、「本当に病気かどうかわからな
い。ゴルフをやっていたではないか。やはり問題だ」と言った。これは
外務大臣にはあるまじき非礼発言だが、それを平然と言ってのけられた
のは、それが中国政府のセリフそのものだったからだ。「中国が言って
いるから言っていいんだ」と勝手に安心し、ストレスを発散し、中国に
忠誠心を示したのだ。

もう一つ同じような例がある。台湾で公民投票をやるとなったとき、中
国が猛反撥して一方的に緊張を高めた。そのとき外務省は台湾政府に、
「緊張を高めないよう慎重にやれ」という文書を送り付けると言う内政
干渉を敢えてした。それでは中国にもそれをやったかと言えばやってい
ない。つまりヤクザにいじめられている市民に文句を言い、ヤクザには
何も言わなかったと言うことだ。

社会科地図の問題にもその心理は見て取れる。文科省も教科書会社も中
国には一生懸命配慮するが、台湾人の感情には一顧だにしていない。こ
れまで彼らとはずいぶん話をしてきたが、誰もが「台湾など抹殺してい
いんだ」と言わんばかりの態度だ。この地図では、中国に隷属しない二
千三百万人の台湾の人間の生活の営みが一切抹消されている。これがい
かに残酷なことであるかを日本人は気づくべきだろう。このような心の
ない教科書は、心のない日本人を養成するだけだ。台湾人には申し訳な
いことだ。

⑥地図訂正の運動は気概回復に直結する

最後に、特徴の三は事大主義者には勇気も道義心も正義も何もないと言
うこと。文科省や教科書会社の人間のように、あるものは保身だけとい
う卑怯者が事大主義者なのだ。

戦前の日本はアジアを侵略したと言われるが、当時国民の間にはアジア
を救え、アジアを守れと言う思潮が大きくあった。だからアジア政策に
おいても、そうしたものが反映され、つねに道義性というものを帯びて
いた。だから日本は強かったのだ。なぜなら強さ、力、勇気の源泉は道
義心だからだ。では戦後の日本はどうか。もし日本人に道義心、勇気が
あれば、今頃学校では「台湾は中国の領土ではない」とはっきり教えて
いる。「中国の台湾併呑は平和の敵だ」「日本の生命線である台湾を守
れ」「台湾の人々は危機に陥っている。応援しよう、助けよう」「台湾
と仲良くしよう」と教えているはずだ。だが実際にはどうか。そんなこ
とは教えないどころか、こんな教科書を使用させている。

だから社会科地図の訂正要求運動は、日本人の勇気、気概の回復運動で
もあるのだ。ついてはこれからも皆様にはご協力をお願いしたい。


*******************************************************************************************

中学社会科地図「台湾は中国領」の検定合格は文科省の重大ミスだ!
文科省が反省するまで「台湾は台湾だ。子供にウソを教えるな」と断固要求を!

■中山成彬・文部科学大臣
(事務所)〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
              衆議院第2議員会館701
       電 話 03-3508-7451
       FAX 03-3597-2757
       メール g03254@shugiin.go.jp 
■文部科学省ー中山成彬・文科大臣/山下和茂・教科書課長
     〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
       電 話 03-5253-4111(代表)
       メール voice@mext.go.jp 

【文科大臣へ要求する場合】
①確実に届けるなら、大臣の事務所へ。確実に記録が残るファックスが最も効果的。
②文科省宛でメール、ファックスを送ることも重要。ただしこの場合は教科書課に回され、そこで握りつぶされる可能性があるので、事務所にも同じものを送る。
 そして「この文書は直接大臣にも送っている。もしこれを握りつぶせば、その事実は明らかになる」と書く。
③文科省へ電話で大臣を呼び出す場合は秘書課へ。しかし教科書課に回されたら、下のようにすればよい。

【教科書課へ要求する場合】
①必ず検定責任者である大臣と教科書課長に伝達するよう求めること。責任の小さい職員の勝手な判断で抗議、要求を握りつぶすという越権行為は絶対に許されないことも伝える。
②電話は効果的。できるだけ稲葉係長を呼び出す。窓口を自称しているこの人物には、対応する義務がある。教科書課の腐敗体質もよくわかる。
③メール、ファックス、手紙も効果的。なぜなら彼らがそれらを握りつぶそうとするのは、それが「世論からの圧力」だからだ。

抗議内容の例:「 子供たちに、台湾を中華人民共和国の領土と教えるな!」
      「教科書検定規則に従い社会科地図の訂正勧告を」
      「文科省に台湾を売る権利はない」
      「帝国書院に教科書発行の資格なし」「文科省は台湾の敵だ」
      「東京書籍は捏造地図を改めろ」「台湾人の感情を傷つけるな」
      「ウソを教える教科書反対」「台湾は中国領では断じてない」
      「中国に媚びる検定反対」「デタラメ検定官を処分せよ」
      「誤った教育の責任を取れ」「これ以上ウソを教えるな」

下へもお願いします。

■塩谷立文科副大臣 office@ryu48.gr.jp
■小島敏男文科副大臣 t-kojima@bc5.so-net.ne.jp
■下村博文文科大臣政務官 http://www.hakubun.or.jp/mail.htm■小泉顕雄文科大臣政務官 koizumi-akio@ares.eonet.ne.jp

★日本国民には政府の非道に抗議する権利T義務があります。
★台湾国民にも自国の尊厳を守るため抗議する権利があります。




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。