background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北市長選挙考察 台湾研究フォーラム事務局長 古市利雄

台北市長選挙考察

   台湾研究フォーラム事務局長 古市利雄

「漁夫の利を得る」。12月に行われる台北市長選挙に関して、今台湾で盛んに言われている言葉である。

台北市長選挙に立候補した主な候補者は5人。カク{赤におおざと}龍斌、民進党の謝長廷、台湾団結連盟の周玉寇{くさかんむり}、無所属統一派で立法委員の李敖、無所属として出馬する宋楚瑜。ブルー陣営、グリーン陣営ともに分裂選挙となり、候補者が乱立する結果となった。ちなみに謝長廷以外の全てがいわゆる外省人。

   6/19 10/18 10/26  9/6 10/17
カク龍斌  (国) 49.1% 35.8% 42.1% 50% 34%
謝長廷   (民) 18.0% 18.1% 19.6% 15% 14%
周玉寇  (台聨) 1.7% 0.5% 0.9% 1% 1%
宋楚瑜 (無所属) 7.5% 9.5% 6.8% 10% 9%
李敖  (無所属) --- 3.0% 2.5% --- 5%
未決定       23.2% 32.7% 27.7% 24% 36%
     (『中国時報』10月27日)   (『聯合報』10月18日)

現在のところ国民党から出馬するカク龍斌の優勢が続いている。カク龍斌は一時期、支持率が15%前後低下したのは確かだが、それは宋楚瑜、李敖に票が流れたと必ずしも言えず、二人の出馬により未決定者が増加し、支持率が低下した。

つまり本来カク龍斌を支持していたブルー支持者が、ブルー陣営の乱立により支持者を決められなくなったようであったが、10月26日の『中国時報』の調査によると宋楚瑜の支持率が低下し、カク龍斌の支持率が持ち直している。

民進党グリーン陣営の支持者は、ブルー支持の傾向が強いマスコミ(今回とりあげた中国時報、聯合報もそうである)を警戒してか、世論調査に本音を答えない傾向にあるので、この世論調査はそのまま信じることはできない。

ここ最近の台北市におけるグリーン陣営の最多得票は、2004年の総統選挙での43.47%。最低得票は、2002年台北市長選挙での35.89%である。

前者を台北市でのグリーン陣営が得票できる最高ライン、後者が最低ラインと見られている(2004年の立法委員選挙で台北市における民進党の得票率は34.67%であるが、差でわずかであること、一人の候補者に投票しているほうがより近い数字を導きだせると考え、除外した)

2004年3月20日 総統選挙(台北市)
          得票数 得票率
陳水扁(民進党) 690,379 43.47%
連戦 (国民党)  897,870 56.53%

2002年12月7日 台北市長選挙
          得票数 得票率
李應元(民進党) 488,811 35.89%
馬英九(国民党) 873,102 64.11%  当選

今回の台北市長選挙はどうであろう。民進党から出馬する謝長廷は高雄市長行政院長を務め、2008年の総統候補の一人にもあげられる大物である。

2002年に台北市長選挙に出馬した李應元と比べ知名度、実績ともにあるが、総統選挙ほどの盛り上がりになることはないことと、陳水扁総統、民進党の支持率低迷などから、40%を超えるかどうかと予想されている。

■民進党が台北市で勝利するためには

いわゆる「外省人」が多いブルー陣営の牙城である台北市で、民進党が単独で勝つのは最近の選挙結果から考えても不可能である。そこで参考になるのは94年の台北市長選挙である。

1994年12月3日 台北市長選挙
得票数  得票率
趙少康 (新党)  424,905 30.17%
陳水扁 (民進党) 615,090 43.67%  当選
黄大洲 (国民党) 384,618 25.89%

同じようにブルー陣営が分裂し、民進党から出馬した陳水扁が当選した。過去の選挙をふりかえっても、台北市におけるグリーンとブルーの得票は、4対6の比率である。

以上のことから、民進党から出馬する謝長廷が当選するための条件は、

一、民進党支持者を確実に固めて40%以上の票を得る
二、ブルー陣営の票が上手く割れる

上記二つの条件をクリアしなければならず、現在のところかなり厳しい状況である。なおグリーン陣営も一応分裂しているが、台聨の周玉寇は支持率が伸びず泡沫候補になっているので、謝長廷の当落に影響を及ぼす可能性はない。

■分裂したブルー陣営

2004年立法委員選挙で台北市における親民党の得票率15.01%、2002年台北市会議員選挙での得票率17.6%、そして現在の世論調査から考えて、前親民党主席の宋楚瑜は、10%以上は得票すると予想されてはいるが、出馬発表から現在までで宋楚瑜の支持率は下降傾向にあり、ブルー陣営支持者からも出馬に批判的な意見も多いので下回ることもありえる。

同じくブルー陣営である李敖は急進的統一主義者であるが、国民党独裁体制に抵抗するなど歯に衣着せぬ物言いで人気が高く、選挙活動をせずに立法委員に当選している。2000年に総統選挙にも出馬したが、泡沫候補となった。宋楚瑜とも支持者が重なることもあり、数%になるだろう。

二人の候補者の得票を足しても、ブルー陣営の割れる票は20%に満たないと見られている。

またブルー陣営支持のマスコミが盛んに「94年台北市長選挙、2000年総統選挙の再現」「民進党がまた漁夫の利を得る」と騒いでおり、片方の候補者(今回の場合、宋楚瑜、李敖)を捨て、一方(国民党のカク龍斌)に投票する、「棄保効應」(効果)が起こる可能性がある。

ブルー陣営支持の『聯合報』は10月14日の社説で「黄昏の戦いー宋楚瑜は施明徳からの啓示を受けていないのか」と、民進党から離れた施明徳が立法委員選挙、高雄市長選挙に出馬したものの惨敗したことを引き合いに出し宋楚瑜の出馬を批判。棄保効應の方向へブルー支持者を誘導しようとしている。

10月19日の調査では、親民党支持者の75%が宋楚瑜に投票すると答えていたが、10月26日の調査では44%に低下している(10月27日『中国時報』)。どうやらこの流れが形成される方向にある。

謝長廷が当選するのは非常に厳しい状況である。しかしポイントとなるのは宋楚瑜がどれだけ得票するかである。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。