background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】紅衛兵と自由民主の危機   アンディ チャン (転載)

以下はメルマガ台湾の声より転載です
【論説】紅衛兵と自由民主の危機

         アンディ チャン

前回の記事で中国人の「以幇治国」のことを書いたが、台湾では中
国メディアが主導する陳水扁降しがエスカレートして、国民党の傀
儡、施明徳の紅衛兵デモが終ったところである。紅衛兵騒動はもう
すぐ治まるだろう。だがこの事件で露呈した民進党、台湾人の意見
の分岐、政府の無能ぶりが露呈して、台湾の民主主義が危機に陥っ
ている。台湾人の多くも陳水扁に不満で民進党離れが目立つ。

人民は陳水扁降しを支持しないが陳水扁擁護でもない。打倒グルー
プは陳水扁の罪状と無能、民進党の腐敗を主張する。しかしいくら
探しても罪状は見つかっておらず、政府無能は野党の妨害の結果で
ある。陳政権の腐敗より国民党のほうが百層倍も腐敗している事実
があるから、国民党に政権を返すほどのバカはいない。

●施明徳の紅衛兵運動

台湾では一般に統一派を泛藍、独立派を泛緑と大別するが、施明徳
グループが赤いシャツを着ることで中国の陰謀、「倒扁倒台、赤化台
湾」である事が明白になった。つまり今回のデモは陳水扁打倒と言
いながら実際に画策しているのは台湾政権を打倒することにある。

もう一つの目的は台湾を赤色に染める中国化運動である。中国の手
先である国民党左派が呼びかけを始めたが、馬英九の中道派は困惑
を隠せず、冒頭から施明徳とは一定の距離を置いている。宋楚瑜の
親民党も運動に参加したが逆に施明徳陣営から迷惑がられている。
中国は宋楚瑜が好きでない。台湾人は赤が嫌いである。同時に台湾
人は施明徳のような裏切り者を唾棄する。

私が「施明徳の紅衛兵」と名づけたのは彼らが泛藍の青を着ないで
赤シャツを着たことである。60年代の紅衛兵が「小さな赤い毛語録」
を免罪符のように持って全中国で動乱を起したのと同じ手法であり、
どんな違法行為も赤シャツを着れば免罪である。つまり中国人メデ
ィアが中国共産党の手法をそのまま持ち込んだのである。だから馬
英九が困惑したのだ。

施明徳を「台湾のマンデラ」と呼ぶメディアは彼の本性を知られた
くない。監獄に25年も入れられたから民主運動の指導者と思うのは
間違いである。マンデラのような高等教育を受けて革命指導者にな
ったわけではないし、思想があって革命運動に参加したため監獄に
入れられたわけでもない。

施明徳は高校を中退して左営の海軍下士官学校で訓練を受けていた
が、ある日のこと、隊列が蒋介石の黒い銅像の傍を通った時に、誰
かが「コイツ、真っ黒だぜ」と囁いた、すると別の一人が「俺のキ
ンタマ(陰嚢)より黒い」と言ったので周りのものがプッと吹き出
した。誰かが密告したのでその夜のうちに施明徳の仲間ら4人が逮
捕され、反乱罪で12年の刑を宣告された。つまり蒋介石をキンタマ
呼ばわりしたので監獄に入れられたのであって独立思想があったの
ではない(カナダに移住した施明徳の兄、施明雄の記述による)。

自分から「台湾のマンデラ」を名乗って空威張りしていたが、女性
関係の醜聞が絶えず、民衆に嫌われるようになった。「マンデラ効果」
がなくなったので、その後は「魯迅の髭」を蓄えるようになった。
つまり彼は「有名人を真似て」有名になりたがる人間なのだ。


●民進党政権の無能ぶり

この半年来台湾ではメディアが陳水扁下しの報道を繰り返してきた。
民衆は半信半疑だが、ウソも百万遍繰り返せば本当になる。デマ報
道に動かされて「笛を吹けば踊る」者も多い。陳水扁の違法行為を
摘発できないから彼の婿、夫人などのスキャンダルを流し続け、こ
のため民衆も陳水扁に失望し、民進党内部でも陳水扁に不満を持つ
人間が増えた。陰謀が成功したのである。

民進党内では意見が一致しない為、メディア主催の動乱に反対もせ
ず見守るだけだった。一説には民進党内の妥協路線グループが「た
とえ濡れ衣を着せられても沈黙を守るべきだ」と主張しているので、
陳政権はひどい中傷や紅衛兵に反論もしなかったという。

これは幾つかの不利な結果を齎したと思われる。一つは国民党過激
派が調子に乗ってますます増長したこと、二つめは民衆が失望して
離反したことである。陳水扁はこれまで民主自由を主張し主張し、
言論の自由を尊重すると述べてきたが、自分が濡れ衣を着せられて
も反論さえしないのは自分の自由、人権を抑圧するに等しい。つま
り陳水扁の自由論は虚偽で、真実は臆病で無能だったのだ。

紅衛兵デモが起った時、一部党員を含めた大部分の民衆も、国に対
する叛乱として制止するよう主張したが、党内の妥協派は「やらせ
ておけばすぐに沈静する」といって民衆の反撥を抑えたのである。
民主主義と称して一方的に大衆の言論自由を抑圧した罪は大きい。
自由民主は平等でなければ真の民主ではない。陳政権は平等を維持
できず妥協するばかりである。

●民衆の民進党離れ

メディア主動の動乱に対応できない民進党、党内は意見林立で指導
者がいない。民衆が失望して離反するのは当然だ。メディアの横暴
を抑えなければ民衆は報道に騙される。陳政権がメディア横暴を放
置したから民衆が不信を抱くようになったのである。

しかし永年のあいだ中国人に抑圧されてきた民衆は直感的に陳水扁
降しの目的が「台湾人政権を麻痺させ、最終的に中国に併呑される
赤の陰謀」である事を知っている。メディアは反紅衛兵グループを
陳水扁支持とレッテルを貼るが、赤シャツに反対する民衆は心から
「反中国、護台湾」である。動乱が続けば台湾人と中国人の対立が
激化して、民衆の独立志向を高め、泛藍は敗退する。

●民主主義の敗北

紅衛兵の乱は終焉に近いとみられる。陳水扁降しに半年も報道や批
判誹謗、紅衛兵デモまで動員したにも拘らず、陳水扁の罪状が見つ
かっていないし、陳水扁の妻も違法行為がみつからない。誹謗をも
とにした「道徳水準」で辞職を要求する方が非道なのだ。

しかし政府側が悪辣な攻撃に曝されても反撃せず、動乱を見守るか
ら民衆は失望し憤激しているのだ。これは民主主義の敗北である。
勝手な誹謗を言論自由として放任する政府は真の民主を維持できな
い。民主とは自由と正義を守ることでもあるが、陳政権はあまりに
も弱体で自由の正義を守れない。司法、立法、軍警もみんな国民党
系である。

●恐るべき司法と警察の横暴

民主主義の敗退の例をいくつか挙げてみる。

総統の婿、趙建銘は「株のインサイダー取引、薬品の紹介、婿の影
響力でブローカーまがいの行為」をしたと報道された。新聞報道の
あと、検察官が直ちに彼を喚問して面会禁止の監禁を数ヶ月も続け
た挙句、ようやく幾つかの事実が「罪状として新聞で発表」された。
彼は未だに法廷で起訴されていない。メディアが勝手に断罪したの
である。罪状はは人権に悖る違法監禁によって引き出されたのであ
る。超建銘に罪があっても、拷問に誓い方法で罪状を引け出せばそ
れは人権違反である。だから、たとえ将来において趙建銘が起訴さ
れても人権違反で集めた証拠が法廷で却下される可能性がある。も
しも違法に引き出された証拠が却下されなければ台湾の司法制度に
重大な問題があるという事である。

次に警察の不公平な逮捕。テレビで紅衛兵と民衆の衝突が報道され
ると、警察署長・侯友宜は直ちに厳格な取り締まりを命令し、翌日
には紅衛兵に抗議する民衆が逮捕された。しかし紅衛兵は一人も逮
捕されていないのである。両陣営の衝突は両側に問題があるのに、
警察は紅衛兵に味方をしたのである。

台中のデモではヤクザと思われる「黒衣のガード」が紅衛兵を守護
していたが、警察は彼らを民衆のように逮捕せず、「帰宅を誘導」し
た。これで警察と幇派、国民党と幇派の繋がりがわかるだろう。ま
た高雄(左営)で警察が「帰宅誘導」をした42人の黒衣グループは
台北から応援に来た竹聯幇の「天使隊」であると警察は発表した。

林正杰立方委員がテレビ対談で暴力を揮い、有名な言論人金恒偉に
傷を負わせた。この暴力事件はテレビで全世界に流された。しかも
事件のあと、林正杰はテレビで「この次出合ったらまた殴ってやる」
と公言している。傷害罪の証拠十分だが、警察は未だに林正杰を逮
捕していない。検察官も喚問も逮捕もしていない。つまり誰もこの
傷害事件を取り上げていない。正義は通らないのである。民衆が憤
激するのはこのような不正が堂堂とまかり通ることだ

●巨悪と闘う社会正義

陳水扁は無能で軟弱、政策にも間違いがあった。陳水扁は野党の圧
力に対抗できず、卑下した妥協しかできなかった。彼自身が狙撃さ
れても沈黙し、自作自演の冤罪を雪ぐことさえ出来なかった。

しかし陳水扁汚職の証拠はない。罪なくして断罪すればそれは冤罪、
罪なくして総統の辞任を迫るのは違法であり不正不義である。冤罪
をデッチ上げたメディア、辞任を迫る施明徳、国民党などは巨悪の
根源である。

国民党は最も腐敗した政権で、ラファイエット事件のような大掛か
りな汚職事件、武器を敵に引き渡す売国行為が数え切れないほどあ
った。その国民党がメディアを動員して冤罪で総統辞任を迫る、こ
れこそ中国人の横暴を明白に見せ付けたものである。

メディアはまるで紅衛兵が正義で陳水扁が悪人のように演出、報道
しているが人民は騙されない。つまりこの茶番劇が長引くほど中国
人の横暴が明白になり、種族の対立が激化するだろう。

台湾人は陳水扁を支持しているのではなく正義を主張しているので
ある。メディアは諸悪の根源であり、紅衛兵は打倒台湾の手先であ
る事を忘れていない。だからこそ民衆は「反中国、護台湾」なのだ。

●アメリカの介入

アメリカの元駐台大使ベロッチ(Nat Bellocchi)は台湾の動乱に
ついてアメリカの懸念を表明し、今回の動乱が国民党主導の動乱で、
2008年の総統選挙まで混乱を続ける意図があることを指摘した。

更にベロッチは台湾の民進党の政策は民主主義を推進する点でアメ
リカと立場を同じくしているが、馬英九を主とする国民党の立場は
「中国の意向に沿って台湾の未来を決定するもの」であると述べ、
台湾がこれ以上中国に近寄れば東南アジアの平和に危機を及ぼす可
能性があると指摘した。今年三月にアメリカを訪問した馬英九がア
メリカに示した「5つのDO」主張は、中国の意向に沿ったもので、
中国の意向が不明である限り実現不能であると酷評した。

ベロッチの発表した記事を読むと、国民党側は既にアメリカが今回
の紅衛兵運動に不賛成を表明した事がわかり、動乱はだんだん沈静
化すると見られる。しかし施明徳が国民党の指示通り動くとは限ら
ないから、動乱がどのように沈静化するかは未知数である。


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

<投稿はこちら> mailto:koe@formosa.ne.jp

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。