background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾は中国ではない!双十国慶節を早く廃止せよ (転載)

台湾は中国ではない!
双十国慶節を早く廃止せよ


        匿名

本日は10月10日。台湾の建国記念日の双十国慶節です。
しかし本当は、台湾とは何の関係もありません。1911年の10月10日に中国の武昌で辛亥革命が始まったことを記念するものですが、そのころ台湾は日本の領土でした。
毎年総統府前で祝賀式典をやっていますが、これは国民党の中国人たちが台湾人を支配する為の政治の道具でした。

ですから私は、いまでもこの日を祝日として残したり、祝賀式典を続けている民進党政府に、とても違和感を持ってきました。(馬鹿ではないかと思ってきました)しかし今日の読売新聞のネットニュースは、陳水扁総統はついに記念式典の廃止を検討すると表明したと伝えています。総統は「国民党政権時代の遺物」だからと、その理由を語っています。
しかし国民党はあいかわらず、反対しているそうです。いったい国民党はどういう神経をしているのでしょうか。そんなに中国人であることが誇りなら、中国へ行けばいいのです。しかし台湾の方が住みやすいか
ら、中国へは行かず、その代わりに台湾を中国化しようとだけ考えているので
す。本当にいやらしい人間たちです。そのような連中を放置している台湾人にも、責任は大きいと思います。教育の影響とはいっても、もう戒厳令は解かれているのだから、そろそろ目覚めてもいいと思います。
政治家など日本人も、駐日台北代表所の祝賀パーティー(東京の大ホテル)に参加している人が多いといいます。これは能天気ですね。双十国慶節を祝賀することは、台湾が中国の一部分であることを認めることになるのです。彼らもだまされている様なものです。もしかしたら国民党の総統が誕生したら、彼らは今度は国民党を支持するのでしょうか・・・とにかく陳水扁総統が遅ればせながらも、今日のような決意を見せたことはよかったと思います。台湾人も日本人も、これで少しは目が醒めそうです。早く台湾の本当の建国記念日が制定されることを、心から待ちたいと思います。最後に、その読売の記事を紹介します。


台湾総統、建国式典の廃止検討を表明

【台北=石井利尚】台湾の陳水扁総統は10日、双十節(清朝を倒した辛亥革命記念日)式典で演説し、「国民党政権時代の遺物」として、来年以降の記念式典の廃止を検討する必要があると表明した。
台湾では、蒋介石政権が大陸から移って以降、「中華民国」の建国を祝うための盛大な式典が行われてきた。
台湾出身で、独立志向が強い民進党の陳総統は政権掌握後、「中華民国」体制からの脱却を目指し、諸改革を進めている。
今年の式典では、陳総統退陣を求める野党政治家や支持者が会場内外でデモを起こし混乱。「外国賓客の前で台湾のイメージが傷ついた」(総統府)こともあり、陳総統は式典廃止の考えを強めたとみられる。国民党は反発している。
(2006年10月10日19時56分 読売新聞)


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文※投稿はこちらまで→ mailto:koe@formosa.ne.jp

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。