background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【要望書】  台湾研究フォーラム 会長 永山英樹

安倍晋三内閣総理大臣殿

このたびは内閣総理大臣のご就任をお祝い申し上げます。
さてこれまで我が国政府は、台湾の領有を求める中国政府に配慮するあまり、国民に台湾が中国領土と見做すと言う誤った措置を多々行っています。当方の知る限りにおいてその事例を挙げれば、以下のとおりとなります。

一、法務省

同省の入国管理局は内部規定により、外国人登録における在日台湾人の国籍を、在日中国人のそれと同様、「中国」としております。しかし言うまでもなく両者は同一国民ではなく、このような誤った措置は早急に改め、台湾人は台湾の国民であるとはっきり判明できるものにしなければなりません。そのために在日台湾人は日常生活において、しばしば中国国民と誤解され、その人権が著しく侵害されていることも忘れてはなりません。

二、文部科学省

同省が検定で合格させる学校教科書の社会科地図では、すべて台湾と中国との間に境界線を設けず、その結果台湾の島が「中華人民共和国」の領土となっています。しかしこれについて同省は「適切」であるとの見解の下、自らが定めた教科書検定規則を反古にして教科書会社への訂正勧告を怠り、国の未来を担う生徒たちに誤った地理の知識を押し付けています。このような無法が三十年以上にわたってまかり通り、多くの国民を惑わしてきたと言う事実を考えれば、教科書検定の正常化には一刻の猶予もないと言うことがお分かりになるはずです。

三、外務省

外務省は台湾が中国領土ではないとの政府見解を知りながら、その一方でその見解をでき得る限り糊塗しようとしていることは、大勢の国民が従来指摘してきたとおりですが、国民に公開するホームページでの世界地図で、台湾をはっきりと中国領土と表示し、その訂正を頑なに拒むとの一件だけを見ても、同省が完全に中国政府の政治宣伝に加担していることは明らかです。このような姿勢が法務省や文部科学省に対し、それぞれの不法行為を正当化する口実を与えていることも事実であり、言わばこの省こそが、政府部内の対中国従属政策の総本山であることは疑いなく、徹底的な「根性の叩きなおし」が求められます。

以上のような各省による不法措置は我が国の対中国従属心理の象徴的事例であり、これらさえ抜本的改めることができれば、我が国の主権国家として正常化は飛躍的に進むものと確信しております。

つきましては各省に対し、台湾は中国領土ではないとの現実に適った指導措置の実施をお願いいたします。

                 平成18年9月28日

            台湾研究フォーラム 会長 永山英樹
                      会 員 一 同


*******************************************************************************************

長瀬甚遠法務大臣殿

このたびの法務大臣ご就任をお祝い申し上げます。
さて法務省入国管理局における外国人登録では、同局内の内部取り極めによ
り、在日台湾人の国籍が「中国」とされ、在日中国人のそれと同一となってお
ります。これは台湾と中国を同一国家と見做すと言う明らかに誤った措置であ
るばかりでなく、そのために在日台湾人の外登証や自動車免許証などにも「中
国」との国籍が記載されることとなり、日常生活においてしばしば中国国民と
誤解されると言う不条理な問題も惹起しております。
同局は、この「中国」とは「中華人民共和国」を指すものの、在日台湾人の場
合の限っては「一つの中国」の「中国」を意味するとし、両者を区別している
と説明していますが、そのような詭弁が現実社会に通用するわけがなく、これ
では外国人登録は意味をなさないのです。
つきましては外国人登録を正確なものにするため、在日台湾人の国籍記載を
「台湾」に改めるよう請願いたします。

                 平成18年9月28日

                 台湾研究フォーラム 会長 永山英樹
                           会 員 一 同


*******************************************************************************************

伊吹文明文部科学大臣殿

このたびは文部科学大臣へのご就任をお祝い申し上げます。
さて文部科学省が検定で合格させるすべての社会科地図の教科書において、
台湾と中国との間に境界線が引かれず、その結果台湾の島が「中華人民共和
国」の領域に組み込まれると言う誤った記載になっております。しかし文部科
学省は、我が国政府が日中共同声明で、台湾が中国の一部であるとする中国の
立場を理解し尊重すると表明したことを理由に、この誤記載を適切であると説
明し、教科書検定規則に基づいた教科書会社への訂正勧告を怠っております。
ご承知のとおり我が国は、中国の立場を「理解し尊重する」とは表明したもの
の、台湾の島を中国の領土とは断じて承認しておりません。しかし文部科学省
は外国である中国の立場を慮り、国の未来を担う生徒たちに誤った地理の知識
を押し付けているのです。
つきましてはこのような憂えるべき事態を深刻にご認識いただき、台湾と中国
の間に境界線を設けるよう、教科書会社に対して訂正の勧告を行うことをお願
いいたします。

                 平成18年9月28日

                 台湾研究フォーラム 会長 永山英樹
                           会 員 一 同



各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。