background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の皆さん、我々をあまり疑わないで 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

台湾の皆さん、我々をあまり疑わないで


               台湾研究フォーラム会長 永山英樹

先日、台湾から独立派の訪日団が東京に来ると知るや、日本李登輝友の
会や台湾研究フォーラムの会員三人(飯田さん、竹崎さん、卯里さん)
が、一行の宿泊するホテルへ駆けつけ、台湾応援の文句を書いた派手な
プラカードを掲げ、歓迎の意を表した。彼らの突然の出現は一行を相当
驚かせたらしく、その翌々日に私が一行と会ったときにも、さっそくこ
の三人の話が出た。そこで私は得意げに、「彼らは私の同志たちだ」
と話したところ、意外にも一人から次のような質問を受けた。「ここま
で熱心に台湾を応援するあなたたちの『背景』は何か」と。

つまり我々の背後には、いったいどのような団体なり勢力があり、どの
ような方針、目的(あるいは利益関係)に基づいて、台湾応援の活動を
操作しているのか、と言うことに興味を持ったのだろう(もちろん悪意
で聞いてきたわけではないのだが)。

しかしそうは聞かれても、少なくとも私の周辺には、「背景」があって
活動している人は皆無だし、そもそも「背景」なるものの存在自体、私
はまだ聞いたことがない。だが台湾人からすれば、「日本人がなぜここ
まで応援するのか」は謎なのだろう。たしかに何らかの指嗾があるので
はと疑われても仕方がないほど、この三人のように上記二団体の会員に
は、夢中になって台湾のことに奔走する「志士」が少なくない。また一
般にも、見返りを求めることなく、台湾に特別な愛情を注ぐ日本人は実
に多い。

だからこのような疑問が台湾側からしばしば抱かれるわけだが、とくに
これに最も関心を寄せるのが、外省人こと台湾の中国人のようだ。彼ら
は親台湾派の日本人を見るにつけ、その「背景」を探ることに余念がな
いらしい。

たとえば三年前に台北で行われた十五万人の台湾正名デモに、日本李登
輝友の会の会員など約二百人が大挙して参加したことがあったが、デモ
を喜ばない外省人の統一派メディアは、その「背景」を非難しないわけ
に行かず、だからと言ってその所在もわからず、結局「日本人は一人当
たり××万円でデモに動員された」などと勝手に報じたことがあった。
いかにも中国人らしい悪質な捏造報道であるわけだが、何ごとも「陰
謀」としか見ないこの民族には、利益を度外視した日本人の友情、義侠
心など、まったく理解することはできないのだ。このとき日本人デモ隊
の先頭を歩いた金美齢先生が、「日本人は誰もが仕事を休み、自分のお
金で航空チケットを買って、台湾を応援しに来たのだ」と反論してくれ
たことを、今でも鮮明に覚えている。

二年前に日本李登輝友の会が第一回目の李登輝学校研修団を実施したと
きにも、「李登輝サイドから金を貰ってやって来た」などと極め付ける
統一派の新聞報道があった。そしてその翌日、取材に来た統一派のテレ
ビ局も、やはり「背景」に関心を示したので、参加者の前で「自腹を切
って参加した人は挙手を!」とやったところ、全員が険しい表情で一斉
に手を挙げたものだから、記者はいかにも中国人的に、「台独を支援し
つつ、アジア再侵略を企む日本軍国主義者たちを怒らしてしまった」と
でも思ったかどうかは知らないが、これにすっかり青ざめて黙り込んで
しまった。

このようなエピソードは他にもいくつかあるが、相手が相手である以上、
文句を言っても仕方がない。ただもし台湾人からも、とくに我々がエー
ルを送ってやまない独立派の台湾人からも、我々の思いに疑いが持たれ
るのだとしたら、やはりそれは少し残念だ。

先日、台湾の敵である馬英九が東京に来ると言うので、親台湾の日本人
一団が訪問先の建物の前で不歓迎表明のデモをやったところ、台湾では
珍しい反統一派のテレビ局が取材に来た。ところが何と報じたかと言う
と、デモ参加者が掲げていた民進党と台聯の小旗を画面に映し出し、
「台湾の政党と日本人デモ隊との間にどのような関係があるのか、調査
する必要がある」だった。記者は現地で「このデモは政党とは全然関係
ない。日本人が自発的に行っている」と説明されているにもかかわらず
にだ。中国人ではあるまいし、「日本人も台湾を応援している。台湾人
もがんばろう」と言う感じで報じればいいものを、とも思ったが、それ
はゴシップばかりを追求したがる台湾メディアの限界だろう。

だがそれはともかくとして話を元に戻すと、「背景は」と聞かれた私は
もちろん、「そのようなものはない」と否定したものの、「ではなぜ日
本人は台湾を応援するのか」の理由を説明しなければならなくなった。
しかしそのようなものは簡単に言えるものではない。「台湾は我が国の
生命線。東洋平和のためである」と言っても人さまざまであるし、せい
ぜい「台湾には日本人を応援に駆り立てるような、何か魅力があるので
は」としか言いようがないのである。そこで私は簡単に「台湾は日本の
兄弟国だからだ」とだけ言った。

するとその人は破顔一笑し、直ちにこちらの心情を理解してくれた。さ
すがに台湾人には心が通じる。執拗に日本人の「陰謀」を詮索すること
しかできない中国人とは、やはり別人種である。

一行を歓迎に行ったかの三人も、やはり当初は「何者だ」と言う感じで
見られたらしいが、すぐに台湾への友情が理解され、大喜びされたと言
う。私は一行の一人から、「感激のあまり涙が出た。彼らにこれを渡し
てくれ」と、大量のプレゼントを託され、「やはり台湾人はいいな」と
感動したことである。

我が国の政府が台湾に冷たいためか、それとも自分の国の魅力に気づか
ないためか、その理由は定かではないが、台湾人には日本人の「特殊感
情」が理解しにくいらしい。そこで在日台湾人の皆さんには、多くの日
本人が抱く台湾への好意、親近感、尊敬心、あるいは支持、応援、激励
する心を、本国にお伝え願えれば幸いです。(18.9.23)



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。