background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】靖国と民主国家 アンディ チャン

【論説】靖国と民主国家



 アンディ チャン

小泉首相が念願の8月15日の靖国参拝を果たして、日本国内でも賛
成の声が高く、国外からも賞賛の声が上っている。靖国問題の討論
はこれまで多くの人が意見を述べてきたが、私は外国人なので評論
を控えていた。しかし今回は外国人もいろいろ評論を書いているの
で、私も少し違った視点、民主主義のあり方から見た靖国問題とし
て考えてみたい。

●国ありてこその民主自由

日本が民主国家となったので人民には言論の自由がある。右翼・左
翼はどうでもよいが、日本が存在しているから言論自由がある。し
かし思い違いをしている人もいる。他人の言行を制限するのは非民
主的である。首相が靖国参拝をするのは首相本人の所信に基いてや
ることである。靖国参拝について賛成、反対を論じるのは自由だが、
首相が参拝したことについて抗議するのはおかしい。もっとおかし
いのは中国の主張を根拠にすることだ。靖国問題は日本人の立場か
ら論じるべきで、他国の主張を正論のように言うのは愚劣である。

靖国参拝の反対理由には三つあって、(1)中韓の感情を損ねる、(2)
A級戦犯が祀ってある、(3)政教分離の原則の反するということ。
この三つの理由には小泉首相がすでに反論しているので、ここで言
う必要はない。反対論者の問題点は、首相の決断が国の存在を維持
するのに対し、反対者は「外国の感情を損ねる」から自己卑下をし
て外国に阿諛する態度である。

靖国に参拝すれば「正常な日中関係」を結ぶ事が出来ないと言うの
は中国側の言い分で、日本国の首相が自国の英霊に詣でる事さえ中
国の思惑を考慮しなければならないなら、両国間に正常関係はない。
外国の勝手な言い分は許さない、それが首相の責任である。

靖国に祀ってあるのは「護国の英霊」であって「侵略の悪霊」では
ない。だから靖国に詣でることの是非を論じる必要はなく、外国人
の主張を聞く必要もないのである。

●外交官は国の尖兵

日本は戦争を放棄したという。戦争を放棄しても敵がいないわけで
はない。しかし、国の防衛が出来なければ侵略を防ぐことは出来な
い。平和になって戦争がなくなったら、外国の侵略は外交官が防ぐ
のである。つまり外交官とは「戦争を放棄した日本国の尖兵」であ
る。外国の無理な主張を前線で防衛するのが外交官である。

外務省官僚は国益を優先すべきで、相手国の言い分を自国に報告す
るダミーであってはならない。日本国は戦争を放棄したから、外交
官が相手国の無謀な要求を退ける仕事をするのだ。相手の恫喝に怯
えて、敵の要求を受け入れるよう本国に進言する必要はない。「外交
とは戦闘行為である」と自覚して命を賭して働くのが外交官の本分
である。

中国や韓国は武器で戦争を仕掛けているのでなく、外交で自国の利
益を得ようとしている。日本の外交官は「敵国の利益を理解する、
尊重する」ことに汲々として、外国の無体な要求に会えば本国に報
告して首相に責任を取らせる。これではいけない。外交官は自国の
利益を死守するべきであって、負けたら外交官失格である。

戦争が終って60年も経った。戦争に負けたから、永久に戦争を放棄
したから外交で常に自己批判、自己卑下する必要はない。諸国と対
等に付き合うのが日本国のあり方で、交渉するのが外交官である。

●政教分離と政経分離

首相が靖国参拝をするのは政教分離に反するというので最高裁が最
終判決を下した。政経分離はどうか。経済界のリーダーが中国要人
の警告を首相伝えるとか、首相に「参拝したら大変な事になる」と
警告して参拝に反対するのも政経分離の原則に反している。

経済活動とは双方の利益になるから成り立つもので、片方が利得で
もう一方が不利と言うことはない。中国に製造業を移転するのは中
国にとっても有利だから出来ることで、日本側だけが有利なのでは
ない。それなら靖国参拝をすれば日本経済が不利になるという中国
側の理屈は通らない。それがわからない経済人は失格である。

もし日本企業の中国進出が一方的に日本側に有利だとしたら、中国
人は必ず「日本は中国に経済侵略をした」と主張して損害賠償を求
めるだろう。

日本経済は中国進出で大いに潤ったという。だが日本は中国に対し
3兆円に上る「経済援助」、別の言葉で言えば戦争賠償をしてきたの
である。日本経済が中国から三兆円の利益を得て、それを日本国民
に分配したならよいがそうではない。つまり、経済界は中国援助の
名義で国民の税金をばら撒いて利益を得たことになる。しかもこの
十年間は日本経済の不況で金利ゼロという状況が何年も続いていた、
その責任は経済界のリーダーが負うべきである。

●霊魂に階級はない

生きている人間が自由で平等の権利を持つというのに、死者の霊魂
に等級をつけて差別するのはどういうことか。戦争裁判があり、戦
犯は裁かれた。すでに裁きを受けて処刑された霊魂を生きた人間が
差別する権利はない。

以下は渡部亮次郎氏の「頂門の一針」(8月10)からの抜粋である。

【昭和21年4月29日の天皇誕生日に合わせて、28人の「A級戦
犯」が選ばれた。ABCとは、ドイツを裁いたニュールンベルグ裁
判をそのまま適用したもので、「A」は平和に対する罪、「B」は通
常の戦争犯罪、「C」は人道に対する罪だが、ACは事後法。戦争を
始めた国の、指導者個人の責任を問うものだった。】

ところが日本の政治家も中国人、韓国人もABC級の戦犯は「犯罪
の等級」と誤解しているようである。靖国反対論には必ずA級は最
もひどい罪を犯したとしている。戦後60年も経過したのに、生き
ている人間が「A級戦犯だから靖国に祀るのは反対」と言う権利が
はない。

●分祀とは生きている人間の傲慢である

分祀の問題は生きている人間の誤った観念に他ならない。生きた人
間が死者の霊魂を招致して、何年も経ってから、この人たちの霊魂
が「合祀されているのは不都合だ」と勝手に判断して、「出て行って
くれ、他のところに移ってくれ」と言えると思うのは傲慢無礼、言
語道断である。

この世の人間が死者の霊に対して、来て下さい、出て行って下さい、
と言う【権利】があると思うのは傲慢そのものである。こんな主張
をする人に魂があるのか、疑問に思う。

ましてや中国人(外国人)の煽動を受けて台湾からやってきた高金
素梅のグループ、霊魂とは何ら血族関係のない人たちが勝手に「魂
を返せ」と言うのは、相手にする必要もない。靖国神社に対する侮
辱である、高金素梅に対し訴訟を起すべきである。

●朝日新聞は中国の代弁者?

私はふつう朝日新聞は読まないが、今回の靖国問題で朝日の報道ぶ
りを比較するためアサヒ・コムを読んでみた。読んで朝日新聞は日
本の敵であると感じた。朝日は日本の言論を代表せず、中国の言論
をそのまま掲載することで敵の侵略に加担している。新聞が参拝反
対の論陣を張るのは結構だが、敵の文章を善悪の判断もなく新聞に
掲載するのは民主自由に甘えている証拠である。

8月17日のアサヒ・コムは「人民日報」の論評:靖国参拝に見る誤
った歴史観(1)をそのまま掲載しているが、中国人が「中国側の
厳正な指摘と善意の忠告に少しも耳を貸さず、日本国内の民衆から
の強い反対も、国際社会からの厳しい非難も、中日関係発展の大局
も顧みず、8月15日という特別な日に公然と靖国神者を参拝したの
である。」と書いてある。「厳正な」とか、「善意」とか、「厳しい非
難」とか、バカげた形容詞に満ちた中国人の文章をそのまま掲載す
る朝日の編集者は日本人なのか中国人か?

私はこの記事を読んで憤慨のあまり笑ってしまった。笑うしかない
のだ。中国人の無知と傲慢を容認して日本国民にこれが正論である
かのように報道する朝日新聞は何処の国の新聞なのか。朝日の編集
者は善悪の判断力がない売国奴だといいたくなる。中国の人民日報
が日本の「正論」の文章を掲載することがあるだろうか?

●政治家の無知と無思慮

同じくアサヒ・コムから8月15日「与党内から賛否両論、首相の靖
国参拝」と題した記事がある。

谷垣財務相は「アジア外交がうまく進まなくなったのは靖国(問題)
がある」と指摘し、「私が首相になったら参拝しない」と従来の考
えを繰り返したと言う。谷垣財務相の所信かもしれないが、外交が
うまく行かなくなった責任は首相ではない。靖国問題を使って日本
から賠償金を強奪する中国側に問題がある。小泉首相が靖国問題を
政治から切り離して参拝できるようにしたのは立派である。これか
ら一切靖国問題を政治問題としないように努力するのが日本の政治
家の責務であろう。

続いてアサヒ・コムは、【公明党の神崎代表は記者団に「私はかね
て、首相、外相、官房長官は参拝を自粛すべきだと申し上げてきた。
首相にも直接何回も自粛するよう申し上げてきた。8月15日と言う
象徴的な日だけに誠に遺憾だ」と不快感を表明した。】と報道して
いる。

神崎代表は自由の意味を取り違えているのではないか?神崎氏がど
のように考えるかは自由だが、小泉首相にも自由に考え、行動する
権利がある。神崎氏には首相の参拝を自粛せよと強要する権利はな
い。首相が参拝したから不快というのは僭越で傲慢である。

政教分離を主張するなら、靖国参拝は始めから問題ではなかった。
それが中曽根元首相の「自粛」で問題化されたのだった。これを解
くのが首相の使命である。中国の恫喝に怯えて靖国参拝も出来ない
政治家となっても中日関係は改善しない。

中華思想と覇権主義を撥ねかえすのが政治家の使命である。中日間
の国交がうまく行かないのは中国の横暴にある。浅薄な認識しか持
たぬ神埼氏が代表になれるなら公明党は国益を無視しているという
ほかはない。日本外交がうまく行かないのは一部の日本人が自国の
尊厳を損なう行為をしている、恫喝に怯えて売国行為をしているか
らである。



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。