background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日台軍事交流はもっと「大っぴら」に 台湾研究フォーラム会長 永山英樹

日台軍事交流はもっと「大っぴら」に


                台湾研究フォーラム会長 永山英樹

8月24日に行われた陸上自衛隊の富士火力演習で、台湾の胡鎮埔陸軍総司令官が観戦することができたのは誠に喜ばしい。日台は実質的には軍事同盟の一歩手前の関係にあるのだから、今頃こうした話が実現したところで「遅すぎる」と言うこともできるが、とにかく大きな前進であることは間違いない。台湾の国会でも「外交制限の突破だ」と、与野党こぞって喜んでいるらしい。

他方中国政府は大騒ぎだ。日本が同総司令官を入国させたことを「中日関係における一つの厳重事件」であるとして「強烈的抗議」なるものを表明しているが、しかしこれも大いに歓迎したいところだ。なぜならこれは「日本と台湾に軍事的野心を抱く国だからこそ、ここまで激怒するのだ」と言うことを日本国民に教えるものだからである。

だが残念ながら実際のところ、国民はそこまでは気がつかないかも知れない。大方は中国政府の対日抗議の動機、背景を見定める力があまりにも欠如しているためだ。戦後日本人の「平和ボケ」は指摘されて久しいが、今ほどそれが危機的状況をもたらしているときはないようだ。

今回の問題だけでなく、靖国問題や東支那海のガス田問題にしても、この国の対日強硬姿勢の究極の狙いはすべて東アジア、西太平洋での覇権確立にあるのである。その国家目標を達成するために、何としてでも台湾は乗っ取りたいし、日本も弱体化させたいのだ。だから逆に言えば、日台の軍事提携の緊密化は、この国にとっては最も望まない事態の一つと言える。

ところが日本政府はこれまで、こうした敵性国家との「友好」に配慮して「同盟国」との提携交流をできるだけ控えてきたのだから、きっと後世の嘲いの種だ。これからは政府も国民も、台湾との軍事関係の重要性を自国の死活問題としてもっと深刻に認識しなければなるまい。もちろん両国の軍事交流も、今後はさらに「大っぴら」に行われるべきである。こうした部分でいちいち台湾に「外交制限」を加えている暇など、もはや日本にはないと思う。

「日中友好」関係が我が国防とは両立し得ないことは明らかなのだ。いったいそのどちらが大事であるかを、政府と国民はもっと勇気を持って考えなくてはならない。(18.8.26)



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。