background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名越二荒之助先生の提言 台湾研究フォーラム会長 永山英樹

名越二荒之助先生の提言


台湾研究フォーラム会長 永山英樹

昨晩おそく、名越二荒之助先生から突然お電話をいただいた。「李登輝
先生は日本にいらっしゃるそうだが、それなら車で靖国神社へお連れし
てはどうか」とおっしゃるのだ。

それはおおよそ次のような話である。

「もし日本人が李登輝氏の参拝を反対するなら、それは憲法違反だ。日
本は独裁国家ではない」

「靖国神社には李登輝氏のお兄さんが祀られている。李登輝氏のお父さ
んは、お兄さんの戦死を信じず、『必ず帰ってくる』と言って葬式も出
していない(お墓もない)。だから李登輝氏がお兄さんと会えるのは靖
国神社だけだ。だから誰も参拝には反対できないはずだ。朝日新聞です
ら反対できない」


「パラオの大統領は日本に来たとき、『靖国へ行く』と言った。戦時
中、パラオの人たちは日本の兵士たちから、『靖国神社に来てくれ』と
言われており、そこで大統領はパラオを代表して参拝しようとしたの
だ」

「ところが案内の日本人は、参拝などしたらギャーギャー騒がれて大統
領に迷惑がかかると心配し、連れて行かなかった。そこで大統領は茨城
県の護国神社を参拝した。パラオで玉砕したのは水戸の聯隊だったから
だ。だが、英霊に『来てくれ』と言われているからには、誰も大統領の
靖国神社参拝には反対できなかったはずだ」

「小泉と言う首相が参拝したが、姿勢がなっていない。これまで終戦の
日を避けてみたり、『心の問題』とか『心ならずも亡くなった』などと
言ってみたり……」

「李登輝氏が靖国神社を参拝したら、救世主となるだろう。日本人を救
うことになるのだ」

李登輝氏は参拝を希望していると言われる。そしてもし参拝しようとす
れば、騒ぎを恐れた反対論が噴出すことも目に見えている。だが騒ぎを
起こすのは中国政府ぐらいのもので、そのような馬鹿げたものに配慮し
て、戦没者遺族の参拝を許さないと言うのなら、一体日本人とはどのよ
うな民族なのか、と言うこととなるだろう。

「我々は李登輝氏の靖国神社参拝を心から歓迎する」との世論を起こす
ことこそ大事なのだ、と言うことを、名越先生のお話を伺いながら痛感
した。事なかれ主義では何も変えられないどころか、ますます堕落して
行くだけなのである。(18.8.23)



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。