background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】建国と危機意識 アンディ チャン

【論説】建国と危機意識


          アンディ チャン

馬英九が政権を取れば台湾は急激に中国化し、数年後には併呑され
て台湾は滅亡すると我々は心配している。ところが台湾の政治家や
一般民衆は、「選挙には負ける」、「負けても大したことはない」、「勝
ち味はない、仕方ない」と言う。台湾に住む人々と国外台湾人の認
識の違いが問題なのだ。実際には台湾島内でも一般民衆がこのよう
な「仕方のない政治家」たちの失望しているが、彼らの声は聞こえ
ない。どうすれば台湾人全体の自立意識を喚起できるかというのが
我々の主題である。

●台湾は国家ではない

嘗て元国務長官パゥエルが「台湾は国としての条件を備えていない」
と発言したので台湾人に大きなショックを与えた。陳水扁がすぐに
反論して、台湾は政府がある、司法行政軍警、すべての条件を備え
た民主国家であると述べた。多くの台湾人もこれに同調した。だが
実際は違う。

台湾には「中華民国」という亡命政府があるが「台湾国」はない。
中華民国は国際的に認められた領土権を持っていないから、人民も
非合法国民である。だから中華民国はいくら政治体制が整っていて
も非合法政府である。住民の半分は中華民国を認めない。中国は勝
手に台湾の主権を主張しているが国際的に認められない。

台湾で中華民国の正当性を主張するのは皮肉にも民進党政権だけで、
国民党は民進党政権を認めず、中国との統一を主張している。統一
とは中華民国の滅亡であり、台湾が独立する機会を失うことである。
国民党が中華民国を作ったのに、今では彼らが共産党に併呑される
ことを主張しているのだ。

それでは国名を変えればよいではないかという「正名運動」が起こ
ったが、これも問題があった。亡命政府には領土権、国民も存在し
ない。だから名前を変更しても正当性は得られない。では住民投票
で名前を変更したらどうか?住民投票をしても領土権は未決である。

台湾の領土権は何処にあるかというと、前にも書いたようにアメリ
カの戦後処理が不十分だったから、日本が台湾澎湖の主権を放棄し
ても帰属は未決である。この問題解決するには、好むと好まざるに
係らずアメリカの介入が必要である。アメリカが正名制憲や台湾独
立運動に「賛成しない」と表明する理由がここにある。

しかしひどい話である。中華民国が国連を追い出されたのが72年、
ジミー・カーターが中華民国と国交断絶をしたのが78年、これ以来
2300万人の台湾人が正式な国もなく、世界各国から私生児扱いにさ
れてきたのだ。2300万の台湾人だってこの世界の人間だが、数十年
も正式な国籍もないのである。中華民国を認めないなら、台湾国を
認めるのが人道、正義というものであろう。

●国家観と民族観の混乱

この責任はアメリカだけではない。台湾には中国人と台湾人が住ん
でいて、政府は中華民国である。永年の教育で台湾は中国の一部、
台湾人の先祖は中国から来たと教えられ、台湾人の国家観念、民族
観念が混乱している。

漢民族は一つの国であると言う人がいる。歴史を見ればわかるよう
に、漢民族は多くの国を作ったし、同時代に複数の国が存在してい
たこともあった。朝代というのは統一の時期を示すことで、実際に
は分裂した時代の方が多かった。もともと民族と国家を混同するの
は間違いである。

台湾と中国の統一を主張する人もいるし、独立を主張する人もいる。
住民の意見が一致しなければアメリカは意見を出せない。アメリカ
に占領権があるが、現政権を追い出すほどの力はない。

住民投票を実施しても独立派が勝つとは限らない。しかし、現状を
維持していけば中国人の移住と混血、第五列の侵入などが年を追っ
て増加し、台湾経済の中国依存などで統一派が多くなる可能性もあ
る。その反面、中国の経済は破綻寸前で国がつぶれるのは時間の問
題と言う人もいる。

理想を言えば、アメリカが台湾を占領統治に戻し、一定期間をおい
てから住民投票を行う事だが、中国は強硬に反対するだろう。アメ
リカも簡単に現存政府を追い出すわけに行かない。林志昇博士は一
時的にもアメリカの占領に戻って、アメリカの旗を立てれば中華民
国は簡単に潰せるというが、現在の中華民国政府は機能しているし、
警察も軍隊も持っている。アメリカが勝手に占領時代に戻ると言う
わけには行かないし、強引に軍隊を引き込めば中国は国際問題にし
て大騒ぎするだろう。

●泛緑も泛藍も台湾国ではない

そこで我々の討論会に戻って、我々グループが心配しているのは、
もし国民党が政権を取り戻せば馬英九は直ちに中国化を推進して数
年内に中国人の増加と経済依存、政治依存などが進行してしまうこ
と、そうなれば台湾は滅亡する。ところが台湾の政治家は「泛緑も
泛藍も同じように」政権の争奪、選挙の勝ち負けしか考えない。国
益を無視して自己または政党の栄達を争えば国は危ない。

台湾の政治はこの6年間、国民党がメディアを使って与党のスキャ
ンダル、総統の辞任を呼びかけ、国全体が毎日のようにお祭り騒ぎ
を繰り返し、国政は麻痺、立法院は面白半分に予算をカットして喜
んでいる。司法、立法、行政、メディア、すべてがお祭り騒ぎで人
民は憤激と失望のあまり、与党を支持する気持ちもなく、野党、中
国人の破壊工作に対してなす術もない。野党には中国がついている。

与党の政治家も一般民衆も、中国人の破壊工作をストップできない
事態を挽回しなければ台湾は自滅するほかないと我々は憂慮する。
泛藍が政権を取れば現在の危機は更に悪化する事が明らかであるの
に台湾人が無為無策では自滅を待つ事である。泛緑が選挙を優先さ
せず国益を優先させ、人民の危機意識を強めて中国の脅威に対抗し、
全民合作の努力をすること、我々のグループはこのような啓蒙運動
を推し進めるのが目的である。

●現状維持は衰弱死である

「現状維持」と言う言葉は甘い響きを持っている。戦争が嫌いで中国
の脅威が怖い、政治に介入したくない人はいつもこれに同調するの
で、国民党も現状維持を宣伝として使う。現状が維持していけば馬
英九が政権を取るのは当然で、与野党政治家始め民衆もそう考えて
いるのだ。もし馬英九が政権を取れば現状維持はなくなることを誰
も心配しない。

どうすればよいか?第一に海外、国内の民間団体が一致して政治家
の間違った「問題先延ばし政策」をやめること。第二に、中国の甘
言を信じないこと。中国はこれまで恫喝と宥和を繰り返し、政府も
人民も中国の発言のたびに迎合するような態度を取ってきたが、中
国は敵であることを忘れてはならない。第三に敵が発言するたびに
同調して踊るようなバカは止めて、台湾人の取るべき態度をしっか
り見極め、堅持していくべきである。

●政党合作は愚の骨頂

民進党の大きな間違いは、一部の人間が宥和政策で国民党や中国に
迎合する態度をとり、中間路線と称する政党合作を発表する事であ
る。中国人は独裁的で台湾人と合作するつもりはない。国民党が一
貫して民進党を潰す、台湾人の政党を潰す態度を取るのに、民進党
が宥和合作を申し込むのは愚劣で、このような発表があるたびに「中
間にいる人民」の失望を招き、支持率が下がるのである。

陳水扁と謝長廷はこの二年来、二度の選挙で中間路線をとり、大敗
北を招いた教訓を忘れたかのように中間路線を主張している。謝長
廷が三度目も同じような主張を繰り返せば民衆は失望以外に謝長廷
が「国民党の回し者」でないかと思うだろう。

敵が連日のスキャンダル攻撃で気勢を上げている最中に中間路線と
称する土下座政策を取るのは敵に降伏することではないか。

●中国対策の不明瞭が主因である

台湾政府はこれまで中国に対して明確な態度を取れず、民進党政権
になっても国民党の統一路線に対処する方策が立てられなかった、
これが台湾の危機を招いた主因である。陳水扁は当初から[四不一没
有]のような甘言で中国を宥めようとしたが、敵に見透かされて逆に
これが陳水扁の首枷となっている。

陳水扁の弱腰は政府の弱腰であり、民進党政権がメディアのコント
ロールも出来す、あまつさえ陳水扁はメディアの跳梁を許容する態
度を取り、総統の婿に関与した汚職やデッチ上げスキャンダルに対
処する術もない有様である。まさに自業自得である。

我々海外グループはどの政党にも属していないし、政党スキャンダ
ルを嫌う。台湾の民間グループと合作して台湾の民間意識を再建す
るのが我々の目標である。民進党、国民党の利権スキャンダルはす
べて台湾人の敵、我々の敵である。

我々のグループは民進党を見捨てて民間運動で台湾人の本土意識を
強化していくつもりである。我々は現政権に失望している。もしも
陳政権が我々に同調して共同で新しい中国政策をつくり、団結を推
進する政策を取るように働きかける。もしも民進党政権が改善でき
ないなら政党を捨てて民間運動を推進し、反国民党、反中国路線を
明確に打ち出す決心である。■


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

脱サラ成功しちゃった!

みなさん、お邪魔します。

ちょっとウざいかもしれませんが。。お許しください!

自分は4月に脱サラして、事業で成功したブログを作りました。
前の会社の人たちへの自慢でつくったのです!ハハ!
www.forcejapan-world.com/v-quest/
で、美容業界に参入しました!
がんばって働いて貯金してためたお金で開業資金にして
よかったです。。

皆さん、経営者の方とかFCやってる方情報交換しましょう。

(コメントをとりあえずたどり着いたページに書いてますので、
話題がずれていたら申し訳ありません。。)
初心者なので、文句言われながら、、まずはブログ仲間を見つけようと!
これも成功への秘訣です!(笑)

お邪魔しました

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。