background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 中国人論だけでなく、日本人論、台湾人論をも展開する 台湾研究フォーラム会長・永山英樹

【書評】 中国人論だけでなく、日本人論、台湾人論をも展開する
台湾研究フォーラム会長・永山英樹



 来日二十年目の台湾建国独立運動の若きホープ、林建良氏が書いたこの本は、中国及び中国人の存在が如何に危険なものであるかを訴へる。戦後中国人と「同居」を余儀なくされてきた「台湾人経験」からだけでなく、優れた洞察力、観察力を以つて書き上げた、非常に優れた「中国論」だ。

 だが実際には「中国論」と言ふよりも、如何に中国の覇権主義に立ち向かふかを訴へる戦略論と言ふ方が正確だ。戦略的思考が欠如する一般日本人にはピンと来ないが、中国の膨脹を食ひ止め得るものは、地政学的にはまづ日本と台湾なのだ。ところが日台両国は中国に対し、ほとんど為す術を持たない危機的状況だ。そこで本書は中国人論だけでなく、日本人論、台湾人論をも展開する。日台の今日の思想状況、社会状況を俯瞰しつつ、今後両国民が如何に立ち上がり、如何に中国と戦ふべきかの戦略を提言するのだ。

 そこにおける日本人の長所への指摘には、是非耳を傾けるべきだらう。日本人は如何に堕落しても、まだそこには「サムライ精神」が生きてゐると、著者は見てゐる。

 そして台湾独立だが、実はこれを支持、支援することこそが日本の再生に繋がると言ふ。実際この本が描くところの、日本政府の台湾軽視の政策の実態(著者の「戦い」の経験から書かれた)を読めば、政府がどれほど中国に従属してゐるかがわかる。そうした事大主義根性を打破しなければ、日本は誇りを取り戻せないと言ふわけだ。

 台湾の建国は日本の国の建て直しになると言ふことだ。台湾の「サムライ」が日本の「サムライ」に共闘を呼びかける檄文的な一書でもある。

 大アジア主義の観点から、是非一読を。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。