background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールマガジン「日台共栄」 (転載)

>>[投稿]嘘をつく 【陳 邦洋】
   僕は「日本人か台湾人か」という問いから逃げ、自分に嘘をつきつづける

 先週、怡友会の中里憲文会長から3本の原稿をお送りいただいた。「台湾出身留学生廖欽彬と台湾出身家庭の2世が抱えている苦悩の素晴らしい文章を紹介します。内容がよければ、誰でも良いので転送して下さい」とあった。
 まず「嘘をつく」と題された陳邦洋君の文篇と、彼の母である劉文玲さんの文篇を読んだ。陳邦洋君の「嘘をつく」は3年前の高校1年生のとき(2003年9月)の文篇で、劉文玲さんの文篇はそれに対する母親の立で最近書かれたものだ。
 日本で育った陳邦洋君は、自分が台湾人なのか日本人なのか、答えが出ない。その悩みを率直につづっている。それに対するお母さんの文篇は感想の域を超えて、そのように悩む子供を育てる親の立場を率直につづっている。
 アイデンティティーの問題は、いつも深刻である。それは国籍を問わない。人間の存在に関わるからだ。命の根源に関わるからだ。
 ここに、陳邦洋君の文篇と、彼の母である劉文玲さんの文篇を紹介したい。じっくりお読みいただければ幸いです。
 なお、いずれも投稿という形で掲載し、いささか文章を手直しさせていただいたことをお断りします。また、もう1本の文篇、台湾出身留学生の廖欽彬君の「在日台湾同郷会が主催したサマーキャンプに参加した感想-在日台湾同郷会における自己犠牲的愛をめぐって」は近々ご紹介します。
                  (メールマガジン「日台共栄」編集長 柚原正敬)
--------------------------------------------------------------------------------

嘘をつく
                                    陳 邦洋

 “嘘”、辞書で意味を調べると“事実でないことをだますために言う、間違っていること”とある。つまり事実をごまかす効果がある。そして“嘘”は相手への返答に用いられることが多い。世の中の全ての問いに二つの答え、正しい答えの“白”と間違っている答えの“黒”があるとする。“嘘”は“黒”を強調するが、実際は曖昧にしている。事実は“白”なのだが“黒”と思うことは、“白”に“黒”を覆い被せてしまう。ここで曖昧な色“灰色”が生まれる。世の問いは三つ以上の答えがあることが多いが、やはり嘘は曖昧を生む。僕の場合、この三つ目の答え“灰色”をすら肯定できないのが問題なのだ。

 名前からわかると思うが、僕は台湾系である。中国系と言い張る人もいるが、この場合、議論するつもりはないので、そう思う人はそう思っても差し支えない。

 話を元に戻そう。

 僕の両親は台湾人だが、僕は日本生まれの日本育ちだ。両親は台湾人集会によく出かけていて、台湾人という自覚がある。ただ、僕はどうだろうか。日本ではおそらく外国人あつかいである。中二の夏休みに台湾に行ったときに親戚にテニスに連れて行ってもらったが、そこに同年くらいの子供が“遊ぼう”と言ってきた。一緒に遊んで楽しかったが、彼
は僕を“日本人”と呼んでいた。

 別に悪意があったわけではない。片言の中国語、そして流暢に日本語を使いこなす僕は、彼から見て“日本人”である。

 そのときは気にならなかったが、最近、彼の声が再び気になりだした。果して僕はどっちなのだろうか。日本人か、台湾人か。僕はこの質問に答えられない。“日本人でもあり台湾人でもある”とも答えられるが、僕はそれすら答えられない。

 僕にこの問いを投げかけてみると、僕は多分逃げるだろう。恐いのだ。一つに答えを決める勇気が、僕にはない。僕は逃げている。嘘を自分につきつづけている。白か黒かわからない色“灰色”を肯定する勇気すら僕は持っていないのだ。いつになったら、僕はこの問いに胸を張って答えられるのだろうか? 何かもう一つ、貴重な経験が必要なのだと思う。例えば中国語を習得する、とか。

 その経験を得るまで、僕はこの“日本人か台湾人か”という問いから逃げるだろう。人から問われる度に、否、自分の頭にこの問いが浮かぶ度に、僕は自分に嘘をつきつづける。

 2003,9
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>[投稿]「嘘をつく」を読んで 【劉 文玲】
   もう一つのアイデンティティーについて考える

「嘘をつく」を読んで-もう一つのアイデンティティーについて考える
                                    劉 文玲

 上記の「嘘をつく」という文は、今年大学生になって一人暮らしを始めた長男が、3年前、高校1年生のとき校内作文コンクールで優勝した文章だ。

 帰化していない私にとって、自分が台湾人であることになんの違和感もないが、帰化していても自分が日本人であることに違和感がある先輩は多いのでは? でも、自分の子供は果してどうだろう? 血縁と国籍だけでアイデンティティーが確立するのだろうか?

 長男が生まれたころ、私は仕事のため一生懸命日本語をマスターしたい時期だったから、2人の子供に中国語を教える余裕がなかった(いまからみると、それは全て私の怠慢だった)。長男は2歳のとき、ちょうど天安門事件があったので、“こんな国の言葉を習わなくてもいい”と自分の怠慢に口実を得られたようで、妙に自分を納得させた。

 文の中に彼は台湾で経験したエピソードを書いていたが、実は中学校3年生のとき、日本社会で自分が外国人である疎外感を感じさせられた事件があった。

 彼の通っていた中高一貫校は首都圏ではそれなりに有名な進学校だった。学校で“陳”という名前のために、あるグループからからかわれ、嘲笑の対象となった。そのことを悩んでいた彼に、私はこう言ってやった。
 “ママとパパは台湾人だけど、君は大人になって、日本に帰化して名前を変えてもいいのだ。でもそれまでは、ずっとこの名前を背負って生きなければならない。名前が悪いのではない。彼達は他人が親からもらった名前をからかう自分の幼稚さに気がつかなかっただけなのだ。だからママから学校の先生に頼んで止めてもらうのではなく、自分で相手に
わからせるのだ。君はもっと強くなれ、彼達に立ち向かいなさい!”

 あれから息子は自分の気持ちを彼より一回り大きな相手にぶつけ、グループのリーダーに謝ってもらった。自力でこの事件を解決したため、あの日を境に、彼は大きな自信を得たように逞しくなった。その事件の半年後、学校の国際交流交換留学生のプログラムに選ばれた。応募理由に彼はこう書いた。
 “彼の国の事とそこの華僑の生活を知りたい、そして私のように日本社会に融和している外国人がいることを紹介したい。”

 それから数が月後、彼はこの文を書いた。思春期の16歳、多感な少年は自分のアイデンティティーについての苦悩をこの文に綴っている。自分の子供に対してあまりにも非情だったのか、それともアイデンティティーについて悩んでいた時期の自分と重ねているのか、この文を何回読んでも感動を覚えるのだ。

 アイデンティティーは国家、人種、言語の結束によって確立されることが多い。特に単一民族の日本ではその傾向が強い。台湾人両親の元で、台湾の国籍を持ちながら日本生まれの日本育ち、台湾の言葉に不自由な彼は、自らの出自を決定しようとするが、その問いには答えることができず。そしてその問いかけから逃避する自分の姿を“嘘をつく”という題名に重ねている。

 今年大学受験後の彼は、台湾へ中国語の勉強をするため、7月の「formosa tour」に参加する。息子にとってそれらは自分探しの旅だろう。きっと彼は答えを見出すのだ。いつか“日本人か台湾人か”という問いかけが彼を脅かすことのできない日がやってくると信じている。それまで親の私はただ目を細めて見守るしかないのだ。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。