background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森李登輝友の会が本会12番目の支部として設立(転載)

>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――――【平成18年(2006年)6月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.320]
1>> 青森李登輝友の会が本会12番目の支部として設立
2>> 青森李登輝友の会への祝辞 本会会長・小田村四郎
3>> 青森李登輝友の会がフジテレビへの訂正放送要求を決議

■ 第5回台湾李登輝学校研修団の参加者募集中! ⇒ http://www.ritouki.jp/■ 台湾旅行の新しい形を提案するオンライドットネット ⇒ http://www.onlai.net/―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 青森李登輝友の会が本会12番目の支部として設立
   大見光男支部長、江坂庄一副支部長、中西功事務局長、出町淑貴事務局次長

日本李登輝友の会青森県支部設立報告

                              事務局長 中西 功

 6月11日(日)、青森市内のアラスカにおいて本会12番目の支部となる青森県支部の設立記念講演会が開催され、県内および岩手、宮城、埼玉、東京から30名余りの参加者が集まった。

 台北駐日経済文化代表処許世楷代表からの祝花や黄文雄氏による祝辞が届けられた華やかな会場で始まった会は、大見光男支部長の「以前李登輝前総統と面会した際も歩きたいとおっしゃっていた奥の細道を巡っていただくために是非とも訪日願いたい」という挨拶、永山英樹本部理事による小田村四郎会長の祝辞代読、中西功事務局長の設立経緯および
活動目的説明、役員紹介と進んだ後、平成18年5月4日のフジテレビ番組内で台湾ラーメンと中国の国旗を一緒に放映したことに対して訂正放送を求める『フジテレビ「FNNスーパーニュース」における誤報に対する訂正放送要求決議文』を出町淑貴事務局次長が朗読し、参加者の大きな拍手により決議文採択となった。

 林建良氏は『台湾は日本の誇り・李登輝という人間はどう誕生したのか』と題した講演において、李登輝氏が行動により発信している日本人へのメッセージを代弁した。

 林氏は、現在の台湾の親日感情は日本が台湾を統治していた時代に共に生活した日本人への尊敬が礎となっていることや、戦前の日本の教育は徳育や教養を中心としたものであったことに触れ、李登輝氏が青少年時代を過ごした時代背景や環境について述べた後、現在の日本の教育が小学生に株式や英語を教えるといった現実的な観点へ変化したことなど
により日本人が持ち続けてきた美しい心を失ったと指摘し、「李登輝氏は日本人の美しい心の象徴である奥の細道を辿ることにより、日本人に自国の美しい文化・精神を取り戻し強くなってほしいと願っている」と結んだ。

 その後の質疑は台湾の政局からスポーツまで多岐にわたり、参加者に深い感銘を与えた講演は1時間半で終了した。

 講演会終了後、参加者へのお土産として出町事務局次長手づくりの台湾料理(茶葉蛋と粽子:お茶玉子とちまき)が配られ、ほぼ全員が設立記念パーティ会場へと移動した。江坂庄一副支部長の乾杯で始まったパーティは和やかな雰囲気で進行し、最後に会場全員で「台湾万歳」三唱を行い閉会した。

■日本李登輝友の会青森県支部[平成18年6月11日]
 支部長:大見光男(青森県議会議員)
 連絡先:〒038-1311 青森市浪岡字稲村165-8
     FAX:017-735-1085
      mailto:a-nittai@hotmail.co.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 青森李登輝友の会への祝辞 本会会長・小田村四郎
   日本李登輝友の会の使命と支部への期待

祝 辞

 ご列席の皆様、本年は、私ども日本李登輝友の会が目的の一つに掲げる李登輝前総統の「奥の細道」散策が実現されようとしている大事な年です。そのご来日を今秋に控えた本日、日本李登輝友の会青森県支部の設立大会が開催されますことを心からお祝い申し上げます。
 本来なら会長である私自身も出席して、全国で第十二番目となる支部発足をお祝いしたかったのですが、遠方のため叶わず書面を以てご挨拶申し上げる次第です。
 本会の使命は李登輝前総統の透徹した日台運命共同体理念に共鳴し、その速やかな実現と両国の鞏固な結合を図ることにあります。
 そのためには二つの条件が考えられ、第一は、我が国が台湾を正統な独立主権国家として認知し、正規の国交を回復し、台湾の国際社会への復帰を支援することです。また、第二の条件は、台湾国民が台湾人としてのアイデンティティを確立することです。李登輝前総統はかねてからこれを繰り返し主張し、台湾正名運動として取り組んで来られました。
私どもは李登輝氏のこの活動をできるだけ支援し、日台交流の一層の緊密化を図っていきたいと思います。
 このような趣旨に基づく本会ですので、天妃祭などを通じて台湾との交流が深い青森県支部におかれましては、今後とも日台共栄のために力を尽くされることを確信するとともに、大見光男支部長をはじめ皆様方の今後のご活躍を大いに期待しております。
 最後になりましたが、設立大会のご成功ならびに皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。

  平成十八年六月十一日

                        日本李登輝友の会会長 小田村四郎
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 青森李登輝友の会がフジテレビへの訂正放送要求を決議

 中西功事務局長の報告にありますように、日本李登輝友の会青森県支部(大見光男支部長)は6月11日の支部設立大会時、「フジテレビ『FNNスーパーニュース』における誤報に対する訂正放送要求決議文」を採択しましたので、ここにご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------
フジテレビ「FNNスーパーニュース」における誤報に対する訂正放送要求決議文

 株式会社フジテレビジョン(フジテレビ)は平成18年5月4日「FNNスーパーニュース」放送のなかで台湾ラーメンを紹介する際、画面に中華人民共和国の国旗を放映し、台湾があたかも中華人民共和国の一部であると誤解を与える報道を行った。放映直後に視聴者がテレビ局へ電話し誤りを指摘したところ、応対した担当者は誤りを認め番組の最後で訂正を行うと返答したものの、本番組は訂正を行わないまま終了した。その後、視聴者等からの度重なる抗議により、5月8日の同番組内において「先週木曜日の特報の台湾ラーメンの放送に際しまして、一部配慮に欠ける表記がありました。関係者の方にご迷惑をおかけいたしました」と、抗議を行った「関係者」への謝罪は発表したものの、本日に至るまで誤った国旗を放映した訂正を行っていない。
 台湾は今まで一度も中華人民共和国に支配されたことはなく、昭和47年に発出された日中共同声明においても日本は台湾が中国の一部と認めていないことから、台湾と中華人民共和国は異なる国であることは明白である。
 しかしながら、この台湾が中華人民共和国の一部であると誤解を与える放送は、視聴者に誤った知識を植えつけるとともに、台湾人の尊厳を著しく傷つける誤報である。さらに誤報後のフジテレビの一連の対応は、視聴者に正しい情報を発信するという放送事業者の使命を放棄しているものである。
 よって本会はフジテレビの放送事業者として不適切な対応に対して強い憤りを表明するとともに、放送法第4条に基づき「台湾ラーメン紹介の放送時、台湾の国旗ではなく誤って中華人民共和国の国旗を放映した」と訂正放送を行うように要求することをここに決議する。

 平成18年6月11日

              日本李登輝友の会青森県支部設立記念講演会 参加者一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●ご意見・ご感想はこちらに
 mailti:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国について

赤色は革命を、黄色は黄色人種をあらわす。また、大きな星は中国共産党の指導力を、4つの小さな星はそれぞれ労働者・農民・中産階級・愛国的資本家の4つの階級を表わす。また、別の意味として、大きな星は漢族と、4つの小さな星はそれぞれ満州族・モンゴル族・チベット族・
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。