background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビが国旗誤報事件で本会の書面による質問に口頭で回答 日本李登輝友の会事務局次長 片木 裕一 (転載)

以下は日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載です 


                      平成18年5月30日

フジテレビ御中

                     日本李登輝友の会事務局次長 片木 裕一

 ご担当の部署等が分かりませんので、「フジテレビ」御中にて失礼致します。
 さて、5月4日の「FNNスーパーニュース」の番組中の台湾ラーメンのコーナーで中華人民共和国の五星紅旗を掲示した件(以下、国旗誤報事件)と、5月8日の同番組内でなされた安藤キャスターの意味不明コメントにつきまして、質問申し上げます。両件につきましては私どもの会員や他の台湾交流団体からいろいろ問合せあり、かつインターネッ
ト内でも再三採り上げられていることから、本会としましては可能な限りフォーマルな形で対処したいと考えております。
 また、いただきました回答につきましては、私どもの会報に掲載すること、講演会等で採り上げ、一過的な問題とすることはなく継続的に検討していく所存です。
 その際、回答本文に修正を加えたり恣意的に一部分を採り上げることは一切しないことをお約束申し上げます。
 以下、質問です。

1.国旗誤報事件について
  このコーナーは生放送ではなく、きちんと企画・製作されたものと考えられる。私自身ビデオで確認しているが、五星紅旗は立派に挿入されていると感じた。従って生放送にありがちな「ハプニング」ではない。

【質問】
  この内容(台湾ラーメンのコーナーで中華人民共和国の五星紅旗を掲示する)で放送OKと判断した根拠は何か。

2.意味不明コメントについて
  「先週木曜日の特報の台湾ラーメンの放送に際しまして、一部配慮に欠ける表記がありました、関係者の方にご迷惑をおかけいたしました」というものであるが、例えば中華人民共和国の北京でフカヒレ料理を紹介する際、日本の日の丸を掲示してしまっても同じだろうか。「誤って別の国の国旗を出してしまった、視聴者(ならびに関係者)に
 お詫びします」として初めて訂正とお詫びをした、ということになるのではないか。
 
【質問】
  (1)誤報部分を特定しなかったのは何故か
  (2)お詫びの対象を視聴者ではなく関係者に特定したのは何故か

 以上、よろしくお願いいたします。
 
 期限は一週間もあれば十分かと思いますが、諸事情で遅れることが確実な場合は、ご一報くだされば幸いと存じます。
                                      以上
--------------------------------------------------------------------------------
 本件に対して、6月1日16:25、FNNスーパーニュ-ス担当「イソガイ氏」から電話にて回答あり。口頭での回答とし、書面はご容赦いただきたいとのこと。

【質問1】については、「本件は全くのミスであった。旗は出さないつもりであったが、内部のチェックミスで出てしまった。今後は十分注意する」とのこと。

【質問2】については「関係者の方々に配慮を欠いた、結果大変不快な思いをさせてしまったということで、深く反省している。安藤キャスターも十分認識している。(誤報部分を)特定しなかったこと、関係者へのお詫びコメントについては、社内で検討し、総合的な判断で決定した。重ねお詫び申し上げる」とのこと。

 本会は「口頭であっても、この回答は質問時伝えたとおり会報に掲載したり講演会などで引用する」旨念を押し、上記内容について再確認すると同時に、若干の補足質問を行った。

Q.確かに「関係者」は不快であったが、それ以上にこのこと(台湾は中国の一地域である、と誤解させる)を自然に受入れてしまう何百万人の視聴者に対し、何が誤りであったかを伝えるべきではないか? 結果として、まさか台湾へ行くのに中国の大使館へ相談に行く人はいないとは思うが……貴社も台湾へ取材に行く場合は台湾の代表処へ相談にいくのではないか?
A.ご指摘の点は尤もであるが、総合的に判断した。

Q.社内検討にあたって、上記のこと(何百万人の視聴者に誤解を与えたこと)は議論にならなかったのか?
A.社内で検討して、総合的に判断したので、ご理解いただきたい。

Q.一部ネットでは貴社はこれにて一件落着と考えている、といわれているが、本会は始まったばかり、継続的な事件と考えている。近い将来、別の機会にでも訂正する予定はあるか?
A.現時点ではその予定はない。

 以上である(内容は確認のため6月2日イソガイ氏へFAX、6日10:50イソガイ氏より電話あり、了承済)。国旗誤報事件については、制作現場において担当者に知識がなかったのか、意図的であるかは不明であるが、中国の国旗を盛り込んだ。実際、放映ではこれを除くよう指示が出ていた(と思われる)が、故意か過失かは不明であるがそのまま放映してしまったと解釈できる。
 このこと自体問題ではあるが、番組終了間際にでも「異なる国旗を出してしまった、視聴者に誤解を与えたことをお詫びする」と言っていれば、まだ大事には至らなかった。ところが、発生後4日もたってから出されたのが、何が間違いか不明でかつ視聴者には何も関係のないようなコメントだったため、「ただのミス」が新たに「組織的で悪質」な問題を生んでしまった。いかに民放とはいえ、報道は公正でなければならない。
 かなり以前の話ではあるが、テレビ朝日のニュースステーション(久米宏氏)は、これもラーメンの話で「シナチクを……」と言ってしまい、番組終了間際に「シナチクは、正しくは『メンマ』と言うべきだった、お詫び申し上げる」とコメントした。このような些細なことでも訂正するのである。
 思うに、フジテレビは「国旗間違い」は単に表現上の問題であり、事実と異なる重大な誤りであるという認識がないのではないだろうか。ことは放送法に十分抵触する問題である。本会はフジテレビが「重要な誤り」であることを会社として認識するまで、継続して働きかけていく所存である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――――【平成18年(2006年)6月11日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。